今の部署に飛ばされたのが5年ほど前。

厳密に言えば飛ばされたと言うよりも、部署が無くなっての移動。

そしていきなり現場にも行けと言われて、本社と店舗を行ったり来たり。

辞めたくなるほど嫌だったが、慣れてくると割りとオイシイ事に気がついた。

まずバイトやパートで若い子から人妻までがワンサカいる事実。

バイトの子は数年で辞めるので、辞めてくれると手を出しやすくなる。

人妻はちょっと長くいる人が多いので滅多に手は出せませんが。

2年目にして10人以上の女性と肉体関係になり、常時2~4人はセフレとしてキープ。

女子高生が女子大生になってセフレに…とか美味しすぎる。

そんな毎日だったのでちょっと充実した生活を送ってた。

3年目の夏、夏美という人妻がパートで働き出してた。

初めて夏美に会った時、得体の知れない衝撃が脳内に走った。

俺の大好物な気の強そうな美人。

プライドも高そうでお高く止まってる。

こっそり観察してると「なんでアタシがこんな事を」という感情が見て取れた。

じゃ~ウチでバイトなんてすんなよ!ってな話ですが、夏美には事情がありました。

その事情を知ったのは、夏美が働き出して半年ほどした頃。

12月の忘年会の時に、外の人妻さん(パートのボス的存在)に教えてもらった。

どうやら大手勤務だった旦那がリストラにあい、生活苦のために働き出したらしい。

他のバイトも回ったが続かず、最終的にウチで落ち着いたって話。

最近では旦那とも仲が悪くなり、パートの仲間内に溶け込んで馴染んでるとか。

パートのボスと仲が良かった俺は、何気なく夏美がいる輪に入っていった。

そこで初めて普通に夏美と喋った。

相変わらず生意気なオーラが出てて、アンタなんてと見下してる感が出てる。

それを嫌がって他の社員は近寄らないから好都合。

夏美だけではなく周りのパートさん達に酒を勧め、グイグイ飲ませてやった。

やっぱり酔ってくると口も軽くなる。

小学生の子供がいるから離婚はできないが、高校卒業したら離婚する!と豪語。

さらには「触られるのも嫌」「同じ部屋で寝たくもない」とか言ってた。

男達は若い子がいる方に集まってたので、俺はその輪の中で探りながら飲んだ。

随分とストレスが溜まってるらしく、夏美を含めてパートの皆さん飲む飲む。

しかも酔えば酔うほどエグい話もし出す始末。

やれ『旦那の早漏にはもう限界』だとか『前戯してくれないからアタシもしない』とか『彼氏が欲しい』とか職場で見る皆さんからは想像できない話ばかり。

それは夏美も同じで、旦那とは随分長い期間セックスレスだと言ってた。

俺は自分を売り込むように気を使いながら喋った。

後になって言われたけど、この時から夏美は俺に興味を持ち始めたらしい。

話を聞いてくれない旦那、自分勝手な旦那、優しくしてくれない旦那、に相当嫌気が差してたようで、ふつ~の俺が超優しくて思いやりのある男に見えたんだとか。

忘年会から夏美とは職場でも喋るようになった。

春頃になると夏美の方から積極的に喋りかけてくる感じになり、その態度の変化には俺も内心ウキウキだった。

5月に入った頃、夏美から『相談がある』と言われた。

奥の部屋で話を聞くと、どうやらイジメみたいな事をされてるらしい。

ある男性社員に夏美がチョッカイを出してると勘違いしてるらしき人妻から。

その人妻はその社員の事が好きなようで、いわゆる嫉妬でしょうな。

夏美は別に何もしてないし、社員もそんな気はないって言ってた。

一応イジメとは違う感じで人妻さんには注意しておいたが、陰険なイジメは止まらず。

『何かあったらメールして』メアドを教えておいたから、夏美とはほぼ毎日メール。

そこであっという間に親密な関係になった気がする。

世間で言われてるように、旦那への愚痴を丁寧に聞いてあげるのに努めた。

初めて二人で食事に行ったキッカケは、旦那との喧嘩だった。

いつも以上に激しい愚痴メールが来て、ストレス発散にメシでも行こうか!って。

夜はさすがに子供がいるから出れないというので、昼飯を食いに行く約束をした。

俺が水曜休みだったので水曜の12時過ぎに会い、車で隣県にまで行ってメシを食った。

車中でも店でもずっと旦那への愚痴でゲンナリだったが、辛抱強く聞いてあげた。

そしたら喧嘩してないのにまた会う約束になり、それからトントンと数回食事に行った。

