自慢めいた話から始まることをお許しください。

小学校の高学年ごろから、近所の大人たちから色白でかわいいとよく言われるようになり、中学生になると、

何人もの男子生徒から告白されるようになりました。

若い頃にモデルをしていたことのある母親に容姿が似たせいかもしれません。

胸も人並み以上に大きく、それも魅力だったようです。

性に好奇心が強かったせいか、私は高校生の時、一度だけ悪い友人に誘われて、20代の会社員の男性といけないデートを

したことがありました。

生まれて初めてのセックスの経験でした。

ホテルへ連れて行かれると、当然のようにフェラチオをさせられ、顔の上に男の人が跨ると、肛門も舐めさせられてしまいました。

よくわからないまま、そうすることが当然のことのように思わされていました。

処女でしたので、挿入はとても痛かった記憶があります。

何で皆はこんなことが楽しいのだろうと思ってしまいました。

男の人から帰りに五万円をもらいましたが、後悔の気持ちから、二度と同じことはしませんでした。

 まじめに勉強だけはして高校を卒業すると、私は短大に進学しました。

 短大は女子しかいません。

 でも、夏休みにバイト先で知り合ったW大学4年生の男性と仲良くなり、真面目で誠実な彼に恋を

 してしまいました。

 彼には、同じ大学に同級生の恋人がいましたので、私は自分の気持ちを伝えることも出来ず、彼とは友達関係を

 維持していました。

 卒業後、彼の恋人は故郷に教師として帰ることになり、恋人を失って落ち込んでいた彼は、案の定、

 私に振り向いてくれました。

 

 私は20歳の誕生日に、彼に身体を捧げました。

 間もなく私も社会人となり、勤務する会社の男性からデートに誘われることも多かったのですが、彼を一途に

 愛し続けました。

 そして、私22歳、彼25歳の春に、二人は結婚しました。

 新婚旅行はハワイでした。

 結婚生活は幸せでした。

 まだ若かったので暫くは子供をもうけず、避妊をして性生活を営んでいました。

 私は、夫に抱かれているうち女の歓びに目覚め、それなりの快感を感じてはいましたが、乱れて自分を失うほどの

 快感を感じることは出来ませんでした。 

 

 私は夫の前でも、清楚でまじめな女のイメージを崩したくありませんでした。

 それでも私の身体は自然と夫を欲して、ほぼ毎日夫のペニスを味わっていました。

 結婚3年目のころ、私は上司と出張に行くことになりました。

 男女の組み合わせでの、泊りがけの出張は珍しいのですが、急に仕事が決まって私しかあいていなかったので、

 止むを得ませんでした。

 出張先のホテルのバーで課長に酔わされた私は、気付いたらホテルの部屋で全裸にされて、課長に

 抱かれていました。

 状況を把握して抵抗しようとしたその瞬間、課長のペニスが私の膣内に挿入されるのを感じました。

 40歳の課長は、夫よりもゆっくりした動きですが、私の弱点を素早く探り当て、緩急をつけて私を少しずつ

 絶頂へ誘いました。

 私は、湧いてくる快楽に抵抗することができずに、夫では得られない焦らしを交えた課長のテクニックに、

 不貞行為であることも忘れて逝き乱れました。

 そして、最後には課長の精液を顔面に浴び、濡れたペニスを舐めさせられました。

「君は、お淑やかな美人妻だと思ったけど、セックスは乱れるんだね。旦那さんが羨ましいよ…」

 私は、いけないと思いながらも翌朝も課長に抱かれてしまいました。

 私は、妻でありながら夫以外のペニスを受け入れてしまったのでした。

 私は、月に2~3度課長に抱かれるようになってしまいました。

 課長に抱かれる時に、私は頭の中が真っ白になるほど逝き乱れるのです。

 夫には恥ずかしくてそんな姿は見せられないのに、課長の前では淫乱に乱れる女になれるのでした。

 課長は安全日かどうかを私に確かめて、大丈夫だと思うと私が言うと、いつも中に出して果てました。

 そして決まって、ペニスを抜くと私に舐めさせましたが、私はそれが当然であるかのように、最後の一滴まで

 吸い取ってあげていました。

 生理が遅れると課長の子種で妊娠してないかとても不安でした。

 課長とのダブル不倫は半年で明るみになりました。

 夫は嘆き悲しみ、課長の奥様は半狂乱、結局私は離婚されてしまいました。

 

