私は(真理)42歳の主婦です。

主人は(隆昭・45歳)サラリーマンをしています。

私達は仲の良い夫婦でしたが、夜の生活はここ数年、月に1度あるかないかのペースでした。

ひとり息子が進学のため家を離れたのをきに私もスーパーでパートを始めたのです。

パートを始めて3ヶ月、店長が転勤になったので送別会がありました。

私も参加した送別会で主任(32歳)に進められ飲み過ぎてしまい酔い潰れて眠ってしまったのです。

眠った私は夢を見ていました。

全裸の私を主人が全身に舌を這わせて、とくに敏感な乳首を吸ったり甘噛するだけで私はHな声を出しています。

舌が私のアソコを上下になぞりクリトリスを責められると私はあっけなく逝ってしまったのです。

主人は私の両膝を広げ私を恥ずかしい格好にしオチンチンをアソコにさだめてきました。

愛撫だけで何度か達していた私は主人のオチンチンを受け入れていきます。

『いつもより、オチンチンが硬くて太い・・・』と、主人の背中に手を廻していつもより激しい挿入に厭らしい声をあげ続けたのでした。

『・・・真理さん、気持ち良いよ。・・・』

えっ?『・・・真理さん・・・』主任の声です。

そうです。

夢の中で主人とセックスをしていると思っていたのですが、主任は酔って意識のない私をラブホテル

に連れ込んだのでした。

私は主任と分かって抵抗をしましたがオチンチンを激しく出し入れされ42歳の熟した身体は快感に流されていくのでした。

「真理さん・・・逝きそうだ。中に出すぞ」

「それだけはやめて!妊娠しちゃう!」

と言うと、主任はゴムのつけてないオチンチンを抜くと私のお腹に射精したのです。

主任はお腹の精子を拭き取りながら『真理さんのHな格好は撮ったから・・・』と、スマホを見せるのです。

主任に写真を消去するように懇願したのですが『セフレになってくれるのなら消してもいい』と言われ仕方なく了承したのです。

そのあと、私はバスルームに連れていかれ主任のオチンチンを咥えさせられ浴槽に手を付きバックから犯されました。

部屋に戻るとまたバスタオルを剥ぎ取られベットの上で抱かれました。

主任は私を貫くと耳元で主任の言うことを復唱するように要求してきました。

『・・・私、〇〇真理は主任のセフレになります。・・・主任が望むときはいつでもセックスします。・・・真理のオメコを使って下さい。・・・オメコして・・・』

『アアッ・・・アンアンッ・・・ダメェ・・・また。逝っちゃう・・・真理・・・逝っちゃう・・・イクッ・・・イクッ・・・主任・・・イクッ・・・オメコ、イクッぅぅぅぅぅぅぅ~』