夏が終る頃には互いにふざけた事も言うようになってた。

プライドが高い夏美には、俺がふざけて甘えるような感じがシックリする。

公園で喋ってた時も『膝枕してくれよぉ~』って笑いながら子供みたいに言ったら、嫌だとか言いつつも最後には『しょうがないわねぇ~』と許してくれる。

俺がお腹の方に向かって頭を乗せようとしたら『コラコラ』と頭を小突いてきたり。

結局ちゃんと膝枕もさせてくれたから、帰りの車内でちょっと勝負に出てみた。

帰る間際に『はい!おやすみのチューは?』とふざけてみた。

さすがに「はいよ!」と簡単にはさせてくれなかった。

でも最終的にはチュッという軽いキスまで許してくれた。

その日の夜、キスしたのは数年ぶりだというメールがきた。

嘘だけど「俺も!」と返信しておいたら、久しぶり過ぎて緊張したとか可愛らしい事を言われてちょっと萌えた。

焦らずその後も膝枕とか帰りのチューだとかで我慢した。

慣れてくると帰る間際になると夏美の方もキスを待ってる感じになる。

毎回俺の方がグッと寄っていったてのに、ある頃から夏美の方が寄ってくるようにもなった。

そうなってくるといつディープキスをするか迷うが、焦らすように軽いキスを継続した。

痺れを切らしてきたのは夏美の方だった。

いつものようにチュッとキスをして顔を離そうとしたら、夏美の顔が離れて行かない。

俺だけが顔を離していく感じになり、超至近距離でジッと見つめられた。

だからまたチュッとした瞬間、夏美の腕が首に巻き付いてきた。

そしてそのままブチューっというキスになり、一気に俺もヒートアップした。

これでもかっていうぐらい激しいディープキスをした。

美人な顔からは想像できないやらしい舌使いのキスをされた。

俺の頭をガッチリと支えるように抱きつかれ、口の周りがベチョベチョになるキスだった。

キスをしながらハァハァという吐息がエロくて、キスだけで俺もフルボッキしてた。

5分か10分か分からないけど長いキスをしてその日は別れた。

夜のメールではキスには触れてこなかったので、俺の方からお礼を伝えた。

あんなに幸せになるキスをしてくれて有り難うって。

そしたら夏美まで俺にお礼を言ってきて、またしてね!って感じに。

ベロチューをするようになってからは、所構わず隙さえあればキスしまくった。

車の中はもちろん、公園でも路地裏でも、時には店の中でも。

俺のキスは舌の動きがやらしくてゾクゾクしてくる。

夏美は照れながらそう言ってた。

もうここまでくると肉体関係になるまでには時間はかからなかった。

10月の初旬、とうとう夏美とセックスをした。

いつものように昼飯を食べ、どこに行こうかと言いながらラブホの駐車場へ。

戸惑いもあったけど俺が『今日だけで良いからお願い』というと従ってくれた。

まずはベッドの上でもつれ合いながらキスをした。

念願だった巨乳を揉むと息遣いも荒々しくなり、舌の動きまでも激しくなる。

『シャワー浴びたい』と言われて中断したが、久し振りに緊張する時間だった。

交代でシャワーを浴びた後、ベッドの上で夏美の全裸を見て生唾もんだった。

子供を生んでるとは思えないスタイル。

じゃっかん垂れ始めた巨乳だったが丸みがあって美乳といえるレベル。

痩せてるように見えたがガリガリではなく、抱き心地の良さそうな肉付き。

美人な顔との相乗効果で最高レベルとしか言いようがなかった。

こんな奥さんを抱かない旦那っているのかと疑問に思ったぐらい。

夏美はセックスレス関係なく敏感な体でした。

乳首に触れただけでもビクンと反応するし、キスだけでもアソコはグチョグチョ。

手入れをしてない陰毛だらけのアソコをクンニしてやると、驚くほど感じてくれた。

クリなめだけで1回イッてくれたし、指挿れしながらだと連続でビクビク痙攣まで。

いっくぅー!とか言わないけど、ちゃんとイッてるのが分かるから嬉しい。

さらには勃起した俺のチンコを見ての反応。

照れ臭そうな顔をしつつも、なんだか嬉しそうに見える。

包み込むように竿を支えながら、俺をチラチラ見つつ亀頭を丁寧に舐める姿は最高過ぎた。

ぶっちゃけ旦那よりもデカいという俺のチンコにゴムを被せ、正常位でゆっくりゆっくり挿入していった。

人の妻のオマンコに入っていく様子を見てると、背筋がゾクゾクするほど興奮した。

