これは奇跡の再会というべき話です。

この話は、去年の7月にさかのぼります。僕の勤めている会社(といっても総勢でも7人という小さな事務所)で事務職の女性を探していたときです。37歳の奥さんが応募してきました。僕としては、もう少し若い方を探していました。イメージ的に、パソコンとか使えそうにないなとかたいした理由ではないのですが、、、。それで、ある部下に面接をさせました。しかし、本人が来ると、何か見覚えのある女性でした。女性が帰り、部下から履歴書を受け取り、面接の様子を確認しました。その部下は、特に問題はなく、採用してもよいのではという答えでした。

そして、履歴書の名前、年齢など見て思い出したのです。僕はそっけなく採用にしようと、部下に気づかれないように言いました。

それは20年前のことです。僕は、同級生の友達と2人で彼の部屋で遊んでいて、隣で彼の妹と、その友達も遊んでいました。同級生の彼は、2人を部屋に呼び、お互いカップルになって、SEXしようみたいな提案をしてきました。どうも、彼と妹の中では、決めていたようなのです。僕は、彼の妹とSEXすることになったのです。両親が帰ってくるまで約5時間くらい時間はあり、そのとき、僕は2回発射したのです。

そしてそのときの、妹さんがその奥さんだったのです。苗字が変わっていたのですぐには気づきませんでしたが、1回の事ですがよく自分でも覚えていたなと感心してしまいました。奥さんは僕のことを気づいていないようでした。

そして、採用して2週間後の日曜の昼間に、歓迎会を開きました。つつがなく会は終わり、ほかのスタッフは日曜ということで、それぞれ家に帰っていきました。僕は、5年前にバツ1を喰らい、独身です。奥さんのほうは、日曜はご主人が仕事で、1人娘も高校生で部活の遠征があるということで、時間はあるといいました。僕は、奥さんの制服が手に入ったので、会社で1度試着してみますか?と誘い、事務所に連れて行くことにしました。うちの制服ちょっとかわいくて、ほかの女性スタッフもかわいく着こなしてくれているので、奥さんも期待してついてきてくれました。

事務所に入り、僕は制服を手渡し、奥さんに着替えてくるように指示しました。しばらくして、更衣室から奥さんは出てきてくれました。

「思った以上にかわいいです、仕事が楽しくなりそうです。サイズがちょっと小さいような気がするのですが、、、。」

「でもこの間のサイズを手配しているから、間違いないよ、すごく似合ってると思うけど、、。」

実は、少し細工しています。知り合いで、裁縫のできる方がいてちょっとお願いしていたのです。ブラウスの両脇を少し絞り込み、胸の形がくっきりするように改造し、スカートも裾を若干絞り、ヒップラインもくっきり出ます。しかも、丈も短くしたいとのことだったのですが、膝上10センチ位になるように改造しました。ほかの女子も少し改造しているし、違和感ないよと安心させるようにもって行きました。

「奥さんていうか、あゆみさん、、、。僕のこと覚えてないですか?20年前のことなんだけど、、、。」

「えっ、20年前ですか、、、?私高校生のときですか、、、?何だろう、、?わからないです。」

「あゆみさんのお兄ちゃんの友達で、博之っていうんだけど、1回だけなんだけど、、、、。思い出した、、。あれだよあれ、、、。」

そして、あゆみさんもようやく思い出したようです。

「思い出しました、、、。あのときの人なんですね、、、。あのときのことは内緒でお願いします。家族がいるので、お願いします。」

「大丈夫だよ、僕もそんな馬鹿じゃないし、、、。でも、大人になったね、すごく色っぽい身体つきになったね、、、。僕興奮しちゃうよ、、。」

「そんな事言わないでください、、、。私まで興奮しちゃいます。」

僕は、あゆみさんの腕をつかみ身体中を弄り、唇を奪いました。あの時もボリュームありましたが、おっぱいが90センチはあろうかという大きさで、ヒップもムチムチです。あゆみさんは、興奮し吐息を漏らし、喘ぎへと変わっていきます。僕の左手はついに、ストッキングの中に入り、ショーツの中へと進んでいきました。すると、急に腰を後ろにそらし、拒否反応を示しました。構わず手を入れていくとなんと、パイパンでした。僕は一気に2枚をずらし、股間をさらけ出しました。

