私は37歳。

父から引き継いだ祖父の代から続く工場を経営しています。

妻は31歳。

学生の頃、彼女の家庭教師をしたことが縁で結婚しました。

妻は夫の私が言うのも変ですが、美形です。

アナウンサーの大江麻理子さんに似ていると、何度も言われている私の自慢の妻です。

工場経営と聞くと、昨今の不況で、大変だと思われるかもしれませんが当社は世界的企業である(伏字にしますが)○○自動車の仕事を直接受注しているため、無事に営業ができています。

先々月、私はストレスと糖尿病から網膜剥離になり、何度か手術をするために入院しました。

そして、私の入院中は妻が工場を切り盛りすることになりました。

妻に任せてから数日後、突然、数億円規模の大きな仕事が舞い込んできました。

妻から詳しく話を聞いたところ、新製品に使う部品で当社の技術がどうしても必要だとのことでした。

私は入院中で1ヶ月程度は目が見えないため、この仕事を請けるかどうか迷いました。

しかし、○○自動車の担当者である佐藤さんとは3年の付き合いで信頼関係が築かれており、また、この度の新製品の資材関連の担当者は妻の学生時代の同級生である清水さんという人で、妻も安心しているようだったため、何より大きな仕事が欲しいという気持ちが優先してしまい、この仕事を請けることにしました。

少し不安はありましたが、目の治療中の私に代わって妻が詳細の打ち合せや契約など全てを担当することになりました。

それから2ヶ月程経った先日、私は無事に退院し(目も少し視界が欠けた感じですが、見えるようになった)、翌日、工場へ出社しました。

大きな仕事を請けたため、機械はフル稼働していると思っていたのですが、通常通りの動きでした。

不思議に思っ従業員に話を聞いたところ、先月初旬までは忙しかったのですが、その後、納期が変わったとかで通常の状態になったと言うのです。

妻から何も聞かされていなかった私は、すぐに事務室へ行き妻に確認しました。

言いよどんで一向に話そうとしない妻に、粘りに粘ってやっと口を開かせました。

妻が言うには契約書の納期を間違えたと言うのです。

この時点では、私は「は?」という感じでした。

詳しく聞くと妻は(私も)最終納品日を2010年の11月末だと思っていました。

ところが、実際は、2009年の11月末だったと言うのです。

思わず

「何で確認しなかったんだ!」

と怒鳴ってしまいました。

妻は弱弱しく

「きちんと確認しました」

と言いましたが契約書の控えを見ると確かに2009年になっていました。

心の中で、おかしいと思いました。今まで、このような短い納期は1度も無かったし、うちの規模で、あれだけの量の生産を1ヶ月で上げることは到底無理だと佐藤さんも知っているはずだからです。

いずれにしろ、期日に納品できなかったのだから先方にも迷惑を掛けただろうし材料も発注したはず、それらは、いったいどうなったのか?と妻に確認しました。

すると、やるはずだった仕事を2011年の5月までに分割して納品(分納)すれば良い様になったというのです。

「は?」

と思いました。

「1年以上も待ってくれたってこと?しかも、うちは10年11月には納品できるののに、11年5月って何?」

と、そんなこと有り得ないと思いました。

すぐに○○自動車の佐藤さんに確認しました。

すると、妻の言うとおりで2011年の5月までの分納で良いことになっていました。

私は、そんなヌルいことは信じられず、、思わず

「最終納期を1年以上待つなんて有り得ないでしょ?」

と言ってしまいました。

すると、佐藤さんは

「奥さんがいろいろと根回しをしてくれたので大丈夫です」

と言うのです。

これを聞いて、私は、先月からの妻の様子などを思い出してピンと来ました、そして、すぐに妻を問い詰めました。

やはり私の予感は的中していました。

妻は、私の妻は、私の入院中、佐藤や清水たちに好きなように抱かれていたのです。

納期をずらす代わりに奴らの玩具になっていたのです。

腸が煮えくり返りましたが、土下座をして泣きながら謝る妻を責める気になれず、私はガムテープとサバイバルナイフ(うちの技術者が作成した本物そっくりの偽物、社の宴会で使った)を持ち出して○○自動車へ向かいました。