 私は26歳、夫は29歳、まだやり直しがききました。

 しかし課長は、夫に対する多額の慰謝料を私の分まで支払い、家庭を失いました。

 私は、いたたまれなくて結局会社を辞めました。

 不倫して離婚された娘は実家でも疎まれて、追われるように都会に出ました。

 しかし、再就職が難しく、パートタイムでスーパーマーケットなどで働きました。

 

 その会社の本社の役員さんが来た時、お茶の用意などさせてもらったのが縁で、私は本社に採用されました。

 でも、その実態は役員さんの愛人になるという事だったのです。

「上司と不倫して離婚したんだってねえ。清楚な外見ではしたないねえ。」

 そんな風に言われて、私は週1回、60過ぎの役員さんに抱かれることになりました。

 役員さんには奥様がいましたが病気がちで、よく入院していました。

 ホテルでは、いつも私が上になって腰を振り、最後だけ役員さんが上になってお腹の上に射精しました。

 時には役員さんの体のあちこちを舐めさせられたりしました。

 だんだんと道具を使ったり、黒革の拘束具を身に着けさせられたりするようになりました。

 

 当時、胸はEカップで色白なほうでしたので、役員さんは大喜びの様子で、SMチックなプレイを私に

 要求しました。

 やがて役員さんの30歳の長男さんとも仲良くなり、週に2回長男さんにも抱かれるようになりました。

 同じ年の長男さんは時には3度も私を抱いて果てました。

 役員さんとは親子なのに、体臭もペニスの味も精液も違っていました。

 長男さんは年下の恋人がいらしたのに、別れて私と結婚したいと言い出しました。

 長男さんは、私が父親の愛人だと知らなかったのです。

 私と長男さんとの関係は、役員さんの逆鱗に触れてしまいました。

 可愛い息子をそそのかされたと判断した役員さんは、私をSM器具のあるラブホテルに連れて行くと、

 現れた見ず知らずの三人の中年男性に私は縛られて、凌辱されました。

 3人のペニスを順に咥えさせられ、かわるがわる挿入されて腰を突かれ、3人分の精液を顔にかけられました。

 恥ずかしいことに、私は感じて乱れてしまいました。

 そして、「退職金だ」と200万円の束を投げつけられて、愛人生活が終わりました。

 

 数日後、長男さんが訪ねてきて

「あなたはAVに出演した過去があったんですね…セックス狂いの汚い女だったんですね…清楚な振りして僕を騙したんですね…」

 と言って、写真を置いて別れを告げられました。

 その数十枚の写真には、3人の男性に犯されて、はしたなく乱れる私が写っていました。

 私が後ろから男に突かれている写真には、ペニスと結合したアソコから流れ滴る、感じた証の白い愛液も写っていました。

 私は何も反論できず、彼とも別れました。

 30歳になってまた私は居場所を失い、ビル清掃会社で働くようになりました。

 私は2年間真面目に働いていましたが、32歳の頃、担当するビルの25歳の男子社員と顔なじみになり、食事に

 誘われて年甲斐もなく浮かれて出かけ、口説かれて抱かれてしまいました。

 7歳年下の若い彼は、引き締まった筋肉質の硬い体で激しく私を抱きました。

 「美人だ、綺麗だ。」

 そういわれるのは何年か振りで、彼が本気だと勘違いしてしまいました。

 彼は、私を清掃作業服のまま抱きたがりました。

 時には職場のトイレでセックスすることもありました。

 2年間身体の関係を続けた後、彼は転勤してしまいました。

 もしかしたらプロポーズされるかも…期待した私が馬鹿でした。

 2年間、性欲処理に弄ばれただけでした。

 寂しさに落ち込む私を優しく慰めてくれたのは、清掃班の班長でした。

 57歳の班長は以前はホームレスだったそうで、10年前にアルバイトで採用されて、そこから正社員になったそうです。

 私は優しい班長さんに誘われるままアパートまで上がりこんで、つい、寂しい身体を慰められてしまいました。

 