普段使わない卑猥な言葉に興奮した私は何度目か分からない絶頂を迎えたのです。

ようやく、主任から解放された私はホテルの部屋を飛び出し急いで家に帰りました。

途中で携帯を確認すると午前3時、主人から数え切れないくらい着信していました。

バイブにしていたので分からなかったようですが、あの状況では出られません。

初めて主人以外の男性に抱かれた事等を主人に話すべきか答えが見つからないまま、家に着いてしまいました。

恐る恐る玄関を開けると心配そうな主人の顔・・・私は主人の胸に飛び込んで泣いてしまいました。

覚悟を決めた私は主人に総てを話しました。

主人は話しを聞き終ると私の手を引き寝室に連れて行かれました。

「真理・・・裸になってベットに横になるんだ・・・」

「・・・待って・・・シャワーしていないの・・・」

「いいから、裸になれ・・・」

主人に言われ仕方なく全裸でベットに横になりました。

「・・・脚を広げろ・・・」

明るい寝室で先程まで主任のオチンチンに犯されていたアソコを覗き込む主人・・・

主任のオチンチンの快感が残っている私のアソコは愛液が流れるのを感じました。

「赤く充血している・・・グチュグチュだ。何回されたんだ。」

「・・・ごめんなさい・・・3回・・・」

「3回も・・・気持ちよかったのか?」

「・・・・・・・・・・・・」

「良かったのか?」

「・・・ごめんなさい・・・」

私の返事を聞くと主人も裸になりました。

いきなり私のアソコにオチンチンを突き入れてきました。

「・・・こんな事をされたのか?」

「うっ・・・はい・・・」

「・・・クッソー・・・」

「・・・あなた・・・許して・・・」

「まさか・・・声を出して逝ったのか?・・・」

「・・・・・・・・・・・・・」

「逝ったのか?・・・何回逝った?」

「・・・分からないわ・・・アアッ・・・アンッ・・・あなた・・・激しい・・・」

「回数が分からない位、逝かされたのか?」

「アアッ・・・イイ・・・あなた・・・ごめんなさい・・・」

「『これからもセックスさせろ』って言われなかったか?」

「・・・言われました・・・セフレになれって・・・アアッ・・・イイッ~」

「今夜、正直に総てを話さなかったら主任のセフレになっていたのか?」

「・・・たぶん・・・」

「主任の玩具にされて3Pさせられたり他の男とセックスさせられていたかも・・・」

「イヤッ・・・怖いわ・・・」

「真理をそんな女に、俺がしてやろうか?」

「・・・あなた、許してくれるの?今夜の事・・・許してくれるのなら真理はあなたの言う事は総て聞くわ。あなたの望む女になるから許して・・・」

「だが・・・あいつだけは許せない・・・」

「・・・あなた・・・今夜の事を忘れるくらい激しくして・・・あなたの思うHな奥さんになるわ・・・」

その夜は、主人からも激しく責められフラフラになって朝を迎えたのでした。

翌日、パート先のスーパーに主人が電話をして事が明るみに出で、結局、主任は解雇され私もパートを辞めました。

あんな事があってから、月に1度の夜の生活は頻繁になり私を求めてくれます。

主人に連れられて温泉に行った時のことです。

混浴に行ってみると女性は私1人。

男性は主人をいれて10人位でした。

湯船に浸かるとすぐに主人にバスタオルを剥ぎ取られ男性陣に裸を見られました。

洗い場にバスタオルをひいてその上でオナニーするように命じられ、見知らぬ男性達に私の破廉恥な声を聞かれ、逝き顔をみられ大きな快感に包まれました。

主人は私が誰かとセックスする事で興奮するみたいです。

主人の学生時代の友達を家に招いて私のH写真やDVDを見せて私を裸同然の格好で接待したあと主人とお友達に愛してもらう事が何度かありました。

来月、主人は1週間の出張があります。

その時、私はその友達に貸し出されます。

主人の友達は会社を経営していて六甲山に別荘を持っており1週間の間、仲間達で私を公衆便所女にするそうです。

こんな私にも悩みがあります。

主人が私に息子とセックスしろと迫ります。

逆らえない私は先週、息子の住む東京に行きました。

遅くまで話し込んだあと二人は枕を並べて寝ました。

1時間位しても息子はまだ眠っていないようです。

何度も寝返りを打つ息子の隣の布団の中で私はパジャマを脱ぎ下着姿になりました。

パンティーの中に手を入れるともう既にビショビショです。

指で刺激すると淫靡な声がでます。

息子に聞かれていると思うと刺激が増幅されるのです。

わざと掛け布団を跳ね除け息子によく見えるようにオナニーしていると『・・・ママ・・・』と、息子の声・・・

息子もパジャマを下げてオチンチンを扱いていました。

私は息子に近づき『ママがしてあげる・・・』と、咥えてあげました。

「ママ・・・気持ちいいよ・・・逝きそうだ・・・ママ・・・出る」

「いいのよ・・・出して・・・ママが飲んであげる・・・」

「・・・うっ・・・」

息子は私の口に射精したのです。

飲み込む私に息子が『ママとセックスしたい』と言ったのです。

射精してもビンビンの息子は私を押し倒しオチンチンで狙いを定めて亀頭部分が私に押し入ってきた時でした。

『・・・ガチャ・・・』

玄関が開いた音でした。

「〇〇。今晩泊めてよ。」

息子の友達でした。

幸い玄関から私達が見えない間取りでしたので、近親相姦を見られなくて良かったです。

主人にも『未遂に終った』と、報告すると『もう1度、東京に行ったら・・・』と。言われました。

息子からメールで『ママ、続きがしたい・・・』

近いうち、息子と近親相姦するでしょう。

私が酔って間違いが起きたことから、私の人生は大きく変わりました。

どこまで、淫乱な主婦になるのでしょうか?