○○自動車の事務所の前で佐藤が出てくるのを待ち、佐藤を自宅まで尾行しました。

そして、佐藤がドアを開けたところでナイフで脅して、部屋に入りました。

佐藤は、私の形相とナイフ(偽)にびびったのか、大人しくガムテープで拘束され、

「俺が何故来たか分かるな?」

と聞くと、頷きました。

「全部話せ」

と言うと、素直に話し出しました。

さらに、無造作に置いてあったデジカムに気づいた私が、佐藤に追求すると彼は、妻の恥ずかしい姿をデジカムで記録していたことも白状しました。

私は彼のPCから、それらの動画を再生し、その動画を見ながら佐藤に全てを白状させました。

佐藤は以前から妻の美貌に思いを寄せていて、佐藤と同期の清水は学生の頃からずっと妻に憧れていたようです。

そして、私が入院したのを切欠に、彼らは妻を落とす計画を実行しました。

彼らは本部から来たときは納期が1年以上あった例の仕事を、たった1ヵ月の納期に変更して妻と契約を交わしたのです。

仕事量や今までの取引歴から、月初めに11月末納期と言われれば妻が1年後の11月を納期だと思うのは、不思議なことではありません。

それに加え、佐藤は最初に妻に見せた契約書の(見本)とやらでは、1年後の11月を納期としていたことも白状しました。

最初に見せた雛形の納期と契約書の納期が違うことには、一切触れずに契約時、1ヵ月後を納期とした契約書で妻は契約させられたのです。

そんな罠に愚かにも嵌ってしまった妻は、自分の不注意で、自分の過失で、契約不履行に陥り、賠償請求や仕入先への支払いなど、どうにもならなくなってしまったのです。

この時点で、妻は私に相談すべきだったのですが、手術を繰り返す私に心配をかけたくなかったのか・・・よりによって佐藤と清水に、納期を待ってくれるよう相談してしまったのです。

