もう20年以上前のことだから、時効だろう。

三流大学を出て就職、配属先は田舎の営業所だった。

女の子のケツばかり追いかけ回していた三流大学のバカ学生だったから、仕方ないが・・・

田舎の営業所では、その地元に根差したローカルスーパーマーケット2店舗も管轄しており、俺はスーパー担当だった。

田舎町では、若い娘といえば街に電車で通勤、通学しているので殆ど出会うことは無く、女の子と遊び放題だった大学時代を懐かしく思いだしていた。

そうなると次第にハードルが下がり、多少年齢がいってても・・・となるのだが、独身女性の昼間人口が著しく少なく、もう、スーパーのパートおばちゃんでもいいからエッチさせて~・・・

「久子さん、若い頃美人だったでしょ~。20年前に出会えてたら口説いちゃうのにな~」

「あらケンちゃん、それじゃ今はダメみたいじゃないの~」

「だって旦那さんいるでしょ?」

「もう何年も触られてないのよね~」

簡単に落ちた。

おばちゃんの中でも美形を選ぶのではなく、比較的ヤレそうで、ヒミツに出来そうなおばちゃんのうちから一番ハメてみたい人を狙った。

おばちゃんでも美人は旦那さんと仲良しなようで、必ず左薬指に指輪をしている。

久子さんはスレンダーなおばちゃんで、40歳過ぎているのにロングヘア、いわゆるバックシャンで、昔だったら振り向かれてビックリ、ババアじゃねえか!となってただろう。

でも飢えてた俺は、女の淫気で惑わされるまま、若い肉体を貪られていた。

自分の母親よりは幾分若いが、40代半ばのおばちゃんの妖艶な女の肉体に、ズッポリと浸りきってしまった。

「はぁぁん・・・はぁうぅん・・・はうっっっはぁ~~~」

若い女の子には無い色香漂う淫らな喘ぎに、大人の女の性を感じた。

セックスのベテランである中年人妻に、若いチンポを囚われ、その色香に呪縛され、突姦を繰り返すようになっていった。

女子大生や女子高生のような可愛い美麗マンコとは違う、ドドメ色に縮れた使い古しマンコの味わいがこれほど良いとは思わなかった。

ドドメ色のビラの中身は桃色で、ヌメリながら俺を誘った。

若い女の子のような恥じらいもいいが、恥じらいを捨てて素直に快楽に身を委ねて身を捩る中年女性の妖艶な姿、溢れだす淫汁の奏でる卑猥な音、出産で緩んだマンコから漏れる空気の下品な音、しかし締め付けはきつくたまらない快感だった。

久子さんは若い男の淫味に酔い痴れ、俺は滴る精液を吸い尽くすようにうねる使い古しマンコの虜になっていった。

もう一つの店舗でも、

「和江さん、昔はロリロリで可愛かったんじゃないですか?今でも40代には見えませんよ~」

という具合でこれまた簡単に落ちた。

和江さんは40代後半だったが、色白で少しふくよかな可愛い顔をしていた。

和江さんは久子さんより綺麗なマンコをしており、ドドメ色ではあったがビラが小さく、白い肌に紅色の亀裂が鮮やかだった。

大き目の乳房を淫靡に震わせて、

「あぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーーっ・・・うぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーーっ」

と唸るような喘ぎで、その可愛い顔をクシャクシャにしてヨガった。

吸い尽くすような白い女肌に誘われて、色めく媚肉に埋もれていった。

突き上げに揺れ彷徨う豊かな乳房は、スレンダーな久子さんでは見られない様子だった。

ふくよかな女体は抱き心地も柔らかく、遠慮なく乱れる和江さんの淫らさにベテラン主婦の淫を見たような気がした。

学生時代に関係した女子大生や女子高生は、素肌を晒すことさえ恥じらう乙女で、前戯や性交における快感に喘ぐことに激しく抵抗していた。

その抵抗に抗い、女の子を淫らに喘がせるのがセックスの楽しみだった。

しかし、久子さんも和江さんも、性を知り尽くした中年人妻で、快楽に貪欲だった。

その姿こそ素直な性行為の姿であり、しかも、その姿は旦那さんだけが楽しめるはずの淫らな姿で、いつもは旦那さんのチンポが入っているマンコにお邪魔している禁忌感と相まって、俺達は不倫姦淫の熱に蕩けて落ちていった。

田舎町での勤務は4年で終わり、転勤を機に久子さんや和江さんとも不倫を清算した。

サヨナラセックスの時には和江さんは50代になっていたが、可愛かった。

不倫なのに、別れが切なかった。

俺は、転勤先で同僚と恋仲になり結婚した。

その妻は、どこか和江さんに似て丸顔で可愛い。

体形はふくよかというよりムッチリ、色白で抱き心地もいい。

久子さんも和江さんも人妻で、その乳房も、マンコも、旦那さん以外が触れることは禁じられているはずなのに、旦那さんが構ってくれなかったばかりに、若い俺の性欲処理にさせられた。

だから結婚して15年になる40歳の女房を放たらかしにしていない。

週何回と決めているわけではないが、少しでもチンポが疼いた時には、女房に触れてセックスを誘うようにしている。

俺は今、熟してきた女房で、遠慮なくおばちゃんの味わいを楽しんでいる。