前回のページはこちら

日除けのシートの下に移動した俺達は背中合わせになり、俺は短パンとパンツを妹はミニスカートとパンツを脱いだ。

脱ぎ終わると、その場に脱いだ物を置き、

「お兄ちゃん、脱げた?」

「あ、ああ…」

「じゃあ、『せーの』で振り向くよー」

「おう!」

「それじゃあ行くよー」

「せーのっ!」

と、同時に俺は体の向きを変え妹と向き合った。

半立ちの息子をさらけ出し、妹に正面を向けると、妹はやはり恥ずかしいのか、大事な部分に手を宛がい隠している。

「あー!ナニッ隠してんだよー!」

そう言うと妹は、

「だってぇーやっぱ…ちょっと恥ずかしいしぃー」

と、両手をアソコに宛がい腰を引いてモジモジと身体をくねらせると、両腕の間からDカップバストが両側から押し出される形になり、より一層谷間が強調される姿で口先を尖らせながら言われると、それ以上は怒る事が出来ず、「そんなん俺だって…」『恥ずかしいのに』と言い続けようと思ったが、それを言うのが恥ずかしくて、口ごもってしまったら、

「えっ!?ナニナニ?お兄ちゃんも恥ずかしいの!?♪」

と、さっきまでの駄々っ子顔が一変して興味津々な顔になり俺に詰め寄ってきた。

俺はちょっと照れ臭そうに

「そっ、そうだよ…いくら兄妹だからって、この歳になってお互いの裸を見せ合うのは、やっぱ恥ずかしいさ…」

妹と目を合わせて話せなくて横向きで話すと

「そっかー!お兄ちゃんも恥ずかしいのかー♪」

と、まるで俺は恥ずかしくない様な言い草だったので、

「なんだよそれ!俺は恥ずかしくないとでも思ったのかよ!?」

そう言い返すと

「だってぇお兄ちゃん堂々としてるから…」

確かに、半立ちの息子をブラブラさせてる姿を見ればそう思われても仕方ないと思った。

「でも恥ずかしいんだね♪何か嬉しい♪」

そうニコニコとした笑顔で言うと突然、隠していた両手を広げ抱きついてきた。

「おっおい…」

俺は同様しまくりで、妹のたわわに実った胸が俺の胸に押し潰され、その感触が堪らなく、思わずギュッと抱きしめ返そうと思った時、妹はバッと身体を離してしまった。

「エヘヘェー♪」

照れ笑いをして誤魔化そうとしたのか、俺はすぐさま妹の胸の事を言い出した。

「それにしても裕子の胸いつの間にこんなに大きくなってたんだぁ?」

そう言うと裕子は

「えーお兄ちゃん気付いてなかったのぉ?こんなに成長した妹の胸を?」

両手で胸を持ち上げる様に強調して問い詰めてきた。

「いや…普段からそんなにジロジロ見てる訳じゃないし、それに、そんなにジロジロ妹の身体を見てたら変態兄貴で気持ち悪いだろ?」

「そう?私は別に構わないけどなぁ」

「…。」

一瞬、言葉に詰まったが直ぐに、

「大体、服着てると分からないもんなんだよ…裕子は着痩せするタイプなのかもしれないし…」

そう言い訳をした。

確かに裕子が高校生になった頃から急に大人びた表情と身体つきになった事を、気にしなかった訳じゃないが、そこまで詳しく確認していた訳ではないので、正直、ついさっき気付いたと言っても過言ではなかった。