 もう34歳になっていた私を抱いて、班長さんは娘のような若い女体を抱いたと大喜びでした。

 それから週1~2回、肌を合わせるようになりました。

 班長さんは、清掃会社の班員の女性数人と身体の関係を持ってきたそうです。

 でも、わけ有りで独り身になった50代の女性ばかりで、私のような若い女はこの会社に来て初めてだそうです。

 班長さんとは、3年でお別れがきました。

 還暦を迎えるに当たり、郷里に帰ることにしたと言いました。

 3年間身体の関係があった男性とお別れするのは辛かったです。

 恋愛ではありませんでしたが、情が移っていました。

 

 私は、39歳まで清掃会社で働きました。

 もう、男性と関係することもありませんでした。

 アパートに帰って一人分の食事を作り、一人で食べて一人で寝ました。

 何が悲しいか分からない涙を流すようになりました。

 40歳を迎える年の春、私は生活に疲れ果てて、恥をしのんで郷里に帰りました。

 実家には顔を出せませんが、しばらくぶりに帰った生まれ育った街は、やはり心の落ち着つく場所でした。

 

 実家とは、新幹線の駅をはさんで反対側に住みました。

 実家の様子は見に行きませんでした。

 行けば両親に会いたくなります。

 生きていればですが…

 

 地元のホームセンターで働き出しました。

 収入は女1人が質素に生きていくのに十分でした。

 まじめに働いて一年が経った時に、あの出来事がやってきました。

 3月11日の金曜日の午後、倉庫整理をしていた私は激しい揺れに気が動転しました。

 金属製の棚が次々にガラガラと崩れて、商品が地面に落ちてきました。

 揺れは地響きとともにかなり長く続き、終わった頃には倉庫の中は足の踏み場もない状態でした。

 幸い私は怪我をしませんでした。

 急きょ店を閉めて、社員が駐車場に集められて安否の確認が始まりました。

 全員の無事を確認後、店舗を施錠して私達女子社員は一時帰宅するよう促され、アパートへ帰ったのですが、

 部屋の中は悲惨な状態でした。

 停電、断水、電話も通じませんでした。

 翌日職場に出向きましたが、暫く始業できない旨を告げられました。

 私のアパートは壁がヒビだらけで倒壊する危険があるとのことで、近くの体育館に避難しました。

 実家のことが気になりましたが、こんな時に親不孝の娘が顔を出すわけには行きません。

 体育館で大人しくしているしかありませんでした。

 体育館でテレビの映像を見て愕然としました。

 宮城や岩手はもっと酷いことになっていました。

 市役所の職員が、避難者の身元確認をし始めました。

 彼らもまた気の毒な被災者なのに、懸命に避難者のために働いていました。

 住所、氏名、生年月日を書き入れて手渡した職員が私の名前を口にして

 「君は…」

 それ14年前に別れた元夫でした。

 夫はこの街の市の職員になっていたのです。

 私は目を反らしてしまいました。

 どの面下げて元夫に合わせる顔がございましょう。

 元夫には新しいご家族もいらっしゃるでしょうから、私など邪魔な存在。

 夕方、私服に着替えた元夫が私を呼びに来ました。

 私はわざと迷惑そうな顔をして外に出ました。

「久しぶりだな。元気にしてたか?」

「ご無沙汰しております。その節は、大変なご無礼を…」

 なるべく冷たく聞こえるように答えました。

「ずっとこの街にいたのか?」

「1年前に戻ってきました。でも、アパートが崩壊しそうで…」

「そうか…再婚したのか?」

「色々ありましたが、あれ以来結婚はしていません。」

「そうか…俺も同じだ…」

「え?…」

「俺のマンションに来るか?賃貸だが部屋は空いているよ。」

「そんな…ご迷惑な…」

「元は一緒に暮らした仲だ。困った時は頼れ。」

 私は元夫のマンションに転がり込みました。

 まだ完全には片付いていませんでしたが、建物は鉄筋コンクリート造で堅牢でした。

「これ、地震で前のガラスが割れちゃったけど、捨てられなくてな…」

 私はそれを見たとたん、その場に泣き崩れてしまいました。

 元夫が手に持っていたのは、新婚旅行のハワイで写した二人の写真でした。

 あのとき家庭持ちの上司との不倫に走らず、まじめに生きていれば、その後のみじめな苦労はなかったのです。

 その夜、久しぶりにお風呂に入って、14年ぶりに元夫に抱かれました。

 私のアソコを眺めて「苦労したんだなあ」と言って舐めてくれました。

 

