昔のことだったが、とある僻地に旅をした。

そこでは旅館は家族で経営している民宿に泊まったのだった。

ご主人夫婦と中学生の娘さんがいた。

高校生の息子さんもいるとのことだったが、僻地ゆえに寮生活をしているとのことで家にはいなかったのだ。

家族のようにもてなしてくれて、食事も一緒にとったのだ。

ところで娘さんは由美ちゃんと言う子で中2だそうだ。

まだ見た目も子どもっぽい感じで明るい子で僕になついてきたのだ。

話も合うようなので僕の部屋で相手をしてくれたのだった。

ご主人も由美ちゃんに任せるといい、部屋では二人っきりで話をしたのだった。

学校のことや僕の思い出などを話していたのだが、お風呂を勧められたのでお風呂に入ることになった。

僕は一人で着替え、風呂場でくつろいでいると由美ちゃんの声が。

「一緒に入りまーす」

という声が聞こえるや否や、由美ちゃんが一糸まとわぬ姿で入ってきたのだ。

「お客さん、湯加減どうですか?」

と何食わぬ顔で聞いてきたのだ。

由美ちゃんは恥ずかしくは無かったみたいだった。

「はずかしくないの?」

と聞いてみると、あっけらかんと

「恥ずかしくないよ」

といったのだった。

由美ちゃんの体はまだ女らしい体とは言えず、子どもっぽい感じではあったが、オッパイもそれなりに膨らみ始めていて、毛も生えていたのだった。

由美ちゃんは湯船につかり僕の側に寄ってきた。

「いつもお客さんにするの?」

と聞いてみると

「いつもはしないよ、お客さんが初めてだよ」

とあっけらかんに答えた。

話を聞くとお母さんはよくお風呂でも接客をしているようだった。

背中を流してくれるというので、体をあらってもらうことにした。

僕のペニスを見てもあっけらかんとした慣れた感じだった。

「かゆいところはないですか?」

などと言いながら背中を洗ってもらい、前面を洗ってもらうことに。

由美ちゃんは子どもっぽいとはいえ、胸も膨らみ始めていて、しかも独特の香りが刺激して僕も勃起してきたのだった。

「お客さんの大きいよね」

僕の勃起したのを見ると、しごいてきた。

「ちゃんと洗わないとね」

と言い、石鹸をつけて洗い始めた。

「男の体見るの恥ずかしくないの?」

と聞くと、

「大丈夫、彼氏とかで慣れてるから」

と言う返事が返ってきた。

これをきっかけに下半身事情の方もあれこれ聞いてみた。

すると小5の頃に中学生の先輩に処女を奪われたそうだ。

聞くとこの地域の子は大体小5か小6、遅くても中2までには初体験を済ますそうだ。

人数とかも聞いてみると20人以上の男と経験があると言っていた。

同級生や先輩、後輩や学校の先生や近所のおじさんとも経験したと言っていた。

「普段からしてるの?」

と聞くと

「田舎だから他にやることないの」

なんて話が帰ってきた。

「だいたいみんなもそれくらいやってるよ」

とあっけらかんと言った。

きっかけを聞いてみると、同級生とかは普段の遊びから発展することもあるが、おじさんとかはお祭りの時に関係を結ぶと言っていた。

男も小5から中2の間に初体験を済ますのだそうだ。

「私もこの間小6の子の童貞奪ったよ」

と笑いながら言った。

外見はまだあどけない子どものような由美ちゃんだったが、もう男の味は覚えていたのだった。

ペニスに付いた泡を流すとペニスにキスをしてくれた。

「後でゆっくり楽しもうね」

と言って一緒に部屋に戻った。

部屋に戻ると由美ちゃんはコンドームの箱を持ってきた。

「お客さんとするの初めてなんだ」

と言い服を脱ぎだす。

僕は大分興奮していたので有無を言わさず抱きついた。

「お客さんの好きなようにしていいよ」

と言われ体に貪りついた。由美ちゃんのまだつやつやした肌は、僕を十分に興奮させた。

大分感度もいいようだ。

乳首も硬くなってきている。

もうさっきのあどけない由美ちゃんではなかった、完全に女になっていたのだ。

一通り体をいじると由美ちゃんのフェラが始まる。

「おいしい」

と言いながらペニスを貪る。

かなりのテクニックだ。そしてコンドームをつけ挿入、正常位から騎乗位へ、 騎乗位の由美ちゃんの腰使いはすごかった!

そしてまた正常位にもどり射精。

すると今度は由美ちゃんが、マグロ状態の僕にしてくれることになった。恐るべき由美ちゃんのパワー。

全身リップからフェラ、騎上位へとあっというまにいってしまった。

その後はまるで恋人気分だった。

全裸のままシャワーを浴びに行き、布団の中で一緒に寝たのだ。

次の日の朝、由美ちゃんは僕を起こしてくれた。

これを機にメールのやり取りをすることになったのだ