今は二十歳だけど、あたしが16歳の時にブルセラショップで下着とか売ってた時の事、

お金無いし遊びたかったし、でもバイトなんてやってらんないから下着売ってその金でカラオケオールしたりクラブとか行ってた、

いちおスタイルは自信あったし、胸だって巨乳だしブルセラショップも胸写つけて下着出したら二万とかくれたから毎週売りに行ってた、

店のやつに今日は五万でもいいじゃん!って値段交渉してたらあたしの隣にきったない身なりのおっさんがあたしの真後ろに立って品定めする様に脚とか胸見てたから「何見てんだよ」って言ったら店のどっかに消えた、

店員が言うには常連の客で女子高生だけの下着やら買って帰る変態らしい、

あたしはそんな事より五万でお願いって店員に頼んだけど二万しかくれなかった、

イラついたから店の看板蹴ってたらさっき店に居たキモいオヤジが「キミの下着五万円で買いたいけど、是非売ってくれないかなぁ?」って言ってきた!

めっちゃキモいけど今夜のクラブはイベント盛り上がるし行きたかったからキモいオヤジに「じゃあ売ってあげるよ、近くにトイレあるからそこで脱いでくるから待ってて」

そう言うとキモオヤジが「いや…そこに車あるから車内で脱いで、目の前でキミが脱ぐのを見たい」

トイレまで歩くと遠いし、脱いで戻ってくるのもめんどくさいから「わかった、いいよ」って言った。

車はブルセラショップの裏のコインパーキングに停まってて白のバンみたいな車、

後に乗って脱ごうとしたらキモオヤジが「助手席に乗ってよ、横で脱いでくれないと!」…悩んだけど五万のためだし仕方なく助手席に行って制服の下に手を入れてブラのホックを外そうとしたらいきなりエンジンがかかって!

キモオヤジに「ちょっと!何車動かしてるの!」そしたらキモオヤジが「ここじゃ人目につくよね、誰かに見られたら困るのキミだよね?」

確かに困るのは困るけど…「ちょっと車で走ればいい場所あるから…車は20分くらい走ってて、外を見ると少し山道みたいなとこに入って、細道を抜けて小さな駐車場みたいな所に入り奧は林になってた、

1台似たような白いバンが止まっててキモオヤジはそのバンの奥に1台だけ空いてるスペースに車を止めた、あたしの方から隣のバンの運転席の窓は手を伸ばせば届くほどに近い!

しかも窓が真っ黒で中は見えない!あたしは「ねぇ、隣の車に誰か乗ってるんじゃない?怪しいんだけど」って言うとキモオヤジが

「その車は何ヵ月も放置されてるよ、大丈夫だから」あたしは早く下着渡して金もらってクラブ行きたかったから「じゃあ脱ぐね」すぐにブラを外してオヤジに手渡した、

…下も脱いで渡したらすぐに臭いをかいでた…気持ち悪くて鳥肌が立った…

もう下着渡したしお金もらって送ってもらおうと思ったら

「ごめん、あと二万渡すから胸を好きにさせてほしい、10分でいいから!ねっ!ねっ!」

あたしは少し考えたけど二万に目が眩んで「……いいけど…絶対10分だけだからね!約束破ったら蹴るから!」

あたしは念を押して制服をめくって胸を出した…

そしたらキモオヤジが「だめだよ、上は全部脱いでくれないと、そこじゃ狭いよね、後に行こうよ!ほら、おいでっ」腕を引っ張られて後ろの座席に行ったあたしとキモオヤジ…

あたしは仕方なく上の制服を脱いでスカートだけになった…

車についてるデジタル時計で時間をしっかり計ろうと見てたら横でキモオヤジが上半身裸になってた!!!

しかもパンツの上からでも分かるほどにおっきな亀頭が…

「ちょっ!何脱いでるの?キモいんだけど!」

そしたらキモオヤジが「キミだけ脱がせたらかわいそうだから、僕も脱ぐよ」胸毛と腹毛がめっちゃキモかった…

あたしの横にはパンツだけの中年キモオヤジが、こんなのに胸を10分も好きにされるの耐えれるかなぁ…

そう思ってるとキモオヤジがあたしの太ももの間に無理矢理入ってきて「やっぱり正面から2つ同時に揉んだり吸ったりしないとね」意味不明な事を言いながら地獄の10分が始まった…

胸を必至に吸ったり揉んだり、意外と上手い事にビックリしたけどあたしは大事な事を忘れてた!

今のあたしは後部座席を少し倒され両足を思い切り真横に広げられてその間にキモオヤジがあたしにかぶさる形で胸を舐めたり吸ったりしてる!

あたしパンツはいてないし!!すっごく冷や汗が出てきて、このオヤジ自分のパンツの隙間からアレ出してあたしに入れる気なんじゃ…

はっきり言って無理!金の問題じゃなくてこんなのとやるなんてありえないし!

