私は42歳の会社員、正志と言います。4月から単身赴任をしています。初めての単身赴任で、家事や自炊で大変でしたが、最近ようやく慣れてきて、仕事と、マンションの往復から、ちょっと寄り道をするようになりました。ただ、寄り道するとお金がかかり、小遣いがほしくなってきました。仕送りだけでは、到底遊ぶこともできず、子供にもお金がかかり、追加なんてとてもお願いできません。

そんな時、郵便受けに1枚のチラシが入っていました。地域の奥様たちの趣味のサークルで、デッサンをしているようです。内容を見ると、「一緒に楽しくデッサンをしませんか?」という奥様仲間募集のチラシでした。しかし私は、そのチラシの片隅の一文を見逃しませんでした。

「男性のデッサンモデル、大募集!初めてでも大丈夫!1Hで5千円!」

これは自分にとっていいバイトだと思いました。なぜなら、中学から、高校と水泳部に所属しており、就職してからも、時間を見つけては、泳ぐという生活をしており、結構自信がありました。もちろん、ヌードになるとは到底思ってはいませんでしたが、、、、、。

私はある日、仕事帰りの夜にチラシにある番号に電話しました。するとあっさり、OKをもらい、明日が休みだと伝えると、朝10時に来てほしいと伝えられました。

次の日私は、言われた時間に、その場所に向かいました。普通の一軒屋の一室に連れ込まれました。案内してくれたのは、声からして、昨日電話に出られた女性でした。部屋に入ると、女性ばかり3名が待っていました。一瞬男性がいないことに躊躇したものの、昼間から男性はいないだろうなと考え直し、部屋へと入っていきました。その後、アンケートに記入しながら、学生のころに水泳をしていたことを告白しながら、30分ほどが過ぎていきました。

さて、ここから、デッサンを始めるようです。最初は手始めにと、いすに座り、私の顔を描いてもらいました。時間にして20分ぐらい。みんな真剣に描いています。じっとしているのも、意外と苦痛だなと思いながらも、何とか時間が過ぎ、休憩となりました。今日は仕事が休みだと伝えたので、いろんなシチュエーションをしてみようと提案され、言われたまま受け入れました。同じ部屋にいる奥さんたち4名は、案内してくれた奥さんが同じ位の年齢に感じましたが、後の3名は30代ぽく、おそらく年下です。しかも、家事があるのに、こんな趣味がある奥様たち、服装もややセレブっぽい雰囲気でした。

休憩が終わり、私は水着を渡されました。しかも、結構なビキニタイプでした。

「いろんな衣装を用意していますが、水泳しているとのこと、せっかくなので水着姿を書きたいです。いきなりのお願いですが、受け入れてもらえますか?」

一瞬迷ったフリをしましたが、心の中ではもちろんOKでした。

「いいですよ、私の水泳で鍛えた身体を描いてください。自信ありますから。」

私はカーテン越しに渡されたビキニへと着替え始めました。とても一般的な日本人では着ないだろうなと思われるほどの、きわどいビキニです。私の急所の周りの毛がはみ出るどころか、私のイチモツの形がくっきりとわかる極小のビキニです。

それでも思い切って私は奥さんたちの前へと出て行きました。さっき座っていた椅子は取り除かれ、ちょっとした丸いステージが置かれており、私はそこに立たされ、ポーズをとりました。さらに、先ほどと違い、奥さんたちの座っているいすとの距離がかなり近くなっています。私は別に素っ裸ではありません。気を取り直し、言われたポーズをとり、時間が過ぎるのを待ちました。ただ、時間が過ぎるほどに、私のイチモツは、熱く硬くなっていきました。30分が経過し、完全に私は勃起状態になっていました。それまで普通にまっすぐに立ってポーズをしていましたが、ここで、3分休憩をはさみ、つぎのポーズとなりました。

「床に仰向けになって、脚を目いっぱい開脚してもらいます。腰をステージに乗せると少し楽です。手は後ろで突いてください。」

私は言われたままポーズをとりました。明らかに卑猥です。

「身体中に霧吹きをかけます。気にしないでください。」

3人の奥さんから身体中に霧吹きをかけられます。身体中といってもなぜか、股間に集中しています。

次の30分がスタートしました。先ほどよりさらに、股間が熱く普通の熱さとは違う、何かを感じてきました。そして、私の勃起したイチモツはまったく固さが静まることなくむしろメリメリと水着の中で膨張し、限界を迎えていました。実は、あとで気づいたのですが、水着の内側には、勃起させるクリームが薄く塗ってあったのです。また、霧吹きの中にも勃起させる液体が混ぜてあったのです。

私は自ら、ある意味限界を訴え、奥さんたちの前で、はいていた水着に手を掛けずらしてしまったのです。そう、完全なヌード状態に自らなってしまったのです。勃起させる薬をたっぷり吸ったイチモツは、私自身も見たことのない、大きさと、硬さを見せ付けています。

奥さんたちはこうなることがわかっていたかのように、いすから立ち上がり私を囲むように近づいてきました。ある人は、私の顔に跨るように、ある奥さんは勃起したイチモツを食い入るように見つめながら、ある奥さんは自らバスとを曝け出し私に擦り付けながら、もうこれは、デッサンできる状態ではありません。私自身もいつしか気を失ってしまい、何をされているかまったくわからない状況に陥りました。

気づいたときには、もう夕方近くの時間になっていました。私は、一糸まとわぬ状態で、仰向けになっていました。さっきまでいた奥さんたちは、いなくなり、案内してくれた奥さんだけが、私を見つめています。

「もう終わりましたよ、もしよかったら、また連絡くださいね。みんな今日のモデルさんはすごくよかったと言って満足げでしたよ」

私は、今日のバイト代をもらい帰っていきました。

その日を境に、次の休みまでの仕事に集中力を欠き、ミスで起こられる毎日、なのになぜか、休みの日の充実感で上司に注意されても無関心になっていました。

もう私はずー度も出るの虜になり、勃起するための薬も自らすすんで奥さんたちに求めるようになってしまいました。そう、私はヌードモデルとは名ばかりの、ただの変態見せたがり露出男に成り下がっています。