そして、妻は、、、3代続いた工場や従業員達のために、奴らの前で裸になって償いをしたのです。

動画では妻が辛そうにストリップをしていました。

ブラジャーを外すため両腕を背中に回し、後ろを向いた妻に聞き取りにくかったですが、清水が何かを言っているようでした。

それを聞くと妻は、びくっとしてカメラと彼らの方に向き直り、恥ずかしそうにブラジャーを取ると、すぐに両腕を頭の後ろに回しました。

まるで、どうぞ見て下さいと言わんばかりに妻の小ぶりなバストが2人の男とカメラの前に晒されました。

2人の男の

「おぉぉ!」

とか

「いいねぇ~」

という声が聞こえると、妻は顔をそむけて辛そうな表情で、下半身を覆う下着に手を掛け一気に下ろし脱ぎ去りました。

服も下着も何もかも脱ぎさって羞恥に耐えられず、しゃがみ込んで必死に体を隠す妻に清水が何かを言ってるようでした。

それを聞いて、妻は躊躇いがちに仁王立ちになり、両手を上に挙げて再び頭の後ろで組みました。

先程と違うのは、下半身が何も覆われておらず両足が肩幅程度に広げられている点でした。

妻の無防備な裸体が、至近距離で舐めるようなカメラワークで撮られていました。

硬く目を閉じた顔、乳房、腋の下と数秒かけて移動し、その後、下に移り細い足が写しだされ、徐々に上へ移動して、ついに妻の慎ましいヘアが映し出されました。

ここで、画面に清水が登場しました。後ろから嫌がる妻の右足を持ち上げるように広げさせようとしていました。

清水が妻の耳元に何か囁いているように見えたかと思うと、すぐに妻の足が全開に開かされました。

そしてカメラは、妻の局部を容赦なく捕らえました。

画面には、妻の体の隠すべき全てが2人の男とカメラの前で開陳されていました。

すぐに、清水が後ろから抱きしめるように妻の乳房を撫で回し始めました。

抵抗しようと妻が腕を下ろそうとすると、

「下ろすな」

「動くな」

といった命令口調の言葉が聞き取れました。

画面では、両腕を頭の後ろで組み、両足を広げて立っている無抵抗な妻が、あらわになった胸や腋の下などを清水に撫で回し揉みしだかれていました。

苦痛で顔を歪める妻の顔が、どアップで映され、清水が正面に回り込み妻の顔を覗き込みながら、胸をまさぐったり乳首を摘んだりして、何かを言っているようでした。

そして清水は、妻を抱きしめながら、まだ飽きないのかというくらい散々妻の唇を味わっていました。

それを見ていて、佐藤も我慢できなくなったのか、デジカムを妻に合わせて固定して、清水に代わって、妻を抱きしめ胸を撫で回しながらキスをしはじめました。

しばらくそんなことをされた後、妻はテーブルの上に仰向けで横になり、体を全開にさせられて二人の玩具のように嬲りモノにされていました。

私は、二人の男に様々な体位で好きなように抱かれている妻を見るのに、耐えられず、早送りをしました。

早送りをしていると場面が変わって、うちの自宅の中が写っていました。

私は早送りをやめ、再生にしました。

先程とは別の日の様です。

うちの居間で宴席が行われている状況が映し出され、突然

「ヒューヒュー」

とか

「ゎおー」

といった囃し立てるような声が聞こえたかと思うと、信じられない光景が・・・

なんと!裸にエプロンだけ着けた妻が、彼らの前に、恥ずかしそうに登場しました。

一人の男が

「あの○○さんの、凄い姿です」

などとナレーションをし、清水がカメラの前に来て

「これから、あの○○さんが裸で”何でも”してくれます、ここに居ないお前ら、羨ましいだろ」

と言っていました。

私は佐藤を蹴り

「これは何だ?」

と尋ねました。

どうやら清水は、妻に憧れていた同級生達を、裏同窓会と称して呼び集めたようです。

私は怒りで震えながら画面を見ました。

よく見ると妻は泣いているようでした。

そんな妻お様子に気づいたのか、同級生達も若干引いているようにも見えました。

しかし、清水は、妻に

「もういいからエプロンも取れ」

と言いました。

「妻は泣きながら許してください」

と言っているようでした。

ここで画面が一旦切れたかと思うと、突然、妻がエプロンを脱ぐシーンになりました。

妻は泣いてはいないようでしたが、暗い表情でエプロンを脱ぎ去りかつてのクラスメイト達の前に、オールヌードを披露しました。

私は、ここでまた佐藤を問い詰め、何があったかを詳細に尋ねました。

佐藤が言うには今ままで清水や佐藤には何度か抱かれていた妻でしたが、かつての同級生達に辱められることに、かなり抵抗したようです。

しかし、そんな妻に、清水は逆に切れて、ここで逆らえば、今までの努力は全てパー、納期は待たないし妻の動画や写真なども社長(私)や従業員達に見せると脅したのです。

あまりの酷い罰に、妻は必死で許しを請うたとのことですが、清水は調子に乗って、これから1度でも命令に逆らえば、全て終わりにすると言ったそうです。

(散々抱いておいて、今更、酷い話だと佐藤も思ったと言っていました。)

そして、妻は泣くことを厳禁にされて、皆の見ている前で、エプロンを取り去ったのです。

泣きながら嫌がる妻の様子を見ていたからか、画面では、

「マジで?」

とか

「信じられない」

と言いながら、全裸になった妻を見て、男達は躊躇っている様子でした。

しかし、清水は、私にも聞こえるくらいはっきりと

「○○さんは、これからは絶対に逆らわないから大丈夫だよ」

と彼らに言い、妻には

「そこで広げろ」

と短く命令しました。

妻は無言でダイニングテーブルの上のコップなどを片付けると、、一瞬躊躇した表情になりましたが、すぐにダイニングテーブルの上に乗って仰向けになり、体を全開に広げました。

皆は無言の様でしたが、カメラは妻の局部を容赦なく捕らえ、清水が、

「次」

と言うと、妻は今度は、テーブルの上で四つん這いになり足を広げながら、お尻を高く上げました。

文字通り、妻は前も後ろも体の隅々までを、かつての同級生達に晒していました。

「こりゃ、本当に何でもするみたいだよ」

と茶髪のチャラチャラした感じの男が言ったのを切欠に皆、大胆に妻を弄びはじめました。

佐藤のカメラワークは憎らしく陰険で、男達や妻の様子を至近距離で撮っていました。

ある男は

「まさか、○○さんを人妻になってから抱けるとは思わなかったよ」

と言いながら、四つん這いの妻の片足を大きく上げさせて、剥き出しの股間を弄くり回し、またある男は、辱められている妻の顔を覗き込んで

「○○さん、感想はどう?、まさか、俺らとこんなことするなんて夢にも思わなかっただろ?」

「俺らは夢が叶ったよ、ほんと、美人だよな~」

と言いながら、妻の顔を舐めたり、唇を吸ったりしていました。

妻は、私と共に楽しく食事をしていたダイニングテーブルの上で、体の隅々まで好きなだけ男達の玩具にされていました。

私は見るのが辛くなり早送りにしました。一通り妻の体を嬲り者して、6人の男が順番に妻に挿入しているのをぼうっと早送りの画面で見ていました。

この地獄の宴が終わっても、まだ他にも動画は続いていましたが・・・私は辛くなり、完全に画面を見るのをやめました。

私は、こんなものを見るために、目を治したのかと思い、悔しさで耐えられなくなりました。