会社の命令で、私(43歳)は地方の営業所へ転勤が命じられました。

初めは家のローンもあるし…そう思ったんですが、短期間(1年半程)と言う事で了承したんです。

短期間と言う事で、私1人単身赴任と考えていたんですが、息子(高校1年)が、

”母ちゃんも一緒に行ったら…”と言うんです。

 「お前はどうするんだよ?」

 「爺ちゃん家で暮らす!部屋空いてるし、爺ちゃん達も喜ぶでしょ!」

 「それはそうだけど…」

 「母ちゃん口うるさいし…それに比べ爺ちゃん達は何も言わないから気楽だし」

 「何それ…」

 「まぁ、その方が自立するかも知れないし、良いんじゃないか?両親に頼んでみて」

そんな訳で、息子を両親に頼み夫婦で地方へ向かう事になったんです。

会社で用意してくれた借家は、街の中心部から数キロ離れた所にあって、築40年を超える

古い長屋でした。

引っ越し当日、長屋の直ぐ隣に住む大家さんが手伝いに来てくれました。

 「今日からお世話になります」

 「こんな古い部屋を借りてくれて、ありがたい…」

 「この辺は静かで良い所ですね!」

 「田んぼばかりの田舎だから…」

中年太りのぽっこりお腹に禿げ上がった頭、見た目から60代だと思われました。

引っ越し業者に大きな荷物を運び入れて貰い、小さな物を運んでいると、大家さんの視線が

妻のお尻や胸に向けられている様に感じました。

妻(真奈美:38歳)は水ト麻美アナに似てポッチャリ体系で、ちょっと天然な無防備妻でした。

その日の妻はボーダーのワンピース(タケが短い)にスパッツを履いていたんですが、

生地が薄く透けて下着がハッキリ分かる物でした。

 「今日は、引っ越しまで手伝って貰ってすいませんでした」

 「いえいえ!今後も何か手伝う事があれば遠慮なく言って下さいね」

凄く感じの良い大家さんでしたが、相変わらず妻の姿をチラチラ伺う様子も見受けられ、エロ親父と言う

印象が強かったんです。

大家さんが帰ってからも妻と荷物の片付けをして、何とか生活出来る様になったのは、夜の19時を

過ぎた頃でした。

その日の夕食は近くのコンビニで済ませ、疲れた体を癒す様に風呂に入ると妻と交代する様に

寝室へ向かったんです。

寝室のベットに横になりながら、ふと気づいたのはベットの脇にある柱の陰の壁に小さな穴が

数か所空いている事を発見しました。

古い建物だったし至る所に亀裂もあったので、老朽化による穴だと思っていたし、隣の部屋は

空いていると聞いていたので、気にも留めませんでした。

その後、妻が風呂から上がって寝室に戻って来たので、初夜を楽しもうとベットへ押し倒し、

妻のパジャマを脱がせていったんです。

 「もうパパったら…初日からするの?」

 「良いじゃないか!息子も居ないんだし声出しても良いんだよ」

 「そうだけど…もうパパのチンチンこんなになって…」

 「今日の引っ越し業者さん!お前の下着姿に勃起してたんじゃないか?」

 「スパッツ履いてたし…見てないよ」

 「スパッツ透け透けでパンツ透けてたし」

 「え~そうかなぁ!」

 「若かったし、筋肉も凄かったよなぁ!アソコも大きいんじゃないか?」

 「もう変態なんだから…」

そう言いながらも妻は息を荒らし、マンコはエッチな汁でヌルヌル状態でした。

勃起する私の肉棒を掴みながら、やがて妻は口に咥えると激しく吸い始めたんです。

 「ママ!今日は凄いよ!こんなにエッチになって…」

 「だってパパが変な事言うから」

 「業者さん!ママがこんな淫乱だと知ったら驚くだろうなぁ…見せてあげれば良かったかなぁ」

 「ママのエッチなマンコ…凄く濡れ!大きなチンポを何本も咥えさせてみたいよ」

いつからか?私は妻が他人に抱かれる事を想像すると、凄く興奮する様になっていました。

そんな欲求からか?エッチをする時は、色々なシュツエーションでエッチな言葉で責める様に

なっていました。勿論、初めは妻も嫌がっていましたが、今では慣れたと言うより妻も私の言葉に

興奮する様になった様です。

お互い最高潮に興奮が高まった所で、妻を四つん這いにし、バックから怒り狂った肉棒を

妻のマンコへ挿し込んで激しく突き捲るんです。

 「パパ!もう逝っちゃう…逝っちゃう…」

 「もっと大きなチンポを挿し込んで貰いたいんだろう!」

 「これ以上大きいの入れたら…変になっちゃうわ…」

 「ママがもっとエッチになる姿見て見たいよ」

 「あ~ダメ…逝っちゃう」

ガクガクさせながら力が抜ける妻と同時に、私も絶頂を迎え射精しました。

引っ越して1ヵ月程が過ぎ、仕事にも生活にも慣れた頃でしょうか?

回覧板を届けに来た大家さんが玄関先で妻と話しをしていました。

大家さんの視線には、女を見る厭らしさが伺え妻の体を舐める様に見ている様に感じたんです。

すると妻が回覧板を床に置くと何かを書き始め、それを上から覗きこむ様に大家さんがニヤニヤしながら

見ていました。

その日の妻は首元が大きく開いたシャツを着ており、首元から胸の谷間が見えているんでしょう。

明らかに大家さんのエロ親父ぶりが伺えましたが、見られている妻の姿に私自信興奮していました。

やがて私も玄関先に向かい、大家さんに挨拶をすると”お茶でも飲んで行って下さい”と言い

大家さんに中に入って貰ったんです。

世間話をしている内に、大家さんが一人身(離婚した)だと知りました。

そんな話をしている最中、大家さんの視線はリビングのカーテンレールに干されている妻の下着で

ジロジロと下着と妻を見比べている様に思えました。

妻が回覧板をお隣さんへ届けに向かったので、私もトイレに立つと、大家さんは大胆にも干されている

妻の下着を手に鼻先へ当て臭いを嗅いでいるのを見てしまいました。

本来なら腹立たしい所ですが、私の鼓動は高まり異常な興奮が湧き上がったんです。

その夜、私は昼間の事を思い出し、興奮が湧き上がる中、ベットで妻が来るのを待ちました。

そしてベットの脇の穴が以前より少し大きくなっている事に気づくんです。