私は29才で結婚3年目の新妻です。まだ新婚だというのに、夫は去年から単身赴任中。

私は夫の実家に嫁いで来ましたが、私との結婚前に夫のお母さんは他界されていましたので、現在は義父と

私の2人暮らしになってしまいました。

もう還暦を過ぎた義父と言えども、同じ屋根の下で男と女が暮らしていると、お互い意識してしまうこともあります。

それも夫が単身赴任中に帰って来るのはせいぜいゴールデンウイーク、お盆休み、お正月休みぐらい。

ある日、義父の入浴中に呼ばれ、もう年で肩が上がらないから、たまには背中を流して欲しいと頼まれました。

浴室に入ると義父は背中を向けて座っていました。

私はスポンジにボディソープをつけて義父の広い背中を洗ってあげました。

 

 

 最後に泡を洗い流すと、義父は振り向いて気持ちよかったと言って喜んでくれました。

 でも義父が振り向いたそのとき私はしっかり見てしまったんです。

 床につきそうななほど垂れ下がった真っ黒な長いペニスを…。

 その日、寝室のベッドに入っても義父のペニスを思い出し、もしあのペニスが勃起したら、どれほどの

 大きさになるのだろう…と想像するとなかなか寝付けませんでした。

 何となく喉の渇きも覚えたので、何か飲もうと下の階に降りて行きました。

 すると義父の部屋から灯りが漏れていました。

 こんな時間にまだ起きてるのかなと思い、そっと襖を開けて覗いてみると、義父は布団に横になってアダルトビデオを

 観ていました。

 さらに凝視して見ると、義父は下半身を露出させ、私が先ほど浴室で見たあのペニスが勃起していたのですが、

 その大きさ長さに私は息を呑み、たじろいでしまいました。

 そして義父はアダルトビデオを観ながら、その勃起して大きくなったペニスを根元からしごいていました。

 私は襖の隙間からその光景を覗いていましたが、義父がペニスをしごくたびにさらに長く太くなっているのです。

 もう還暦を過ぎているのに夫とはまるで勢いの違うペニスにしばらく呆然と見つめていました。

 そしていつしかアダルトビデオのいやらしい喘ぎ声と、義父のペニスで私も体の芯が熱くなって思わず自分の

 胸をゆっくりと触ってしまいました。

 そしていつの間にか胸を触りながらパンティの上からゆっくりアソコを指でなぞっていました。

 そのときです。

 義父が何かを気配を感じたのか、急に振り向いたのです。

 そして私と目が合ってしまったんです。

 私は急いで襖を閉めましたが、すぐに義父が私の後を追ってきて、私を部屋に引っ張り込んで

 「ゆかりさん、見たね?」と言われました。

 「い、いや…。お、お義父さま、何をでしょう?」と言いましたが、明らかに動揺を隠せませんでした。

 「ゆかりさん、見たよね?正直に言っていいから…」

 「こんな夜中に電気がついてたので、ちょっと襖あけて…、ちょっと見てしまいました」と正直に答えました。

 「そうか、どうだ?わしのチンポは?タカシのと全然違うだろ?ん?」と言ってきました。

 「いえ、それは、それはよく見てません。お義父さま、もう夜も遅い…」言い掛けたところで、義父は

  浴衣の前を開きました。

 「じゃあ、見てみろ?これだよ。どうだい、ゆかりさん、ん?タカシのとは較べものにならんだろ?」そこには勃起して

 上を向いた真っ黒な太くて長いペニスが飛び出してきました。

 「あっ…、お、お義父さま…、しまってください」

 「ん?どうだ?タカシのとは全然違うだろ?」

 とまた聞いて来たので、私は

 「あぁ…、タカシさんのとは太さも長さも…違います。お義父さまの方が立派です」と言いました。

 「だろ?まだまだタカシには負けん。ゆかりさん、ちょっとこれ触ってみろ、硬さも全然違うぞ」と言って、私の手を

 引っ張ってペニスを握らせようとしました。

 私はとっさに手を引っ込めようとしましたが、義父の力がすごくて思わず握ってしまいました。

 「あっ…」ちょうど握ったときにビクビクと脈打ち、すごい硬いのがわかりました。

 「ん?どうだ?硬いだろ?太さ、長さ、硬さ…どれを取ってもタカシには負けんわ」と義父はニヤニヤして言いました。

 「ゆかりさんもタカシがいないから寂しいだろ?ん?」と言って抱きついてきました。

 「ちょ、ちょっと、お義父さま、やめてください、何するんですか?」

 「さっき見たぞ。わしの部屋覗き見ながら自分で触ってたじゃろ?」

 「そんな…、そんなこと…してません」

 「ふん、わしはちゃんと見逃さなかったんだよ、ほれ…」と言って、いきなりパンティの中に手を入れアソコを

