中学から高校まで一貫教育の学校に通っていた頃、自宅から通うには少し遠く、母方の叔母の家から通っていました。

叔母夫婦には子供はなく、その原因は叔母にあるため、叔父の不倫は日常茶飯事で、そのせいか叔母は少し情緒不安定なところもありました。

俺が居候をするようになってから、しばらくは叔父もまともに帰ってきたものの、高給取りで元々出張の多い仕事柄なのとやたらと女遊びが好きなためか、徐々に家を空ける頻度が高くなりました。

そんな時は叔母は少しヒステリックになり、俺としても立場がない状況になりました。

ちなみに初めて風俗に連れて行ってくれたのは叔父でした・・・。

そんなヒステリックな叔母ですが、子供を産んでいないせいか、体型は年齢の割りに良く、当時の俺としては色気を感じるくらいでした。

お陰で一人で慰める時は、叔母の脱いだ下着を部屋に持っていって、それを我が股間に宛がいながらするのです。

あと叔母がヒステリックになった時は必ず深酒をし、そのまま布団に入ってしまうときもあれば、時々床の上に寝てしまう時があり、起こす振りして、叔母の体に触るのも、ささやかな反抗でした。

さて、そんな叔母が最高潮にヒステリックになってしまった時の話です。

俺がそんな叔母の相手をしているのも嫌になり、自分の部屋に上がろうとすると、叔母が部屋まで付いてくるのです。

正直、すごく嫌でしたが、居候の身で叔母を部屋に入れないわけにいきませんでした。

叔母の手には酒があり、俺の部屋で飲み続けました。

そして、やけに絡んできたのです。

しかも、抱きついてきたり、キスをしようとしてきたりと、結構激しいスキンシップを求めてきました。

途中でブラがきついと言って、その場で取ってしまい、それからも叔母のスキンシップは続きました。

嫌でも胸が服の上からと言えども、柔らかさが直接伝わってきました。

叔母のズボンの横にあったチャックはすでに下りており、パンツも丸見えでした。

しかも、叔母が動いている為、ズボンは下に下がりつつあり、俺はどうして良いのか、分からずにベッドに不貞寝するような感じで寝るしかありませんでした。

すると、叔母は俺の上にかぶさってきて、顔中にキスをし始めました。

居候の身だから、我慢していれば・・・・と思い、目を瞑っていました。

叔母の行動はエスカレートして行き、俺のTシャツを捲り上げて、俺の上半身を舐め始めてしまいました。

口で拒否してみるものの、叔母はもう止まらず、むしろ「私のも?」と笑顔で上半身を自分で脱いでしまい、また俺の上に乗ってきました。

そのうち叔母は俺に自分の胸を舐めさせようと、俺の顔の上に胸を持ってきました。

俺はちょっと拒否しましたが、我慢できず、叔母の乳首を舐めてしまいました。

さらに、俺は止まらず、叔母のズボンを脱がし、叔母の股間をパンツの上から触っていました。

叔母はそこからたまに俺に微笑みかけるだけで、俺の上を這いまわり、俺のズボンとパンツを脱がしてから、モノを咥え込みました。

しばらくしてから叔母は俺の顔の方に股間を向けました。

パンツにはシミが出来ており、その事を叔母に言うと、一度尻を振ってから、笑顔を一度向けて、また咥え込んでいました。

叔母の股間をパンツの上から舐めていたら、叔母が片手でパンツをずらして、股間を露にしました。

直接舐めたり、指を突っ込んでいたりしていると、叔母は俺のモノから口を離して、シーツの上に顔を押さえ込んでいました。

本能的にすかさず俺は抜け出して、叔母の後ろから、入れてしまいました。

叔母が子供が出来ない体だと叔父にすでに聞かされていたから、その辺は安心していました。

叔母の股間は程よく緩く、初めての俺でも気持ち良かったのですが、長持ちしてしまいました。

またヒステリックな叔母がシーツの上で乱れている姿を見て、かなり満足感がありました。

