前回の話はコチラ⇒姉が不良に犯されて(3)/a>

身体中に催淫オイルを塗られ、強烈な快感を送り込まれた姉は、人生で初めてのアクメを迎えたのです。

『……………ぁぁ……………ひ……………ヒィ……………ぁ…………』

絶頂を極めた後も、痙攣が収まらず、深い快感の波に飲み込まれていました。

『やったぜ…ついに奈津美をイカセてやった!』

高橋は嬉しそうに姉の身体を撫で回しています。

『それにしても…すげえイキ方…潮まで噴きやがって』

姉と高橋の結合部が、びっしょりと濡れているのが見えました。

痙攣が収まらず、ビクンビクンと身体を震わせる姉は、差し込まれたままの肉棒に串刺しにされ、絶叫アクメの余韻に浸っていたのです。

『木下、交代だ…』

『おう』

高橋がその長大なペニスをズルリと引き抜く瞬間、姉は再び声をあげ、ガクンと震えました。

『うああ…!!!…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…』

『へへっ…普段、清楚なお姉さんを無理矢理イカセるのはたまんねえな!』

ゴポッと音を立てて引き抜いた肉棒は、姉の愛液でヌラヌラに光っていました。

『木下、ほどほどにしとけよ?…これだけの上玉だ…ほんとに壊しちまったら、また兄貴にしばかれるぜ…』

『分かってるよ…』

高橋の驚くべき巨根を更に上回るペニスを持つ木下が、姉の身体に入ろうとしていました。

『よっと…』

木下がベッドに上がります。

『さて、犯りますか…』

木下の巨根が姉の陰部に宛がわれました。

大きく膨れた亀頭が入り口に触れると、姉はようやくそれに気付きます。

『ハァ…ハァ…木下くん…ハァ…待って…ハァ…ハァ…』

『ん?どうして?』

『ハァ…ハァ……少し休憩させて』

犯される事は覚悟している…、しかしせめて休ませて欲しいとお願いする姉を、木下は見下す様な目つきで見つめていました。

『女は続けてイク事で、味が良くなるんだよ…てめえの気持ちなんて関係ねえ…ただイキまくってりゃいいんだよ』

『そ…そんな!ちょ…お願い!』

木下の巨大な亀頭が姉の膣内に入り込みます。

…ズニュリ…。

『んはぁぁぁあ!!』

『へぇ…なかなかいいじゃん…』

子供の腕程もあろうかという巨根を、木下は何の躊躇もなくめり込ませていきました。

『ぁあ!!!お願い!ゆっくり!!…んはあ!!!!…き…つ…い…』

『高橋の後なんだから、こなれてるだろ…ごちゃごちゃ言うな』

確かに高橋に絶頂に導かれ、巨根を引き抜かれた直後の挿入です。

しかし、あれほど巨大なペニスに慣れるはずなどありません。

姉は無意識のうちに、痛みなく巨根を受け入れようと、腰を少し浮かせて木下が挿入しやすい角度で、自ら迎えにいっていました。

『奥まで入ったのが分かるか?』

木下の問いかけに、姉は黙って数回頷きます。

『まだ俺のは全部入ってないけどな…』

木下のペニスは、まだ4分の3が姿を隠した程度でした。

『まあいい…そのうち全部入るだろ…』

姉は未知の圧迫感に息を荒くして、目を閉じています。

『ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…』

『高橋、オイル取ってくれ』

『え?まだ使うのか?…あんまり塗ると発狂しちまうぜ…』

『まだ大丈夫だよ…早くしろよ』

『ほいほい』

高橋から容器を受け取ると、木下は姉の乳房に直接垂らし、塗りたくっていきます。

『やだ!!ハァ…ハァ…もうそれはやだってば!!』

姉はオイルの正体を知りません。

しかし、自分の身体で体感したのでしょう、塗られた所が異常に敏感になる事を…。

『奈津美…触ってもないのに乳首がギンギンに立ってきてるぞ』

『いやあ!!!』

『鳥肌がスゲエ…』

『ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ぃゃぁ…』

木下は乳首には触れずにオイルを乳房全体に擦り込む様に、愛撫していきました。

『んんっ!!…ハァ…ハァ…んあっ!!』

乳房の根本から、徐々に乳首に向かって円を描く様にゆっくりと…触るか触らないかの微妙な愛撫でした。

『こうやって乳首に快感を集めるんだ…』

執拗な愛撫は5分程続きました。

姉の乳首は催淫オイルと木下の愛撫で驚く程に勃起していました。

