2年前、私は妻と結婚した。

妻とは10歳も年が離れ(私33歳、妻23歳)ていたが、しっかり者の妻の提案で、妻の実家に

一緒に住む事になったんです。(世に言うマスオさんですね)

妻の実家には両親(義父47歳と義母41歳)が住んでおり、弟(21歳)は大学生で、アパートで

暮らしていたので、2階は全て使えたし何より家事は全て義母がしてくれたので、妻にしても

楽だったんだと思う。

それと私達にはまだ子供がいません。それも妻が30歳までお金を貯めて、家を建てた後に

子供を…そう考えていたからでした。

妻の両親との生活は凄く快適なものでした。

特に義母は優しく気が利く女性で、年も妻よりも義母の方が近かった事もあり、話が合うと

言った感じでしたし、妻が介護の仕事だった事で、夜勤もあって義母と居る時間が多かった

んです。

ある夏の夜、義父と一緒に晩酌をしていると、風呂上りの義母がリビングに戻って来ました。

義母は薄手のワンピース姿で、胸の張出した先端にはポツリと出っ張りが見える事から

下着は付けていないんだと思いました。

 「私もビール頂こうかしら…」

 「コップ冷えてるの冷蔵庫に入ってるぞ」

 「ん~」

コップを手に戻った義母が私の目の前のソファーに座り、瓶ビールに手を掛けたので、私は

義母からビールを取り、注いで上げようと身を乗り出したんです。

すると義母の胸元から胸の谷間が見え、しかも乳首まで見えてしまいました。

Fカップと聞いていましたが、凄い大きさで乳首もピンク色で綺麗な形でした。

ドキドキしながら数秒間と言う時間を楽しみ、注ぎ終えた義母と乾杯をして酒を飲み始めたんです。

良い感じに酒の酔いが回った頃に

 父「誠君!夜の方はどうだね?上手くいってるのか?」

 私「えっ…夜ですか?まぁそれなりに」

 父「それなりじゃ駄目だよ!毎晩頑張らないと」

 私「毎晩ですか?それは…」

 父「沙紀も母さんの子供何だからエッチ好きな筈なんだが…」

 母「お父さん!何言ってるの?酔ってるのね…誠さん聞き流していいからね」

 私「えっ…え~」

 父「コイツはこう見えて夜の方は凄いぞ!激しいからなぁ」

 母「お父さん…何言いだすの?恥ずかしいでしょ」

 父「良いじゃないか?誠君だって家族なんだし」

 私「お義母さん!エッチなんですか?」

 母「誠さんまで…もう知らない!」

 父「誠君から見る母さんはどうだ?魅力的か?」

 私「え~凄く素敵な女性だと思いますよ」

 父「ほぉほぉ!素敵って…エロいって事かな?」

 私「そうですね!色気ムンムンって感じですね」

 母「もう誠さん上手なんだから」

先程から義母の股は緩みスカートの奥に薄緑色のレースのパンティが見え隠れしていて

気になって仕方ありませんでした。そんな中、義母の話になって股間は熱くなると同時に

大きく反応を示していました。

 父「沙紀と母さん…女性としてどっちが魅力的かなぁ?」

 私「お義母さんの方が女性として魅力的だと思いますよ。料理も上手だし」

 父「母さん良かったなぁ!誠君がお前を気に入ってくれているみたいだ」

 母「もう!ごめんなさいね!でも嬉しいわ誠さん」

エッチな話で盛り上がった事もあり、いつも以上に酒を飲んだ私はリビングのソファーに寄り

掛る様になりながら浅い眠りに就いてしまった様です。

何分が過ぎたのか?意識朦朧となる私の耳に両親の会話が霞む様に聞えたんです。

 父「母さん!アソコ濡れ捲ってるんだろう」

 母「もうお父さん…誠さんが居るのよ、恥ずかしいじゃない!」

 父「もう寝込んでいるよ!誠君にお前の全てを曝け出して、彼の若い肉棒を挿し込んで貰うか?」

 母「何言ってるの?沙紀に怒られるわ」

 父「夜勤で居ないんだ!大丈夫だよ」

 母「そう言う事じゃ無いでしょ!」

 父「お前だって誠君が股間を大きくさせていたの見たんだろう!」

 母「そうね!でも駄目よ」

 父「もう我慢出来ん!早く服を脱いで全裸に…」

 母「ここで…誠さんが寝てるのに…もし起きちゃったら」

 父「その時はお前の厭らしい姿を見せてやればいいさ」

 母「そんな!恥ずかしいわ」

目を開けることも出来ない状態でしたが、会話の内容から両親がSEXを始めたんだと思います。

”ガサガサ”と衣服を脱ぐ音!”パンパン”と皮膚が当る音!

ドンドン意識が朦朧となり夢なのか?本当なのか?分からない状況。

 父「母さん!今日はいつもより濡れ捲ってるじゃないか?」

 母「そんな事言わないで…誠さんが直ぐ側に居るのに…こんな姿見られたら」

 父「誠君が居るから興奮しているんだろう!目を開ければ母さんのマンコが見えちゃうな」

 母「あなた…そんなに開かないで…あぁ~本当に見られちゃうわ」

 父「誠君…すっかり寝込んで…母さんがこんなにエッチだと知ったら喜ぶかなぁ?絶望するかな?」

 母「もう目を合わせられないわ!」

 父「誠君!母さんが祐二(弟)にも抱かれていると知ったら」

 母「あなた!それだけは口にしちゃダメよ」

 父「祐二の性処理をしていると知ったら、誠君もお願いするんじゃないか?」

 母「ダメ!これ以上家族関係を壊したくないの!」

 父「そう言いながらも、今でも祐二の所に通っている癖に」

 母「だって祐二から呼び出されるんだもん!もう逆らえないわ」

 父「彼女でも出来ればなぁ…でも母さんの身体知ったら…」

目が覚めたのは朝方で、部屋は明るく辺りには両親の姿もありません。ただ、私の身体には毛布が

掛けられていたんです。

もう一眠りをした後、義母がキッチンでちょっと遅めの朝食の準備を始めていました。

顔を洗い両親と向かい合う様にテーブルに座ると昨晩の会話が所何処と思い出すんです。

記憶も飛び飛びで定かでは無く、本当の事なのか?夢だったのか?

だた、義母は私を直視する事はなく、何かを気にしている様に感じました。

それから暫くして、私は昨晩の出来事が本当の事だと知るんです。