  触ってきました。

 「ほぉ、どうだ?これ?こんなに蜜が溢れてるではないか!?」と言ってパンティから手を出して、濡れた指先を

  私に見せました。

 「そんな…。お、お義父さま、や、やめてください」

 「ゆかりさんがこんなに寂しがってるのにタカシはどうしようもないの。すまんな、ゆかりさん…。タカシが戻って来るまでは

  わしがゆかりさんの面倒みてあげるからのう」と言うとまたパンティの中に手を入れてアソコを触ってきました。

 「お義父さま、やめてください。タ、タカシさんに…何て何て言うんです」

 「アイツのことはいいんじゃよ。わしがしばらくの間、ゆかりさんの面倒みてあげるから…」義父の指が的確に

  クリトリスを擦り始めると、私は立っていられなくなって倒れ込むように畳にしゃがみ込んでしまいました。

 「ゆかりさんは敏感じゃのう…」義父はさらにキャミソールを捲り、おっぱいを吸いながらクリトリスを弄ってきます。

 「あぅ、あぁ、お、お義父さま、や、やめてください」

 「ゆかりさん、こんなに乳首は硬くなっておるし、こっちのお豆もこんなにコリコリしておるぞ」と言って硬く立った

  乳首を吸われ、クリトリスを的確に指で弄られてしまい、もうこのときすでに体がビクッとして軽くイッてしまったんです。

  義父はそんな私を見逃すはずもなく

 「ほんとにゆかりさんは敏感じゃの…、もうイッてしまったのか…」と言いながら、私の脚を持ち上げると、

  半ば強引にパンティを剥ぎ取られ、アソコに顔を埋めクンニしてきました。

 「お、義父さま、そんな、そんなこと…、あっ、だめ…です」義父は指でクリトリスを剥き出しにすると、舌先で

  チロチロねちっこく舐めてきました。

 「あぁぁ、お、お義父さま…、あっ、だめですったら…、そんな、あっ、あぁ…」何とか逃れようとしましたが、

 義父はしっかり私の両脚を抱えていましたので無理だとわかりました。

 「こりゃ、すごい。ゆかりさん、どんどん蜜が溢れてくるぞ」と嬉しそうな義父にされるままに私はねちっこく

  アソコを舐め回され、イキそうになるといったん舐めるのを止められ、しばらくするとまたねちっこく舐め回され

  イキそうになると、また止められの繰り返しで…あまりの気持ちよさに身悶えてしまい気が狂いそうでした。

 そしてしばらく舐め回されると、またもや体がビクっとしてイッてしまいました。

 「ん?ゆかりさんはタカシにこんなに舐められたことないみたいだな?どうだ?気持ちいいだろ?」

 「は、はい…、タカシさんにはこんなに愛撫されたことありません…」と正直に言いました。

 「そうじゃろ?若い男はすぐに挿れたがるからの」と言って義父はまたアソコをねちっこく舐め始めました。

  それから延々とクンニされ続けた私は何回も何回もイッてしまいました。

  ようやくクンニから解放され、グッタリしている私に義父が

 「すまんが、今度はわしのも少し気持ちよくしてくれないかの?」と言ってきました。

 「え?あ、はい、お義父さま…」私はそう言うと、起き上がりました。すると義父は私の前に仁王立ちになり浴衣の前を開きました。

 「あっ」そこには黒光りし、血管が脈々と浮き出て勃起したペニスがありました。

  私は一瞬タカシさんに申し訳ないという気持ちが過りましたが、目の前にある義父のペニスにはさすがの理性も吹っ飛んで

  しまいました。

 私は義父のペニスを握り、目一杯口を開け、亀頭を咥え込み夢中でしゃぶりました。

 義父のペニスは私の口の中でさらに硬さを増し、あまりの大きさに顎がガクガクし出し、口からは涎が垂れていました。

 握って、しゃぶってみて…長さ、太さ、硬さ、色、玉の大きさなどすべてにおいてタカシさんのペニスより義父のほうが

 勝っていました。

 そして勝手に腰がクネクネと動いてしまい、早くこのペニスが欲しいと思いながら…いつしか自分でアソコを

 触りながらしゃぶっていました。

 私はまだかまだかと心待ちにしながら、義父のことをチラチラ下から見上げながらしゃぶっていましたが、義父はまだ私に

 ペニスをしゃぶらせていたいみたいでした。

 私はもう我慢できずに自分のアソコに指を入れて掻き回していました。

 そしてもう限界でした。

 「お、お義父さま…、欲しいです」と言いましたが、義父は腰に手を当て仁王立ちで私を見降ろしながら、

 聞こえないふりをしています。

 「お、お義父さま…、お義父さまの欲しいです。お願いします」とより声を上げて言いました。