旦那以外のチンコで喘ぎまくってる奥さんに、今まで味わった事のない興奮を覚えた。

夏美は途中で何度も我を忘れたように反応してくれた。

思わず勝手に動いちゃったんだろうけど、奥まで突っ込んで動かずにいると、腰が勝手にウネウネと動き出したりする。

我に返ってその動きをやめるが、その反応がまたエロくて興奮した。

それでもバックでは最後の方は我をすっかり忘れてたっぽい。

ケツを突き出してアナルを見せながら、枕に顔をつけてほぼ絶叫状態。

子宮を亀頭で跳ね上げるようにすると唸り声まであげてた。

そのバックで立て続けに2回もイッてた。

最後は愛のある正常位で、キスをたっぷりしながら射精した。

自分でも信じられないぐらいドクドクと大量に射精してた。

射精した後もキスをし続け、抜いた時にはゴムが外れそうになって二人で笑った。

その日だけとか言ってたけど、夏美の方が我慢できなくなってたみたい。

次に会った時は何度も夏美の方からキスをしてきてたし、遠慮がちに太ももとかも触ってきて、巨乳を揉んでみると興奮した顔をしてた。

だから「今日も我慢できないよ」と言ってホテルへ連れ込み、またしても濃厚なセックス。

一緒に風呂にも入って3時間以上たっぷりと味わった。

そんな事が毎週のように続くと、夏美はどんどんエロさを出してくるようになった。

印象に残ってるのは夏美がどんどんとMになっていく姿。

Mというか従順というか、堕ちていく姿がとても印象的だった。

強気でプライドが高くて媚なんて売りそうにない夏美が、イキそうになると焦らすの繰り返しで、最後にはプライドも無く懇願するようになってた。

一気に崩れ堕ちるわけじゃなかったけど、ホント男心を刺激する変態女だった。

性欲が強いようで、週1でセックスしても足りないぐらい。

会う日が近づくと何をされたいかとかずっとエロ系の話ばかり。

ただまだ完全に堕ちたわけでもなかったから、俺もいろんな事にチャレンジした。

クリスマス前に会った日、とうとう夏美のプライドが崩れ落ちたのを見た。

それはハプニングバーで。

ハプバーの事は知ってたし、行ってみたいが怖いから無理、と夏美が言ってた。

だったら見るだけでもイイじゃんって話になり、ちょい強引に連れて行った。

そこは先輩が常連の店で、変態が揃いも揃ってるっていう店。

旦那が早く帰ってくる日を選んで、軽くメシ食って飲んでから行った。

かなり怖気づいてたからドンキでデカサンを買って、夏美はそれをかけて店に入った。

入ってびっくり、いきなり始まってた。

それを見た夏美は足の力抜けちゃってヨロヨロして危なかった。

デカサンかけてても夏美の美貌はバレバレだったらしい。

はじめは様子を伺ってた男達は1人、また1人と声を掛けてきた。

夏美はビビっちゃってシドロモドロ。

落ち着くまで酒を飲みながら周りのベロチューとか見ながら喋ってた。

顔を近づけると逃げられたが、強引に顔を向かせてキス。

軽いキスのつもりがいつものように夏美が舌を入れてきた為、そのままディープなキスへ。

ビビって恐縮してると思いきや興奮してたみたい。

抱き着いてきて執拗に舌をしゃぶってきた。

恐らく人前でベロチューなんて経験なかったんだと思う。

二人でいる時よりも激しく体を触ってきてたし、勝手にチンコまで触ってきてた。

でも俺が巨乳を揉んだら拒否してくる。

『大丈夫だよ、それかけてるから顔バレないだろ』

サングラスだけじゃまだ安心できないようだったが、強引に巨乳揉み出したら大人しくなり、舌を入れたら鼻を鳴らしながらしゃぶりついてきた。

ボタンを外してシャツの上から巨乳を揉み、太ももを撫でながら奥へと手を入れていった。

腕を掴んできて拒まれたが、そんなに力は入ってなかった。

パンストの上からクリトリスを押し込みながらグリグリする。

もうその頃から諦め始めたようで、いつものように舌をしゃぶりながら吐息を漏らしてた。

『ほら、見てみな。みんな見せるぞ』

耳元で囁くと初めてギャラリーに気が付いたみたい。

開いてた足をササッと閉じて腕を引っ張り出されそうになった。

でもそこで強引に体を背中の方へズラシ、見せつけるように後ろから巨乳を揉んだ。

これには恥ずかしさもMAXになったらしい。

『やだっ、やめてっ、いやっ』

後ろから巨乳を揉まれる姿をギャラリーに思う存分見せつけてやった。