そんな事を考えてたらキモオヤジが「キミの胸大きいね、Fかな?Hかな?乳首は小さいけどこんなにかたくなってるよ」

あたしはむかつくけど少し感じてきて、キモオヤジが「今、ピクってなったね!気持ち良かったんだね」

あたしは「気持ち良くねぇし……ンンッ ンッ 」声が漏れた…

キモオヤジがその声を聞き漏らすわけがなく「キミはここが弱いんだね!ほら!どう!」

チュウゥ…ベロベロ…チュポッ!

あたしは唇をぐっと噛んで耐えた…

次の瞬間キモオヤジがいきなりあたしのアソコに指を入れてきた!!

あたしは約束が違うって言って右足でキモオヤジの顔を蹴ろうと膝を曲げて蹴ろうとした瞬間キモオヤジがあたしの足首を持ってそのまま伸ばした、

逆の左足も伸ばされあたしは俗に言うマングリ返しの状態になった…

暴れてもかぶさる形で押さえこまれてて動けない、

車内は狭いし、キモオヤジはあたしのアソコに顔を埋めて舐めだして両手で胸も攻めてきて…

「気持ちいいんでしょ?ここが!いい味だよ、美味しいよ!全部飲ませてもらうからね」

あたしは全身に鳥肌がたった…でも体はどんどん気持ち良くなってく、

感じてると思われたくないから「そんなん全然気持ち良くないし!キモいんだよ!やめてっ!」

それまでアソコ全体を舐めてたキモオヤジが急にクリだけを舐めてきた!

あたしはクリが一番弱くて次の瞬間キュっと吸い付かれた、気持ちとは反対に体がビクッとなり声が「ウッ…ウンッ…」

そしたら耳元で「やっとかわいい声が出てきたね、もっともっと聞きたいな!ほら!ほら!」

ニヤニヤして言ってきたから「今のは違うし!…たまたま…痛くて声……アアッ アッ チョ ヤメッ トメッ アッアッアッ…話っ…アッ クッ アッ ウァ アッ…途中…アッ…アゥ…で…アアッアッ…ウッ…ホントッ…ヤメッ……」

キモオヤジ「ちゃんと喋ってくれないと分からないよ~」

……「アッ…マッ…マッテ…ウッ ウァ アッ クゥ…ヤクッ…ソッ…クッ…チガッ…ウッ…イッ アッ キモイッ…アッ…アタシッ…ウッウッ…コレッ…チガッ…アアッ…アッ」

キモオヤジ「いい声出してるよ~ニヤニヤ、じゃあご褒美にこれあげるね~」

パンツから黒くて大きなキモオヤジのがあたしの目に見えた!

あたしは全力でもがいてキモオヤジを振り払おうと「やめてよっ そんな汚いモノ近付けるなっ!」

キモオヤジ「ほら~キミのここはヨダレを垂らして待ってるみたいだよ~」

あたしのアソコの周りを先っぽでなぞり焦らすように遊んでる…

あたしは「そんなの入れて気持ち良くなるわけねーだろっ!どけてっ どいて…ウッ!」

…ニュプ…ヌププ…ジュ…プ…「アアアアッッ…ハッ ハッ アッ ヌッ イッ アッ アッ…ナカッ…ニッ…ハイッ…テッ…アゥ…アッ…アアッ…」

キモオヤジ「よく締まる!あまり使ってないね!でもいい声だよ!ほら!自分で腰ふってよ!ダメなの?気持ち良くなれるのに…しょうがないね~!どんどん早く突くよ~」

ジュプ…ジュプジュブ…

「いやらしい音が出てきたね~本当のキミは淫乱でエッチなんだね!」

…「アッ…イッ…いみ分かんないし…ウンッ アアッ イヤッ だれが…アッ アッ ハヤッ…イッ…アッ クッ チョ アッ アッ…」

キモオヤジ「嫌とか言ってるけどキミのアソコがぼくを放してくれないんだよ~ほら!キミの巨乳が突かれるたびに上下に激しく揺れてるよ~もっと揺らさないとね!」

ピストンがもっと早くなってあたしのアソコから…ジュブッ…ジュブッ…ジュプッ……ジュプジュプジュプ…ズリュ………

「アッ…ダメッ…アッ…ヤメ…アッ ウッ アッ…アッ アンッ…アッ アアッ ヤッ マッ ヤメッ ウゥッ ウッ アッ イヤッ イキッ タッ アッ クッ アン アッ アッ トメッ…テッ…イッ…イャアアッッ………ビクッ ビクッ…

「イったね!すごくいやらしい声出してたよ!最後はぼくのを締め付けて…すごく良かったよ、もっともっといやらしい女にしないとね、自分から欲しがるようにね~ほら!しゃぶって!」

