前回の話はコチラ⇒姉が不良に犯されて(4)/a>

そこには、かつての姉は…僕の自慢の姉さんは…もういませんでした…。

『ハァ…ハァ…木下くん…もう…もうなんとかして…下さい…』

『イカセて欲しいか?奈津美…』

『は…はい…』

姉はいつの間にか木下に対して敬語を使うようになっていました。

『舌を出せ…』

『…ハァ…ハァ…え?…ハァ…ハァ…』

『舌を出すんだ…』

『は…はひぃ』

姉は口を開けて木下に向かって舌を突き出しました。

それを見た木下は少し笑みを浮かべながら、姉の舌に自分の舌を絡めていったのです。

プチュ…ペチャ…ジュルル…。

姉と同級生のディープキスを、僕は目の当たりにしました。

自分をレイプしている相手に、姉は唇を素直に差し出してしまったのです。

木下は姉の唇を吸いながら、腰の動きを再開させました。

『んぐぅぅぅうう!!!!』

姉の喘ぎ声が部屋に響きます。

『んぐぅ!!…んぐぅ!!……んんんんん!!!……んはあ!!!………ハァ…ハァ…ああんっ!!!!ああんっ!!!!……イッちゃう!!!』

『奈津美、イキたいか?』

『ああんっ!!!…イキたい!!…イキたい!!!』

『だったらお願いしないと…』

『ああんっ!!!ああんっ!!!!!イカセて…ああんっ!!!…下さいぃぃ!!!』

『よし…』

木下がニヤリと笑うのが見えました。

『死ぬほどイカセてやる…』

『ああんっ!!!』

木下は姉の腰を、その大きな手でガッシリと掴むと、狙いを定めて姉の膣内を物凄いスピードで抜き差ししました。

『うはぁぁぁぁぃぁあああああぅぅうううぁぁあああ!!!!!!!!!!!!!』

ズボ!ズボ!ズボ!ズボ!ズボ!ズボ!ズボ!ズボ…。

姉は涙を流しながら、巨根から送り込まれる凄まじい快楽にのたうちまわります。

『イグ!イグ!…ひぃああああ゛!!!……………ぁ…………………ぁぁ…………………ぁ……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………』

息が止まり、白目を剥いてのけ反った姉を、木下の容赦ないピストン運動が襲います。

『……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………』

焦らされ続けた身体は、通常ならばアクメに達するはずの高みまで押し上げられても、なかなかイケない様子でした。

『…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………』

本当に死んでしまったんじゃないかと、不安になる程の静寂の中、姉が身体をブルブルと震わせだしたのです。

『……………………………………………………ぁぁあっ!!!…ひや゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

