私は20代の男性なのですが、中学生の頃にとても恥ずかしい経験をしたことがあります。

今にして思えばよくあんなことが平気で出来たなと感心するくらいです。

中学校に入学したばかりの私はまだピュアな心の持ち主だったので、セックスはもちろんオナニーすらしたことがありませんでした。

それどころか、オナニーの存在すら知らないほど世間知らずのお子様だったので、クラスメイトの下ネタトークに付いていくことが出来ませんでした。

別に付いていけなくても何の問題もなかったのですが、当時の私は無駄にプライドが高く負けず嫌いだったため、付いていくために必死に近所の公園を走り回っていました。

何故公園を走り回っていたかというと、エロ本を探していたからです。

そんなある日、たまたま公園で見つけたエロ本にオナニーのやり方が書いてあったので、興味半分にその通りに実践してみました。

すると、弄り始めてまだ10秒も経っていないにも関わらず射精してしまいました。

あの時まだ中学1年生だった私は、オナニーがどのようなものであるのか、またどうすれば気持ちよくなれるのかを一瞬で悟りました。

それからは、拾ったエロ本を家に持ち帰り、親に見つからないようにこっそりオナニーをする日々が続きました。

ある日クラスで席替えがあり、今まで喋ったこともないクラスメイトと隣になりました。

そのクラスメイトはとても大人しい子で、地味という単語を擬人化したらこの子になるだろうなと思うくらい何の特徴も無い子でした。

しかし、見た目はそこそこ可愛かったので好きになるのに時間はかかりませんでした。

私は今では引っ込み思案ですが、当時はやたら積極的な性格だったので地味子ちゃんにも良く話しかけていました。

話してみると意外と気が合うことが分かり、持っているゲームや漫画も似ていたので放課後によく二人で遊んでいました。

周囲からは付き合っているのではないかと噂されるほど仲良くなったある日、私は地味子ちゃんを家に誘うことにしたのです。

別にいやらしい目的で誘ったのではなく、単純にいつも公園やデパートの中でゲームをしていたので、たまには家の中で遊びたいと思ったからです。

女の子を部屋に入れたのは初めてだったので、凄く緊張して妙にそわそわしていたのを今でも覚えています。

最初はいつも通りゲームをして遊んでいたのですが、二人きりの空間だということを意識するといつの間にかアソコが硬くなっていることに気付きました。

そして、運の悪いことにその硬くなっているテント状態のアソコを地味子ちゃんに見られてしまったのです。

地味子ちゃんはすぐに目を逸らしたので、これがどういう意味なのかを知っていたのでしょう。

頭の中が真っ白になり軽いパニック状態になった私は、必死に言い訳をしてなんとかこの状況を切り抜けようとしていました。

そんな時、彼女に嫌われたかもしれないと思い泣きそうになっていた私に、地味子ちゃんがとんでもない言葉をかけてくれたのです。

それは、手コキしてあげようか?という大人しい彼女の口からは想像も出来ないような言葉でした。

当時の私はオナニーやセックスは知っていましたが、手コキという単語を聞いたのは初めてでした。

しかし、人間の頭というのは良く出来ており、直感的にどういった行為なのかを理解することが出来たのです。

ただ、あまりにも恥ずかしい行為だと思った私は思わず断ってしまいました。

気まずい空気が流れる中私は、一緒にオナニーしよっか?と先程まで絶望していた者とは思えないほど軽快な口調で提案していました。

おそらく色々と吹っ切れていたのでしょう、仮に断られてもなんともないと思える不思議な状態でした。

答えは意外にも二つ返事で、まさかクラスメイトの女子とオナニーをすることになるとは思ってもみませんでした。

時間はよく覚えていませんが、5分から10分ほどかけてお互いにオナニーを見せ合うという尋常ではないくらいの羞恥プレイをしていました。

普通こんな事をしたら付き合うか疎遠になるかのどちらかだと思いますが、私たちは今までどおりの仲の良い友達のまま中学校を卒業しました。

卒業するまであのような行為を何回かしたことがありますが、結局本番は一度もしないまま彼女とは別々の高校になってしまいました。

高校に入ってからは一度も会うことは無かったのですが、よく当時の状況を思い出して1人でオナニーしていました。

正直今でも思い出すことはありますが、興奮するより恥ずかしさの方が勝っているのでおかずにすることはもうありません。

ただ、中学生というのは何をしでかすか分からないということだけは今でも頭に刻まれています。