…「ハァハァハァ…嫌っ…誰が ハァハァ…そんな…キモいの…絶対…無理…」

「まだ強がるんだね、仕方ない!ほら!ぼくの上に乗って!深く根元までキミのいやらしい穴に入るからね~このスカートは邪魔だから脱いじぁおうね」

…プチリ…ズルッ…

「やっぱり綺麗な脚してるね~ほら!上に乗って!脚を広げて、よいしょ…」

キモオヤジはまだあたしの体がビクビクなってて動けないうちに抱き寄せて自分の膝の上に向かい合う形であたしは座らされると同時に…ジュプリ…ジュブ…ジュブ…

またさっきの快感を無理矢理感じさせられ…しかも胸は吸い付かれ・両手で揉まれて…

「いいかげんに…ウウッ…クッ…ウンッ…ウッ…ふざけ…ウッ…アゥ…いつ…アッアッアッ…まで…クッ…アッアッ…」

「もう大洪水だね~!キミはここをすり付けてピストンしてあげると喜ぶね~」

ズリュ ズリュ グポッ ズボッ ズリュ…

「アゥ…だれがっ…アアッ…アッ キモッ イッ アン アッ ウアァァ アァ ハァハァ ダメッ マタッ アッ アッ ダメッ トメッ テッェ アッ アッ…」

…「あれれ~自分から腰動かしてすり付けてない~?」ニヤニヤ…

「ちがっ…アッアッ…ソンナッ…アッ アタシッ…チガッ ウッ…ヌイッ テッ アン アッ イヤッ イヤダッ…ダメッ…アッ アッ アッ アッ…アタッ…ルッゥ…アァ アッ…モウ…ダメ…」

「だんだん素直になってきたね~ほら!ほら!こうしたらもっと当たって気持ちいいよ~!さぁ腰ふって……そう!突きに合わせて上下に!そう!もっと激しく…!よし!いい子だ!」

…ジュブジュブズリュジュブジュブ…

「アッ…アッ……イヤッ…アッ ヤッ…アッアッ…アッアッアッアッ……」

「足に力を入れて腰を少し浮かせて…身体を後に少し倒して両手でシートをつかんで!さぁ腰を上下に動かして…ニュプ…ジュプッ……うっ!気持ちいいな!だいぶ素直になったね!よし、イかせてやる!」

…ズリュズリュズリュジュブズリュ…

「アアアッ…マタッ…アッ…イクッ…イッチャゥ…ウッ…アッ…アッ…イヤッ…イヤッ……ソコッ…アッ…イッ…イイッ…アッアッアッイクッイクッ…アッ…アアッ…ウンッッ…」

…ビクッビクッ…

「またイっちゃったね~ほら!おまえのいやらしい穴がぼくのをこんなに汚したよ!早く綺麗にしないと!口を付けて!…ほら!」

…ウブッ…フブ… 「もっと舌を使って、そう!裏筋も舌先でなぞるように、そう!そう!いいよ!手で竿を上に上げて玉を口に入れて、そう!また裏筋を、そう!つづけて!舐めながらぼくを見て!そう!」

…アゥ…フグッ ウブッ…

「目が潤んできたね!そろそろ口に竿を入れていいよ!ゆっくり!そう!うっ、うまいね!舌を絡めて!そう!そう!出すよ!全部飲めよっ!くっ、あっ!」

ビュルビュルビュル…ドクドクッドクッ…

「まだ、口に入ってるな!飲め!早く、飲み込め!」

…………………ゴクッ …ゴキュ ウグッ ゴクッ ゴクッ ゴクッ…

「口を開けて…よし。いい子だ!もっともっと淫乱にならないとな!よし、俺の部屋に今夜は泊まれ!」

…あたしは意識がもうろうとしてて「部屋は…」

「なんだ?嫌なのか?お前はまだ淫乱女だと分かってないみたいだな、ほら!脚開け!」

ジュブリ……アッ…アアッ…

「もうすんなり入るぞ!さあ!言え!どこが気持ちいい!早く言ってみろ!さぁ!」

ジュブズリュジュブジュブジュブ…「…アッアッヴッ…クリッ…トリス…ガッ…イィ…キモチ…イィ…アッ…アアッ…」

「よし、もういいだろう」キモオヤジが手招きすると隣のバンから中年のハゲてて太ってるやつが来て「バッチリ全部撮れたよ、めちゃくちゃいい体してるね!この子!当りだよ!早く試したいな、23時まで時間まだあるから休ませないと体力もたないかも!」

こいつ何言ってるの?試す?撮った?あたしは頭がパニックだった…

キモオヤジが「まだこいつは素直さが足りないからうちでゆっくり時間をかけて教えないと」 素直?教える?何こいつら??

キモオヤジが「行こう、風呂も入りたいし今夜の用意もしないといけないだろ?」

キモオヤジはあたしに「すぐ親にメールして三日間ほど友達の家に泊まると伝えろ!」

あたしは「それは…無理かも…」

キモオヤジが「じゃあこのビデオ、親や学校や友達に見せるよ!三日間一緒に居るだけでテープも返すし帰っていいんだよ」

…「わかった…絶対三日間ね!約束ちゃんと守ってよね……」

その時あたしにはよく聞こえなかったけどハケデブオヤジがボソっと「三日間できみは帰らないよ、きみから帰りたくないと僕達に…」

あたしは親にメールして…こいつらに連れて行かれた、

あたしは隙を見てテープだけ持って逃げる気持ちで…もうあんな屈辱いや…そして車は動き出した………

–To Be Continued–

『名無し(年齢20歳・♀)』さんからの投稿です。
ありがとうございます。