『ぁはぁ…もぅ…胸やだぁ…』

縛られた腕に力が入り、二の腕が震えていました。

『そろそろ乳首も触ってやろうか?』

『ハァ…ハァ…今はやめて!だめ!』

『嘘つけ…こんなにビンビンにしといて…』

木下の指が姉の左右の乳首をピンと弾きました。

『きゃうう!!!』

異常に性感を高められた乳首を弾かれ、姉の上半身はビクンと跳ね上がります。

木下は更に追い打ちをかける様に、指でピンピンと乳首を弾き続けました。

『ひっ!!…きゃぁ!!!……んあっ!!…な…なん…でぇ!!!』

『このまま続けるとどうなると思う?』

『…はぁぁぁぁあ!!…んぁぁぁあ!!』

『気持ち良過ぎて、乳首から何かが噴き出る様な感覚に襲われる…』

『…な…なに…これぇ!!…』

『そして爆発的な快感の波がやってくるんだよ…』

『いやぁぁ!!…胸が…胸がぁ!!』

姉は不安と驚愕が入り交じった表情で、叫んでいました。

『その瞬間こうやって扱いてやると…』

木下が乳首を人差し指と親指でつまみ、オイルのぬめりを利用して乳首を何度も扱きます。

つまんでは逃げていく性感の蕾を、また捕まえてキュッとつまむ、そしてオイルで滑らせまた逃がす。

まるでローターで振動を与えられているかの様に、姉の乳首は震えていました。

『ぁ……ぁぁ……』

徐々に声が出せなくなり、自ら胸を差し出す様に反り返っていました。

身体の痙攣は細かくなり、目を閉じたままブリッジの態勢から逃れられなくなっているのです。

『さぁ…イケ…』

木下が乳首を強く摘んで、ねじるように上に持ち上げました。

その瞬間…。

『きゃぁぁぁぁぁぁぁあああ!!!!!!』

姉の身体がガクンと跳ね上がり、しばらく硬直した後にドサッとベッドに落ちました。

『ハァ…ハァ…ハァ…』

『どうだ乳首でイッた感想は』

姉はあまりの快感に口もきけない様子です。

『…そろそろ動いてやるか』

木下は姉が乳首を責められている間も、極太のペニスを挿入したままでした。

上半身を震わせ、乳房を強烈な快感に襲われている姉は、木下の言葉に反応すら出来ません。

そんな姉を更に快楽地獄に陥れるべく、木下の体が動き始めました。

…ジュップ…ジュップ…ジュップ…ジュップ…。

重なり合う二人の身体の隙間から、淫らな音が聞こえてきた時、姉は今までとは違う声をあげる様になります。

『ああんっ!!…ああんっ!!!』

『ほら…気持ちいいだろ?』

『ああんっ!!!…もう…ああんっ!!!…わかんない…ああんっ!!!…』

『自分の身体じゃないみたいだろ?…そら…そら…』

『あああっ?!!!…ま…またぁ!!』

『もうイクのか?』

『ぁぁぁぁぁああああ!!!!すぐイッちゃう!!!!』

木下は姉の感じ方に合わせて、強弱をつけながら腰を振ります。

奥をドスンと突き上げたり、膣を擦り上げたりと、木下の責め方は常に変化をしながら相手が快感に慣れる事を許さないのです。

女体を扱うプロの様な木下に、姉はひとたまりもありませんでした。

『あ゛あ゛!!!…イ………グ……』

姉が再びアクメを迎える…。

そう思った瞬間、木下が腰の動きを止めました。

『あ!?…イクイク!…いまイキそう!!!』

『勝手にイクな…』

木下は恐ろしく冷たい目で、そう言い放ったのです。

『イキたければお願いしろ…』

『ハァ…ハァ…そんな…』

『だったらず~っとイカセないぜ?』

木下の腰がまた動き出します。

『ひぃぃい!!!!』

絶頂寸前まで燃え上がった身体は、あっという間にイキそうになります。

『ああああっ!!!……イクイクイクイク!!!』

『駄目だ…イクな』

また木下は動きを止めます。

姉はまたしても快楽の頂きに登り詰める事を許されませんでした。

『な!?…なん…で…ハァ…ハァ…』

『だから…言ってるだろ?…イク時は俺の許可が必要なんだよ…』

木下はそれから、何度も何度も姉をアクメ寸前まで追い詰めては、ピタリと動きを止めて姉を責め続けました。

『あああっ!!!…イクゥ!!!』

『やめないで!!…お願い!!』

『イカセて!!!!…もうイカセてぇ!!!!!』

『ほんとにぃ!!おかしくなるぅぅ!!!!!』

『助けて!!死ぬ!!!死んじゃう!!!!!』

『お願いしますぅ!!!…イカセて下さいぃぃぃ!!!』

見ていられない程、姉は乱れていきました。

–To Be Continued–“