休日に何もすることがないので、出会い系を久しぶりに使い、今すぐ会える関係がいいなって思い探していた。

俺は彼女もできたことがない、仕事も普通にしています。

休みの日ってこともあり、どっか温泉とか入ったりして1泊もいいなって思っていたときに、ふと、3P希望って書いてあるのを見つけた。

だが、俺よりはるかに年下これはダメだと思い1回目はパス。

しばらく探して、10分くらいしたとき、また3Pと書いてあった。

開いてみると俺より年上の人妻さん2人が写っていた。

バツイチ同士でしかも親友同士、今から会えると書いてあった。

俺は3Pも実はエッチもしたことがなく、さっそく連絡をしてみた。

5分くらい話、待ち合わせ場所である△△駅に向かった。

早く着きすぎたのかまだ相手側がいなく、俺は近くの喫茶店に入り、連絡を取って3分後待ち合わせ場所に着いた。

???『はじめまして、さっき話していた優子です』

オレ『はじめまして、よろしくお願いします』

???『はじめまして、私は怜子です』

優子さんに怜子さん、2人は30手前のバツイチ同士だった。

優子『◯◯さんは、こういうことをするのは初めてですか?』

オレ『そうですね、久しぶりって感じですね』

怜子『じゃ、前にもしたことがあるんですね?』

オレ『いえ、いまだにしたことがないんですよ』

2人はびっくりした表情をしていた。

優子『今日は私たちがいっぱい◯◯さんに教えてあげる』

オレ『はい、楽しみです』

怜子『じゃ、行きましょう◯◯さん!』

そう言われ俺は両手に花と言ってもいいくらいの元人妻2人と歩いていた。

周りから見ると何をしているんだと思われていたと思う。

それからしばらくして、ラブホ街に到着した。

優子『◯◯さん、みんなで今日は折半しましょうね、その分いっぱいいいことしてあげるから』

怜子『そうそ、◯◯さんの初めて私たちがもらうんだから』

オレ『そうですね…ありがとうございます!』

優子『怜子、あそこのホテルにしよっか』

怜子『優子に任せるわ』

2人のリードにより俺は、初めてのラブホに入った。

オレ『優子さんも怜子さんもすごく仲良しな方で安心しました』

優子『そう?私たち幼い頃からの知り合いなの』

怜子『小学校からの同級生だもん』

オレ『そうなんですね』

優子さんは永作博美似、怜子さんは竹内結子似それぞれ雰囲気が似ていた。

優子『このお部屋で決定!』

怜子『◯◯さん、おいで、緊張しなくていいから』

オレ『あっはい…』

俺は本当に今からこの2人と3Pをするんだと考えると緊張しまくりだった。

エレベーターの中に入ると突然2人俺の股間を触ってきた。

優子『◯◯さんもうこんなにしちゃって』

怜子『ほんと、◯◯さん今日はいっぱい出してね』

俺は頭が真っ白になり、頷くことしかできなかった。

そして部屋に入るなり、ラブホは前払いをするようになっているらしく、優子さんが支払いをした。

優子『◯◯さん、今から私と怜子ちょっと身体洗ってくるから待ってて』

怜子『1人でしちゃだめだぞ!』

オレ『あっはい…待ってます』

そして、優子さんと怜子さんは脱衣所で脱ぐかと思いきや俺の目の前で突然脱ぎ始めた。

怜子『◯◯さん、何緊張してるの、見ていいんだよ』

優子『怜子、◯◯さんそんなに見せられたら1人で今しちゃうわよ』

2人ともかなりスタイルが良く、巨乳でだった。2人ともEカップ以上はあった。

下着がそのままになっていたので、俺は片付けようと思ったが思わずパンツをチンコに擦りつけた。

怜子さんと優子さんのパンツは2人とも純白で清楚な下着だった。

しばらくして2人はバスローブ姿でベッドに入ってきた。

怜子『◯◯さん、パンツだけになりなさい』

優子『私達のこんな姿見たら、もうビンビンになってるでしょ?』

怜子『あっ〜◯◯さんもうこんなに大きくしちゃって』

オレ『だって…2人がそんな姿になってると…』

2人はバスローブをとり、全裸になり俺はさらに興奮した。

怜子『◯◯さん、優子と私どっちから一緒にしたい?それとも2人を気持ちよくしてくれる?』

オレ『怜子さん…あっ…』

優子『しょうがないな、◯◯さん私たちもう我慢できないの…』

オレ『優子さん…』

2人はそう言うと、俺のチンコをパンツの上から舐めたり、パンツの間から手を入れ触ってくれた。

優子『◯◯さん見せて』

オレ『はい…』

2人『わ〜大きい…いいちんぽ』

怜子『いっぱい舐めてあげなきゃ』

怜子さんは俺のチンコを咥え、優子さんは俺の乳首を触ったりキンタマを触ったりしてきた。

怜子『こんなに我慢汁出しちゃって、優子も舐めてあげな』

優子『そうね、◯◯さんのちんぽ私も舐めたかったから』

優子さんと怜子さんがチェンジ、同じようなことしてくれた。

オレ『気持ちいいです…そんなにされたら出ちゃいそう…』

優子『◯◯さんだめよ、私たちのこと気持ちよくして』

怜子『私たちのこと好きにしていいよ』

俺はそう言われ2人のおっぱいを触ったり乳首を触ったりと、AVを見て知ったことをしていた。

怜子『あっ…あん…◯◯さん上手…』

優子『怜子ばっかりじゃなくて私にもしてよ』

2人ともとても敏感でおマンコもすぐぐちゃぐちゃになっていた。

優子『怜子私先に入れるわよ』

怜子『あっ〜ズルいよ、じゃ◯◯さん私のココ舐めて』

怜子さんは俺の顔の上におマンコを擦り付け俺は舐めた。

優子『◯◯さん入ってるのわかる?すごいビンビン…あん〜気持ちいい〜』

2人はとってもエロく、俺は本当に最高の気持ちだった。

怜子『◯◯さん私にも入れて…』

優子『じゃ私のおマンコを舐めて』

また2人はチェンジし、今度は怜子さんのおマンコだった。

3Pがこんな形でできるとは思わず、俺は最高だった。

オレ『出ちゃいそう…』

2人『見ててあげる…いっぱいザーメン出して…あっ…』

オレ『イク…あっ…イク』

俺は溜まっていたザーメンをいっぱい出した。

怜子『すごいいっぱい出たね、お掃除してあげなきゃ』

2人はお掃除フェラをしてくれた。

優子『まだ若いわね、すぐこんなに大きくしちゃって』

オレ『そ、そんなことない…あっ…』

優子さんに出したばっかりなのに手コキをされ、俺は思わず男の潮吹きみたいなことをされた。

怜子『◯◯さん、まだまだ時間はあるからいっぱいしましょうね』

その後3回行い、時間となってしまったのでホテルを後にした。

怜子『今日は本当に良かったわ』

優子『◯◯さんありがとう…』

2人はキスをしてくれた。

怜子『気に入った、もう出会い系でなんて話をしないで直接連絡して』

そう言われ2人は俺に連絡先を教えてくれ、今でもたまに3人で、もちろん2人っきりですることもたまにしている。

最近は、怜子さんがまた再婚したらしく、優子さんとしか関係はないが、いろいろ教えてもらっている。

俺の最初で最後の3Pだと思う。