 私は昔の、世間も男もよく知らない清楚な若奥様ではありません。

 元夫のペニスだけではなく、球も、そして菊のような肛門もやさしく舐めてあげました。

 汚れた私の体の遍歴をそれとなく教えるために、今までの男性に教えられた、男を喜ばせる性の技を一つ一つ

 彼にして見せたのです。

 男性に抱かれるのは、班長さん以来6年ぶりでした。

 元夫の懐かしいペニスが私に入ってきました。

 私の弱点を覚えていたのでしょうか、いきなり突かれて、そうかと思うと焦らされて…元夫は、若いときのような

 激しさはなく、昔不倫した課長さんのような中年男性のネットリしたセックスでした。

 あれから何人もの女性と関係を持ったのでしょう。

 元夫のペニスは赤黒く、オンナを悦ばせる業に磨きがかかっていました。

 元夫のペニスで膣壁を撫でられて声を出して喘ぎ、あまりの快感に身を捩って激しく乱れ、仰け反って逝きました。

 元夫に抱かれて、私は性の渇きだけでなく、心も満たされて嬉しさに涙を流していました。

 私はまだ元夫を愛していたことを悟りました。

 けれども、私は元夫を裏切った女です。

 元夫に抱かれたからといって甘えるわけにはいきません。

 元夫が仕事に出かけた後、一宿一飯の御礼と、抱いてもらって良い思い出が出来たと手紙に残してマンションを

 後にしました。

 行くあてもないので、壊れかけのアパートで過ごしました。

 そして、やっぱりこの街を出て行くことにしました。

 私は郷里に相応しくない女なのです。

 41歳の女が知らない街で、1人で生きていくのは容易ではありませんが、元夫に迷惑はかけられません。

 不倫して裏切った元妻と一緒にいるなんて、お笑い種です。

 使えそうな物だけ選んで荷造りをしました。これから行き先を考えなければなりません。

 前にいた都会に戻るのが最善と思えました。

 ホームセンターにも離職手続きをしなければなりません。

 翌朝とりあえず住む場所を見つけるために、前にいた都会へ出かけようとアパートを出ました。

 するとアパートの前に元夫が立っていました。

「やり直さないか?」

「私はあなたに愛される資格のない女です。」

「ほれた女の過去は問わない主義なんでね…これ…」

 元夫は婚姻届を私に見せました。

 そこには署名捺印がしてありました。

 そして証人欄には私の両親の署名が…私は嗚咽しました。

荷造りした荷物の行き先は元夫のマンションになりました。

 今、私は42歳の妊婦です。

 もしダメでも仕方ありませんが、頑張って産みたいです。

 夫と再婚してからは、毎晩抱かれて逝きまくりです。

 別れた夫とのセックスがこれほど良かったなんて、苦労と引き換えに、この年になって知ったのです。

 そして妊娠。

 

 私達の夫婦の営みは少々変わっています。

 夫は離婚後の私の性遍歴を知りませんが、私のアソコの色やセックスの様子で、いろいろあったことは自然と

 分かると思います。

 愛人にもされ凌辱も受けました。

 60過ぎの男性に革の拘束具を着せられて、SMチックなプレイも毎回させられていました。

 夫は、私が離婚後に出会った自分の見知らぬ男達に、私が抱かれている姿を色々想像して、嫉妬しながら

 抱くのだそうです。

 それを聞かされた私は、夫に謝罪しながら逝かされるのでした。

 

 私はまた清楚な妻に戻りました。

 ただ、昔と違うのは、夫に抱かれているときに、オンナの悦びを隠さなくなりました。

 夫が刺激を望むのなら、過去の事も少しずつ、小出しに話してあげようかと思っています。

 今私たちは快楽を貪る中年夫婦です。