 「わしの何が欲しいんじゃ?ゆかりさん、お願いがあるならちゃんと言わんとわからんよ」と意地悪に言われましたが、

 私はもう我慢できなかったので

 「お義父さまの大きなおちんちん欲しいです。私のおxxこに入れてください」

 「ん、よく言ったな。これはわしが強要したんじゃなくて、タカシがいながらゆかりさんのほうからお願いしたんじゃからな」

  と言うと、私を寝かせて両脚をグッと広げると、義父の太いペニスが私のアソコをグイグイ広げながら押し入ってきました。

 「あうううう、あっ、ああ、お、お義父さま…」久しぶりのペニス…それも太くて…どこまでも奥に入ってくるので

  全身が痺れてしまいました。

 そして子宮の入り口に当たった瞬間、思わず

 「あっ」軽くイッてしまったのでした。

 「お、お義父さま…、き、気持ちいい…、お義父さまのおちんちん気持ちいいです。あっ、もっと、もっとお義父さまの

  おちんちん…ください」と叫んでいました。

  すると義父は奥へ奥へと激しく突いてきました。

 「あぁぁ…、お、お、お義父さま…、またイッちゃいます…。あっ、イッちゃう…」義父はそんな私のことなどお構いなしに、

  私の上に覆い被さりながら、腰をクイクイ突き立ててきます。

  いつの間にか私は義父の背中に手を回して抱きつき、私から唇を重ね、舌を絡ませていました。

  義父と密着して抱き合ったことによってペニスを奥まで刺し込んで来るので、その後も何度もこの態勢でイッてしまいました。

  それから四つん這いされバックから義父の太くて長い弓なりにしなったペニスを挿入され奥まで突かれると

  「すごい当たります…、奥まで…おちんちんが…、お、お義父さま…おxxこ、おxxこ気持ちいい…」とタカシさんの

  前では言ったこともない卑猥な言葉を絶叫して半分意識が飛んでイッてしまいました。

  半分意識が朦朧としていましたが、膣は敏感になっていたので義父のペニスが相変わらず硬さを持続して

  いることだけはわかりました。

  そして正常位の態勢でまたペニスを入れながら

 「ゆかりさん、どうじゃい?タカシとじゃ、こんなセックスできんじゃろ?ん?わしのほうがいいじゃろ?」

  と意地悪に聞いてきました。

 「は、はい、お義父さまのほうがタカシさんよりいいです。お義父さんのおちんちんのほうが…ずっといいです」

  と素直に言いました。

 「ん?じゃあ、またわしとしたいか?」

 「はい、タカシさんより…お義父さんとしたいです」と無意識のうちに言っていました。

 「じゃあ、ゆかりさん…仕上げと行くか!?」と言うと、義父は私の両脚を肩に掛け、今までにないほど高速にさらに

  深く激しく猛烈に突いてきました。

 「あぁぁ…、壊れちゃう‥う、お義父さま…ぁ、あああああ、だ、だめ…イッちゃう…イグ、イグ、イグ……ぅ、あ、

  イグッッッッ…」自分で腰がガクガクして痙攣して、さらに口から泡吹いてイッてしまいました。

 「おぉ、おまんこも痙攣してるぞ…、おぉ締まるわ、ゆかりさん中に出すぞ…中にたっぷり出すぞ、おお、イクぞ」私は

 『お義父さま、中だけはやめてください』と心の中で叫びましたが、声は出ず…そのまま義父に中出しされてしまいました。

 

 私はグッタリし軽く意識が飛んでいましたが、義父のペニスが膣の奥で何度も何度もビクンビクンと脈打ち、最後の一滴まで

 精子を搾り出しているのがわかりました。

 すぐにペニスを抜かずに義父は私のことを抱きしめて

 「ゆかりさん、よかったよ。ありがとな。心配いらんからな…」と言って髪を撫でて、頬っぺたにキスしてくれました。

 

 その夜は自分の部屋には戻らず、そのまま義父の部屋で抱かれながら一夜を過ごしました。

 タカシさんのより比較にならないほど大きくて持続力のあるペニス、タカシさんより女の体を知り尽くしたねちっこい愛撫…

 タカシさんに申し訳ないと思っていても、もう女としての悦びを知ってしまった私がいました。

 

 あの日以来、性欲の強い義父は私の家事の合間を見つけては台所やリビングなどで私を求めてきます。

 頭ではいけないことと思っていても、体は義父の愛撫とペニスを求めてしまっているのでした。

 台所で義父の大きなペニスをしゃぶり、ソファでその大きく黒光りしたペニスをアソコに受け入れます。

 そして夜になれば、私から義父の部屋を訪ねては、また義父の愛撫とペニスを求めてしまうんです。

 「私はもうお義父さまのものです。だからずっと可愛がってください。お義父さまのおちんちんで私のこといっぱい

  可愛がってください」と言って…。