ニュ-タウンに住む40になる専業主婦です。

夫との性活は既に冷め切っています。

夫と付き合い始め無理やり中だしされ妊娠し堕胎した責任を取らせて結婚しました。

そして二人の子供に恵まれ普通の暮らしをしていました。

夫との性活が遠のき不審に思っていたところ浮気していることが分かりました。

落ち込み悩んでいるとき高校の同窓会の案内が届き元カレに再会しました。

彼とは童貞と処女で初めてセックスをした仲でした。

懐かしさと彼の優しさについ心ときめかせてしまいました。

再会を約し家に戻るとつい夫と比べてしまい彼からの連絡を待っていました。

ママ友と食事に行くと夫にウソを言って彼との待ち合わせ場所に向かいました。

美味しい食事とあの頃に戻ったような楽しい会話で彼に気持ちを読まれてしまったかも。

そのまま自然のようにラブホに誘われました。

彼の優しい愛撫に声を押し殺し乳房にキスマ-クをつけられそして彼の顔が下腹部へ。

恥かしさの中足を広げされられ彼の優しいクニリングスについ声を出し軽くイッテしまいました。

69になり彼のクニリングスを受けながら夫より硬く太く大きく反り返っている彼自身を美味しく咥え込み

味わいました。

彼が正常位で私の中に生で入ってきました。

「また生でひとつに繋がってるよ」

私の中で暴れているのは夫ではなく夢にまで見た彼自身である嬉しさからしがみつき足を広げると

「奥まで入れるよ」

頷くと同時にズンッズンッと奥深く彼自身を受け入れた快感で大きな声を出してしまいました。

彼も私とのセックスで興奮したのか屈曲位で私の中で激しく暴れまわり

「中で いいかい」

安全日なので頷くのが精いっぱいの中彼は激しく腰を打ち付け

「いくっ」とうめき声をあげ私の名前を呼びながら彼自身を脈動させ奥深くに温かな精液をたっぷりと

解き放ってくれました。

「出されてる~」と力いっぱいしがみつきエクスタシ-の中、彼の精液すべてを受け入れました。

結婚後夫以外の男性の精液を中に受け入れるのは初めてで深いエクスタシ-を彼から教えられてしまいました。

次の逢瀬では69を楽しみ彼の愛撫に翻弄されていると生で私の中に勢いよく入ってきました。

「今日は危ないの」

彼は頷きながら私を歓喜の坩堝の中で激しく愛してくれました。

「中に出すよ」と彼は中だしを望み彼自身を奥深く押し込んできました。

「ダメッ できちゃう」と抵抗すると

「大丈夫 カットしてるから」

彼が激しく私自身の中で暴れ始め歓喜の中しがみつき危険日の禁断の射精で意識を失いかけるほどの

エクスタシ-を味わいながら彼の温かな精液すべてを受け入れました。

彼とのセックスではゴムを使うことはなく

「どこに出す」

「中 中に頂戴」

と合言葉を決めいつも彼の温かな精液をエクスタシ-とともに奥深く受け入れ続けました。

彼に危険日中だしで深いエクスタシ-と精液を受け入れ時に仰け反り頭が真っ白になるほどの快感を教え込まれて

しまいました。

彼にお泊り温泉旅行をおねだりすると喜んでくれました。

夫以外の男性と外泊するのは初めて。

最愛の彼との危険日お泊り温泉旅行に身も心もときめいてしまいました。

夫には大学の同級生と旅行に行くとウソを言って。

新幹線の中では夫婦のように会話を楽しみ駅近くの有名な料理屋で食事をしていると隣席の老夫婦から

「中が良くて いいですね」とも言われて。

レンタカ-で優美な景色を楽しみながら予約した温泉ホテル旅館に向かいました。

彼が宿帳に私の名前を書き「妻」と書いてくれました。

仲居さんに部屋に案内され景色を眺めお茶を飲みひと段落すると彼に抱き寄せられてしまいました。

「まだ 日が高いわよ」

着衣のまま彼は私の下着だけ剥ぎ取りクニリングスを始め69を楽しみました。

興奮の歓喜の中激しく私の中で暴れ始め彼にしがみつくと同時にうめきながら温かな精液を奥深く注ぎ込んでくれました。

浴衣に着替え温泉をゆったりと浴び出口で待ち合わせ土産物屋を散策しました。

まるで夫婦みたいに。

部屋に戻ると夕食の準備が整っていました。

ビールで乾杯しながら彼に「飲みすぎないでね」と告げると嬉しそうに頷き微笑んでいました。

食事の後片付けの間温泉を浴びに行き部屋に戻ると布団が2組並べられていました。

「一組でいいのにね」

布団の上で仰向けに大の字になると彼自身は既に浴衣を盛り上げていました。

「元気ね うれしい」

彼自身をフェラチオで美味しく味わいいつもの69をゆったりと楽しんでしまいました。

「今日は危険日だろう」と耳元でささやきながら硬く反り返った彼自身を私の中にすべて押し込んでくれました。

声を押し殺し彼にしがみつき激しい腰の動きに歓喜のエクスタシ-の波に翻弄され続けていると

「イクッ」と呻きながら私の名前を呼呼び始めるので彼の腰に力いっぱいしがみつくと

「どこに出す」

「中っ 中にいっぱい頂戴っ」

いつものように温かな精液を勢いよく危険日の私の奥深くに注ぎ込んでくれました。

彼に愛されている満足感で大きな声を出しながら彼の精液すべてをエクスタシ-の中仰け反り受け入れました。

2度目も私のフェラチオから騎乗位で彼自身を激しくたっぷりと受け入れ続け彼にしがみつき翻弄され女の喜びの中

大きな声を出しながらしがみつき温かな精液を受け入れました。

横で寝息を立てている彼を見つめながら彼に愛されている幸せを満喫しました。

朝食を済ませチェックアウトまでの間にも彼は私を求めてきました。

着衣のまま彼を受け入れる興奮の中彼は私の中で激しく暴れまわり温かな精液を注ぎこみ続けてくれました。

もう彼から離れられない彼色に染められた体になってしまったかもしれません。

レンタカーで名所を回り新幹線に乗り「まだ時間があるね」といつものラブホへ。

「もうあなたのもので私の中はいっぱいよ」

淫靡な69を堪能し硬く反り返った彼自身を気持ちよく受け入れ彼の腰の動きに翻弄され大きな声を出しながら

しがみつきエクスタシ-を味わい続けました。

乳房のキスマ-クと私の奥深く彼の温かな精液をたっぷり受け入れたまま家に戻りました。

夫はなんら興味を示さないことをいいことに私は彼の温かな精液を奥深く受け入れ続けています。

私の中に注ぎ込まれた精液は夫より最愛の彼のほうが量も回数も多くなっていると思います。

ママ友から「最近 綺麗になったわね」と言われます。

「愛する彼の精液を受け入れ続けているからよ」とは言えません。

最愛の彼とのW不倫お泊り温泉旅行を思い出すと子宮が疼いてしまいます。

そしてこの子宮の疼きはいつも彼の温かな精液を受け入れて沈めてもらっています。