卒業式を終えた高三の女です。

奥手な私は同級かそれ以上の男とはうまく話せません。

けどすごい性欲は強いと思います。

誰かに胸を吸われたい衝動に駆られました。

そんな私が悪いことを思いついたのは高一の時です。

家族ぐるみで付き合いのある近所の小四S君を自室へ招いてベッドに入りました。

初めはもじもじしてたS君もだんだん興奮してきて裸になった私の乳首を夢中で吸いました。

あまりの快感に気が変になりそうな私はおちんちんをなめてあげました。

それ以来S君と裸でベッドに入るのが習慣になってます。

たまにN君という子も混ざって二人で私の体に抱き付いてなめ回してくれます。

一人のちんちんをくわえたままもう一人に挿入してもらうのがたまりません。

高校生活はそんな感じだったので今年は浪人です。