そしたら1人の慣れた感じのオヤジが声を掛けてきた。

『彼女さんエロいですねぇ~良いオッパイしてるし』

目の前に来たから夏美もビビっちゃってたが、俺が平然と『ドスケベな女なんすよ』と答えると、俺の腕をギュッと掴んできた。

『大丈夫だよ、みんなに見てもらえよ』

『恥ずかしいってば』

『とか言いつつグチョグチョなんでしょ』

強引にスカートの中へ手を入れてパンストの上からクリを触った。

軽くジタバタしたが、興奮が勝ったみたい。

嫌がる言葉を口にしてたが、抵抗はなくむしろ自ら足を広げ始めてた。

ここからが本当にすごい光景だった。

後ろから足を抱えてM字に開かせ、目の前にいたオヤジに触らせたんです。

体をひねって逃げようとしたけど、その時に限っては俺も力を出して押さえ込んだ。

オヤジがニタニタしながら触り始めると、それを見てた他のオヤジも来て触り始める。

数分後には4人のオヤジが集まってきてて、3人がオマンコを1人が乳首を弄ってた。

この時の夏美は驚くほど悶え狂ってた。

シャツ捲くられ乳首出されて摘まれてるのに、もう嫌がって逃げようともしてなかった。

もう大丈夫だろうなと思ったので、オヤジ共に協力してもらってパンストを脱がせた。

脱がせたというか下げて触りやすくしただけ。

パンツをズラしてオマンコを直接触られた頃にはもう大絶叫。

『こんなにオマンコ濡らしてるぞ』

『美人さんのオマンコはやらしくてイイな~』

ニタニタしながらオヤジ共が言葉でなじるもんだから、夏美も狂っちゃったんだと思う。

指入れられて手マンされただけなのに、真っ白な汁をダラダラ垂らしながらイッてた。

1度や2度ではなく、何度も登りつめる夏美に、オヤジ共は大喜びだった。

『挿れさせてよ』

『フェラはだめ?』

『頼むから』

『ゴムつけるからお願い』

何度もせがまれましたが、そればっかりは俺も気が引ける。

丁重にお断りすると、1人のオヤジだけが『クンニだけでも』と言ってきた。

このオヤジがとてつもなく変態でさ。

真っ白な汁で目を背けたくなるぐらい汚くなったオマンコを、綺麗にしてからと思って拭こうとしたら『このままが良いんだよ!』とか言ってさ。

その汁をジュルジュルベチョベチョ舐め始めちゃったんだわ。

それには他のオヤジ共も苦笑い。

でも夏美だけは喘いじゃって気持ち良さそだった。

この変態オヤジはクンニ好きで、舐め犬経験もあるとかなんとか。

トータルで1時間近くクンニしてたんじゃないかな。

途中で抱えてる俺が疲れちゃったので、椅子に浅く座らせて足を開かせて舐めてもらった。

俺の手とか腕とか掴みながら、夏美はキスを強請ってきたりクンクン泣きそうな声を出しながら、何度も何度も小刻みにイッてた。

そうとうクンニが上手かったんだろうと思う。

俺そんなにイカせられなかったから。

クンニオヤジに提案をし、帰る間際に面白い遊びをした。

イキそうになったらクンニを中断させる。

いつもの焦らしなんだけど、今回は複数の男達が見守る中での焦らし。

さらには初対面だけど『オマンコ舐めてイカせて下さい』って言うよう指示した。

昔を知ってる俺からしたら、絶対にそんな事は口にできない夏美。

俺と二人だけならともかく、見知らぬ男達の前では絶対言えないはず。

予想通り夏美は言うのを拒みながら悶え苦しんでた。

それでもやっぱり堕ちるんですよね。

デカい声で数回言わせる事に成功し、思いっ切りクンニでイカせてもらってました。

このハプバーでの遊びを境に、夏美はド変態のM妻に変貌してた。

まず俺と会う時は、会って早々フェラチオご奉仕。

ホテルに入っても即フェラさせ、フェラだけで大洪水のように濡らすから、前戯なしで洋服も脱がせないままいきなりの挿入。

これが随分と気に入ったらしく、入れてスグに激しく体を震わせながらイクようになってた。

イクとチンコを抜いてまたしゃぶらせる。

白い汁まみれのチンコを丁寧に舌で綺麗にし、美味しい美味しいとしゃぶってました。

堕ちるに堕ちた人妻なので、もちろん命令にはちゃんと従います。

子供にバレると渋ってたが、パイパンにはさせました。

バイブも買って持たせてるので、命令してオナニーも電話越しにさせてた。

このぐらいは序の口で、なんと人妻宅にもお邪魔してセックスしてます。

これにはかなりの抵抗がありました。