壮絶な絶頂でした…。

姉はそのまま意識を失っていました。

『へっ…失神しやがった…』

木下は満足そうに姉から離れると、ベッドに縛り付けていた姉の手足の縄を解きました。

『これだけの美人だ…もっと楽しませてもらうぜ…』

そして、失神した姉に覆いかぶさっていったのです。

それからはもう、姉は木下と高橋に交互に犯され、何度もイカされ続ける事になります。

『待って!!!…またイッちゃう!!!』

『いやあ!!!!…もうイクのやだあ!!!!』

『お願い…一緒に!!…次は一緒にイッて!!!』

『ぁああ!!…なんか出ちゃう!!!』

『イクイクイクイクイクイク!!』

『ぁぁあんっ!!!ずごぃ゛~!!』

『早くイッて下さい!!!…お願いしますぅぅぅ!!!!』

『出してぇ!!…中に出して下さい!!!!!』

高橋も木下も、射精しそうになると巨根を引き抜いて交代するのですから、イキ続けている姉にとっては地獄でした。

2時間くらい経って、ようやく木下が姉の胎内で精液を解き放ちました。

ズポッと音を起てながら巨根を引き抜かれた姉の陰部からは、大量の白濁液が流れ出てきました。

巨大な肉棒で蹂躙された姉の陰部は、閉じる事を忘れた様に大きく拡がったままになっていました。

『もうすぐ朝になっちまう…』

木下がそう呟いた時、時計は5時を回っていました。

『じゃ…俺ら帰るわ…』

高橋はそう言うと、僕の口元にガーゼを押し当てました。

僕は意識を失っていきます。

薄れゆく意識の中、二人の悪魔が笑い声をあげていました…。

目が覚めたのは朝9時頃だったと思います。

僕の体に巻き付いていたガムテープは剥がされていました。

慌てて家中を探しましたが、姉の姿はありませんでした。

すぐに木下と高橋の携帯を鳴らしましたが、電話にでません。

すぐに奴らの家を学校から聞き出しましたが、二人とも一年以上家には帰っていないとの事でした。

途方に暮れ、こうなったら両親に全て話して、警察に行くしかないと思い、電話をかけようとした時、姉から電話がかかってきたのです。

『今から帰る…お父さんとお母さんには言わないで…』

姉は夕方帰ってきました。

それまで姉が身につけた事がない、露出度の高い服装に濃いメイクで…。

何があったか聞いてみましたが、姉は何も答えませんでした。

両親が帰って来てから一週間後、姉は一人暮らしをすると言って出ていきました。

僕は後をつけました。

行き先はヤクザの組事務所でした。

事件以来、学校に来なくなった高橋と木下が入口に立っていました。

姉は奴らと何かを話し、三人で中に入っていきました。

僕は恐くて、それ以上何も出来ませんでした。

しばらくして、僕の携帯に高橋から連絡がありました。

『○○○町ののマンション○○○へ来い、面白いもん見せてやるよ』

言われたマンションへ行くと、入口に高橋が立っていました。

『よく来たな…こっちだ』

高橋に案内され、最上階の部屋へ通されました。

『部屋に入ったら声を出すなよ…』

薄暗い部屋は、赤やピンクの照明でいかがわしい雰囲気に満ち溢れていました。

一番奥の扉から、声が聞こえてきました。

『ああんっ!!!…ああんっ!!!気持ちいい!!!』

扉を開けると、そこにはキングサイズのベッドがあり、男が女を跨がらせてセックスをしていました。
男は見たことがない40くらいのヤクザです。

女は…姉でした。

目隠しをされ、後ろ手に手錠をかけられ、騎乗位で交わっているのです。

『ああんっ!!!…い…いい!!…』

姉の声には拒絶の色は一切なく、快楽を貪るような喘ぎ声でした。

『ぁぁ…イキそう!!!…ケンジさん!!!イッてもいいですか?』

『なんや…またイクんか…もう何回目や…』

『七回…七回目ですぅ!!』

『いやらしい女や…なあ?奈津美』

『は…はぃぃ!…奈津美は…ああんっ!!!…いやらしい女ですぅ!!!』

『中で出したる…』

『ぁぁ…出して!!…ケンジさんの熱いのいっぱい出してぇ!!!』

『おら!!!!』

『ぁぁぁぁあっ!!!!イクゥ!!!イッちゃうぅぅぅぅぅ!!!!!!!』

姉はケンジというヤクザの上で絶頂を迎えると、痙攣しながら相手の胸へガックリと脱力してもたれ掛かりました。

『ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…』

『へへへ…兄貴…何発目ですか?』

『おう高橋、今日は抜かずの5発目やな…女がええと息子の立ちがええわ』

『さすが兄貴…』

『この女は稼げるな…特Aクラスに回しとけ』

『はい…すぐに連絡します』

ケンジとは高橋と木下の兄貴分のようでした。

ケンジが姉を押し退け、ベッドから降りると、高橋がタオルと缶ビールを手渡します。

ケンジはビールを飲みながら、こちらに歩いてきました…。

そして姉に聞こえない程度の小声で話し始めたのです。

『お前か…奈津美の弟っちゅうんは…』

『はい…』

『見てみい…あの幸せそうな顔…わしのイボマラがよっぽど気に入ったみたいやな…』

その言葉に思わずヤクザの股間を見てしまいました。

ケンジの股間には木下に匹敵するほどの巨根がぶら下がり、その肉棒にはいくつものコブが浮き出ているのが見えたのです。

それは明らかに、何かを埋め込んだ跡でした。

『ええか…奈津美はもう帰らん…これからはわしらが面倒みる…』

『姉を…返して下さい…』

『あん?…言われんでもいっぺん帰したったやないか…クックックッ………タトゥーを入れてな…』

僕はケンジの言葉に促され、姉の身体を見ました。

薄暗い部屋の中で最初は分かりませんでしたが、よく見ると姉は、乳房の谷間と内股にタトゥーを彫られていたのです。

『奈津美はもう、わしらのセックスに夢中や……ええか坊主、女をモノにしたかったらな…イカセまくったらええんや…そのうち快楽が心を支配する…そうなったら女は最後、何でも言うこと聞きよる…見とけ…』

ケンジと呼ばれるヤクザが再び姉の元へ歩み寄ります。

そして、黙ったまま巨根を挿入していきました。

『ハァ…ハァ…はうんっ!!!……ああ…ケンジさん…嬉しい…』

『そうかそうか…またなんぼでもイカセたるで…』

『ああっ!!来て!!!突いて!!!』

『よっしゃ!!!』

『ああんっ!!!ああんっ!!!ああんっ!!!』

姉は喜びの声をあげていました…。

僕は泣きました。

その涙は、大好きだった姉を失った悲しみと、変わってしまった姉への想いが入り交じった、複雑な涙でした…。

それから姉は家に帰って来ていません。

–END–“