「あーそれ、友達にも良く言われるなぁ…」

「ところでサイズいくつあるんだ?」

何気に気になっていた事を軽い調子で聞いてみた。

「サイズ?トップ?…トップはね88位でね、私アンダーが無いからカップが大きいんだよね…カップはDカップあるよ♪」

そう言って更に両手で胸の大きさを強調してくる。

「やっぱり…」

ぼそっと独り言のつもりで言ったのが裕子に聞こえてしまったらしく、

「えっ!?やっぱりって、お兄ちゃん見ただけでサイズ分かるの!?」

何か奇妙な物でも見るような表情で驚いている妹に俺は、

「いや、なんとなくだよ…なんとなく…」

と、適当に誤魔化した。

普段エロ雑誌でバストサイズを見抜く眼力とでも言うか、そんな役に立たない能力は知らずに身に付いていた様だ。実際、そう言う訳だけでもないのだが…

「へぇー」

なんとなく関心している裕子の顔を見つつ、ふと下半身へ目が行くと、そこには、もうこの歳ならあって可笑しくない物がそこには無かった。

「おっ!裕子、剃ってるのか?」

そう聞かれて一瞬何の事を聞かれたのか分からないと言う表情をしたが、直ぐに

「ああ!」

と、分かったと言う表情で股を少し広げ、両手で摩る様にして覗き込み

「剃ってないよー最初っからだよー」

と言ってきた。

俺は驚き

「えっ!マジ!?パイパンなの!?ちょっと良く見せてくれよ!」

そう言ってしゃがみ込み妹の股間に顔を近づけ、よーく観察しようとした。

「えっ!?えっ!?ちょ…ちょっと!なっ、ナニッ!?は、恥ずかしいよ…お兄ちゃん…」

流石に間直に見られるのは恥ずかしいのか、必死に両手で隠そうとする。

その手を強引に退かして、ふと見上げると頬を赤らめ照れている裕子の顔があった。

「んっ?ひょっとして裕子、毛が無い事が恥ずかしくて、さっきも隠してたのか?」

「…。うん…だって…子供っぽいから…なんか見られると笑われるかと思ったから…」

一瞬答えるのを躊躇したが、悪戯がばれて叱られている子供の様な消え入るくらいな声で答えてくれた。

そこには、中学に上がるまで一緒に入浴していた頃の、幼さがまだ残る身体だった頃のあの時のままの恥丘が綺麗なまま存在していた。

「ばっかだなぁーそんな訳ないだろーパイパンは男にとっては最高なんだよ♪」

「…?」俺の言っている事が理解できない様な表情をしていた。

「パイパン彼女をもつのは男の夢なんだよ!♪少なくとも俺はな…」

他の男はどうだか知らないが、自分は好きだと言っておいた。

「やっぱりそうなの?」

笑われるどころか逆に感動され喜んでいる俺を見て少し気楽になったのか、逆に俺が「?」になる質問をされた。

「やっぱりって、どう言う事だ?」

「?」マークを顔に浮かべて妹に聞き返すと、「うん。あのね、この前まで付き合ってた彼もね、私のココみて喜んでたから…」

この答えにはちょっと驚いた。付き合っていた彼氏がいた事もそうだけど、『私のココを見て』の言葉にかなり動揺してしまった。

だけど冷静に考えてみれば年頃の…兄が言うのも変だが、顔も可愛くスタイルが良い娘が今時、処女なわけがないと…

「そ、そっか…だろ?なっ!?男はパイパンに喜ぶんだ!しかも天然だぜ!」

少し…いや、かなり動揺しながら余り説得力の無い言い訳をしていた。

「へぇーそーゆーものなんだぁ…」

さっきまでの恥ずかしがってた表情から段々いつもの明るい笑顔の表情に変わってきた妹が感心した顔で言ってきた。

「そうさー!剃って作った紛い物のパイパンとは違う、天然物のパイパンは、そうそうお目に掛かれる物じゃないんだぜー」

変に力説する俺がそこにいた。

「それがこんな身近な所に居たなんて、正に灯台下暗しってヤツだな♪」

段々言っている事が兄妹の会話とは思えない内容になっているのに、ふと気が付いたが、ここまできてもう後戻り出来ないと思った俺は、息子がギンギンにそそり立っている事に気が付いた。

「ヤベッ!天然パイパン見たらムラムラしてきちまった…」

続く