一回目をずっとバックでやり続けて、叔母の中で果てました。

叔母はそのままベッドにうつ伏せで倒れこみ、俺はその横でティッシュで自分のモノを綺麗にしていました。

若さなのか、ティッシュで拭いているうちに復活してしまった俺は、叔母に手をかけて、仰向けにして、正常位で挿入しました。

ぐったりしていた叔母も再度復活し、それなりの反応を見せていました。

叔母の腰だけを持ち上げたり、あえて窮屈な格好をさせたりしているのが、楽しくなってしまい、射精は余計に長引きました。

途中から叔母が

「もういい・・」

と何回も言っていましたが、構わず叔母の股間に向けて腰を振り続けて、やはり中に出しました。

叔母は完全にグロッキーでした。

それでもまだ何か満足できない俺は、また叔母に入れると叔母は過敏に反応し、途中からは「壊れる」という言葉を連発していました。

叔母の体は小刻みに震えていましたが、その時はそれが何なのか分からずにいました。

結局、叔母はその晩立つ事ができずに、俺の部屋で寝てしまいました。

翌朝、起きると叔母はすでに朝食を作ってくれており、何事もなかったかのように振舞っていました。

俺も出来る限り振舞いましたが、前夜の叔母の綺麗な体が服の上からでも妄想出来ました。

部活が終わり、学校から帰ると夕飯を作ってくれ待ってくれていましたが、夕飯は叔母と俺の2人分でした。

「また叔父さん帰ってこれないの?」

と聞くと、叔母はただ黙って頷き、話をそらしました。

夕飯を食べ終わり、いつものように叔母がヒステリックになるのかな?と思っていたら、少しお酒は入っているものの、予想に反してヒステリックになりませんでした。

夕飯の片づけをしている叔母の後姿を見ながら、今夜も・・・と期待していました。

その日の叔母の格好は長めのスカートで、後ろから捲りたくなりました。

しかし、2人分の片付けはすぐに終わり、叔母は酒の入ったグラスを片手に居間の方に来て、ソファに足を投げ出したような格好で座り、テレビを見ながら酒を飲んでいました。

その姿を見ているだけで、若さからか妄想が膨らみ、欲情してしまいました。

俺は席を立つ振りをして、叔母の後ろに回りこみました。

そして、後ろから叔母の首に腕を回すような感じで抱きつきました。

叔母は口では拒否しているものの、手を払おうとはしません。

叔母のうなじや頬にキスをしながら、服を捲りあげていっても、叔母はやはり口では拒否するものの、俺が捲りやすいように腰を浮かせたりしていました。

ブラジャーのホックを外そうとすると、叔母は背中を浮かせて取りやすいようにしてくれました。

俺は背もたれを乗り越えて、叔母の横から乳首を吸いました。

叔母はまだ口では拒否していましたが、体が開いていました。

叔母のスカートを捲りながら、太ももの辺りを触ると、叔母の足が開いていきました。

それでも叔母はまだ口では拒否していました。

叔母はソファの上でだらしなく、胸をあらわにして、下半身はパンツをすでに露にしていました。

俺は叔母の開いた両足の間に移動して、叔母が珍しく恥ずかしがっている中で、叔母の股間に舌を這わせました。

そのうちパンツも片足だけ脱がして、叔母の股間を居間で舐め続けていると、叔母は過剰な反応をするようになりました。

年不相応に「きゃっ」とか可愛い声を出すので、それが面白く、そのまま叔母に触れていました。

叔母の顔の前に俺のモノを差し出すと、叔母は少し前のめりになって、それを咥えだしました。

そのまま床の上で69をした後、叔母が我慢できなくなり、俺の上に乗って入れました。

途中でうつ伏してくる叔母の耳元で「これから毎日やりたい」と言うと、叔母は腰を振りながらも、頷いていました。

もちろん中出しです。