子供の事もあるし、家庭には持ち込みたくないと。

でも焦らしに焦らしまくった結果、ちゃんと快諾してくれました。

『ウチのベッドで犯して下さい』って。

平日の昼間お邪魔し、玄関でまずはフェラチオ。

咥えさせたままリビングへ移動し、ソファーに座ってフェラ続行。

そして上に跨らせて座位をし、リビング内で立ちバックをしながら窓へ。

カーテンはしてたけど夏美は興奮してました。

出すには早く勿体ないので一先ず抜き、綺麗にしゃぶってもらってからお茶をすすった。

1度は試してみたいと思っていた裸にエプロン。

目の前で着替えるよう命令すると、モジモジ恥ずかしがりながらもなってくれた。

その姿を見ながらシゴいてたら、やらしい顔して勝手にフェラチオ。

エプロンをズラして巨乳を露出させ、乳首を摘んだり転がしてあげた。

寝室のベッドは2つあり、手前側で夏美は寝てるという。

だったら!って事で旦那のベッドを使用。

寝かせて股を広げさせ、オマンコを自ら広げてオネダリを要求。

シコシコとシゴきながら待ってると、『早くオマンコに挿れて下さい』と。

旦那のベッドの上でまずは正常位で挿れた。

シーツに大きな染みができるほど濡らしてた夏美は、騎乗位でも激しかった。

『枕があの人のニオイがして臭い』

などと言うもんだから、バックの時は枕に顔を埋めさせて突きまくった。

旦那のニオイを嗅ぎながらで相当狂っちゃったみたい。

最後は何言ってるか分からない呻き声を上げながら激しく登り詰めてた。

いつしか週1では物足りないと俺も思うようになった。

こんなに美人でスタイルも良いくせにド変態で何でも言う事をきく玩具ですから。

その時も思ってました。

1度手放したらもうこんな玩具には出会う事は無いだろうって。

だから暇さえあれば隙さえあれば執拗に陵辱したかった。

でも互いに都合ってもんがありますから、特に夏美には子供という大きな存在がある。

そこを壊すわけにはいかないので、週1のセックス以外は短時間だけ会う事にした。

車で近くまで行き、思う存分フェラチオさせる。

ノーパン・ノーブラで来させるので、触ったり指を入れたりも。

セダンだったからカーセックスは大変で、しかも人通りがあって難しかった。

そんな中で二人が興奮しまくったのは、夏美宅の前や近くでの破廉恥な行為。

まず家の前に停めて車の中でフェラチオ。

汁が垂れ流れるほど夏美は興奮しながらしゃぶり、最後は零さずに精子を飲み干してた。

何度か挿入もしたんだけど、近所の目が怖くて集中できなかった。

なのでやっぱりフェラぐらいがちょうど良かった。

旦那がすぐ近くにいるのに、チンコをしゃぶらせるなんて最高に興奮した。

ピルを飲むようになったからここ7ヶ月ぐらいは毎回中出し。

1回目は中に出して、2回めは飲ませるのがいつものパターン。

週1で出されて飲むんだから、もうどんだけ注ぎ込んだか。

だけどこんな素晴らしきセフレ生活もピリオドをむかえた。

夏美が離婚したんです。

『旦那と大喧嘩して今実家に帰ってる』と突然メールが来ました。

すぐに戻ってくるだろうって思ってたけど、互いの家族が出てきて大モメしたらしい。

2週間後には離婚すると決まっちゃいました。

夏美と仲が悪くなってから、旦那は水商売や風俗でさんざん遊んでたみたい。

それが表に出てきたもんだからもう大変。

離婚するにあたって慰謝料とかの問題まで出ちゃって、子供は夏美が引き取るとか。

『1回そっちに戻るからその時逢えるかな』

子供もいないし泊まれるって言うから、少し離れた街のホテルに泊まった。

溜めに溜めた精子をまず飲ませ、朝までに3回も中出しをした。

『また精子飲ませて』『もっと中に出して』『何でも言う事きくから捨てないで』夏美は何度もそんなような事を言いながら俺にしがみついて来てた。

なのに女ってのは薄情なもんです。

つい先日、久し振りに夏美からメールが来ました。

そこには『再婚することになりました』って。

しかも『だからもう逢えないし連絡もできません』とか書いてやがった。

1度は余裕かまして『幸せになれよ!』ってメールしたけど、2日後にまたメールしたんです。

そしたら返信すら無し。

メアド変更したのかシカトしてるのか、全く音沙汰もありません。

再婚相手の男とヤリまくってんだろうな~~