「あゆみさんはこういう趣味なの?それとも、ご主人の趣味?これ、今後のことがあるから、ちゃんと答えて!」

少し強めに言いました。

「実は、、、。義理のお父さんの趣味なの、、、。子供ができてから、主人に相手してもらえなくて、5年ほど前に、義理のお父さんに初めて犯され、それからずっと関係が続いていて、でも、、半年前に義理のお父さんが亡くなってしまい、欲求不満の限界が来ていたのです。仕事を見つけて、外に出たら、何かあるかもと思って、、、。」

「それなら、話は早いですね。たっぷりかわいがってあげるから、安心しなよ。」

僕はズボンをずらし、硬く勃起したチンポをあゆみさんの前に見せ付けました。あゆみさんは瞬間にしゃがみこみ、口に咥え込み、フェラを始めました。だいぶ教え込まれたのでしょう。唾でやらしい音を立てながら、喉の奥まで深く咥え込んで行きました。僕も歩みさんのブラウスのボタンをはずし、ブラを上にずらし、大きなおっぱいを曝け出させました。脚もいっぱいに広げさせ、オマンコはすでに、やらしい汁がたれ、べとべとしているように見えます。

「あゆみさんのここ、準備万全じゃないですか、こんなにねちゃねちゃと音がしますよ、ちょっと、やらしいすぎないですか?」

「そんなこと言わないで、意地悪いわないで、早く硬くなったあれで、突いてください。」

「子供じゃないんだから、、、。あれじゃわからないですよ、、。何をどうしたいかはっきり言ってください。」

「もう、わかったから、、。博之さんの硬いチンポであゆみのグチョグチョのオマンコを激しくかき混ぜてください!!もう、、、。いやだ、、、。私なにいってるんだろう、、、?」

僕は、ゆっくりと先のほうからあゆみさんのオマンコを擦るように近づけ、チンポをあゆみさんの汁でべとべとにし、挿入していきました。今までと違う、喘ぎ声があゆみさんから漏れていきます。

最初は、事務所の応接用のテーブルに仰向けにし、正常位で、続けてソファーに手をつかせバックから、再び正常位に戻り、あゆみさんの大きなおっぱいに、僕の白くにごった汁をぶちまけました。

次の日から、何もなかったように2人は仕事をしました。あゆみさんは昨日試着した制服を着用し、仕事をしています。他の女性人からも好評で、特に違和感なく仕事をしていました。

それから、何もなく2週間がさらに過ぎていきました。あゆみさんのほうから

「来週の週末なんだけど、、、。娘が部活の合宿で3日間いないんです、、。主人も、同時に出張が入って、3日間1人なの、、。」

僕はやっぱり、あのときのことが忘れられないのかと思い、提案しました。

「じゃあ、僕たちも2人で旅行に行きましょうか?土曜の朝出発で、日曜に帰ってくる予定でどうですか?」

「わかりました。楽しみにしてます。博之さんのほうで考えてくれますか?」

「もちろんです、任せてください」

そういって、来週の約束をし、僕は準備に入りました。旅行前日の金曜の仕事終わりに、僕はあゆみさんに紙袋1枚渡し、明日の朝に袋を開けて、中に入っている服のみを身に着けてくるように指示しました。

当日の朝、あゆみさんの住んでいるマンションの駐車場で待ちました。しばらくして、僕の車に向かってくるあゆみさんを確認しました。見た感じ言ったとおりにしているようです

「博之さん、言ったとおりの服着て来ました。いくら、真夏とはいえ、恥ずかしいです、、、。でも、、、。ちょっと興奮もしています、、、。正直、今すでに何を考えているか自分でもわからないです、、、。」

その指定した服装なのですが、、。

白のチューブトップのインナーで、おっぱいの谷間丸出し、下も白のホットパンツでヒップの割れ目が3分の1くらいは出てしまっています。ピンクの上下の肌着も微妙に見え隠れしています。

僕はすぐに助手席に乗せ、車を目的地に走らせましあt。

道中に、寂れた観光地をめぐり、露出の辱めをしました。

旅館に到着するや、すぐにSEXにいそしみました。

1泊で4度2人は交わりました。帰りはくたくたで、会話もなくひたすら車を走らせました。

あれから、半年がたち、年も明けました。今でも定期的にあゆみさんと僕は関係を持っています。今のところばれてはいません。