高校のときに盲腸の手術を受けました。

わかってはいましいたけど、毛を剃るのははずかしいです(恥)

正直言って、立っちゃいましたけど、ま、そこはなんとか。

問題は、手術のあとです。

盲腸は手術のあとガス(つまりオナラ)が出ればそれでおしまいなのですけど、なぜかぼくはしばらく出なかった。

で、ふつうは翌日か2日後には出るところが出ないので、もう1日、入院してました。

その晩のことです。

正直に言いますけど僕は盲腸以外は元気なので(汗)、オナニーしようとしてました。

それが、夜の回診の看護婦さんに見つかってしまいました(汗)。

「元気なのね?」

とか言われたと思います。

あとは、会話もあまりなかったようで。

いきなり、握られました。

僕はまだ経験がなかったのでとても興奮しました。

そのまま手でシコシコされました。

おなかの傷がすこし痛かったですけど。

すごく気持ちよかったです。

「出そう? 出していいのよ」

っていう言葉が、とても印象に残ってます。

「いきそうです」

っていったら。

「いいのよ、出して」

と言われたのを覚えてます。

そしたらその看護婦さん

口でぼくのをくわえたんです。

気持ちよかったです。