男友達二人の前でオナしちゃったんです(苦笑)

先週の土曜日に私のマンションでA君、B君と私の三人で飲んでました。

いつものようにH話してたらA君が

「ゆみぃもオナとかするの?」

さりげな〜く聞かれて思わず、

「うん。するよー」

て答えちゃったの(後悔)。

「どーやってするの? 見たいなぁ!」

私は冗談だと思っていたので

「A君のオナ見せてくれるんだったら」

すると最後まで言ってないのに突然立ち上がり私の顔の前におち○ちんを出してオナ始めちゃったんです。

大きいおちん○んと素早い手の動きに見とれてました。

「ちゃんと見せたから、ゆみぃのオナも見せて!」

私は必死で誤魔化そうとしたんですが、A君の真剣(!?)なお願いに折れてしまい、1分間だけ見せる事になりました。

私は恥ずかしさを堪え、いつもしてるようにベットに横になりました。

「それじゃぁ見えないよ! こっちに足出して!」

と二人に片方づつ足を持たれ大きく開かされました。

私は妙な興奮を感じながらも

「痛いし、やっぱできないよ〜」

と叫びました。

「ごめん。もう痛くしないから、絶対触んないし」

そう言って膝の辺りを擦ってました。

「もう〜、本当に1分間だけだよ! ちゃんと時間はかってよ」

でも私の胸はバクバクと段々激しくなっていました。

B君が腕時計に目をやり

「はい、スタート」

私は渋々(の振りをして)

「脱がなくていいでしょ!」

とパンティの上から割れ目を触りました。

触った瞬間(あ、濡れてるゥ)

こんなイヤラシイ女だと思われたくなくて(オナ見せてる時点でイヤラシイんだけど)、急所とは少しずれた所を触りました。

「もうやめていいでしょ?」

「だめだよ。まだ1分経ってない! 途中でやめたから最初からね!」

とA君。

「え〜! なんで〜」

「はやくはやく!」

私はもう1度さっきと同じ急所とは少しずれた所を触りました。

しかし、1分も触っていると本当に感じ始めちゃって。

A君が

「ゆみぃ、感じてるんでしょ?」

と私の顔を見ながら言いました。

私が首を振ると、

「パンツ濡れてるし、イケそうだったらイッてもいいよ」

もう1度首を振ったのですが、私の指は勝手に急所を触ってました。

「ぁぁっ」

思わず喘ぎ声が…。

「ぅぅっ、いっちゃうぅ! 見ちゃだめぇ」

恥ずかしながら…本当にイッちゃったんです。

見られてのって、感じちゃいます。