ある日曜日のとき、地元のパークゴルフ協会の大会に俺はいつも通り参加した。

俺は北海道の小さな田舎の町で仕事をしている。

パークゴルフ協会のほとんど人が60歳以上だったが、その中に1人35歳の人妻さん(とも子さん)がいた。

その日は風が強く寒い日であったが、15人が参加した。

俺は協会の中でも事務局をしているので景品などを作ったりその他の業務をすることになっていた。

会長がくじを引かせ、事務局をやってる僕に引いた人から順番を言ってもらった。

その時、とも子さんが俺の背後にいて、俺の肩におっぱいが触れた。

俺は思わずドキッとして、とも子さんの巨乳が俺の肩に今触れてる…。

とも子さん(以下とも子)『わたし12番!』

オレ『あっ、はい!』

とも子さんはさらにどんどん俺の肩におっぱいを押し当ててきた。

俺のチンコはどんどん大きくなっていくのがわかった。

とも子『◯◯くん一緒だね!がんばろ!』

オレ『ホントですね!』

とも子さんは俺の肩におっぱいが触れてるの気づいているのか?それとも俺をまさか誘ってる?俺は勃起したままの状態で開会式を行った。

とも子『女性の部で優勝したいな〜』

オレ『とも子さんならできますよ!』

とも子『いや〜わたし下手だからな〜』

オレ『大丈夫ですよ!』

とも子『がんばってみるね!』

オレ『はい』

開会式が終わり競技が始まった。

とも子『◯◯くん、さっき私のおっぱい当たっててどうだった?』

オレ『え?あっ、いや…それは…』

とも子『興奮した?』

オレ『はい…』

とも子『そっか〜じゃ頑張れるね!』

オレ『…笑』

そして、2回周り無事終わった。

オレ『とも子さん準優勝おめでとうございます』

とも子『悔しかったな〜あと1打か…』

オレ『来年ですね!』

とも子『頑張るか〜』

オレ『それでは年内最後のパークゴルフ大会を終わります』

大会が終わり俺は家に帰ろうとした。

とも子『◯◯くんちょっと』

オレ『なんですか?』

とも子『この後ひま?』

オレ『家帰るだけです』

とも子『今日から主人いないの…よかったら家来る?』

オレ『え?』

とも子『だって◯◯くん、わたしのおっぱい…』

オレ『とも子さん声大きいっす』

とも子『ほら、また少しづつ大きくなってるよ』

俺のチンコをとも子さんはズボンの上から触ってきた。

オレ『とも子さん…俺行きます』

とも子『おっけ!』

その後とも子さんの家に俺は向かった。

とも子『座って座って』

オレ『あったかいですね家の中やっぱ』

とも子『だね〜』

オレ『とも子さん…あの…さっきのあれはやっぱり…』

とも子『◯◯くん肩におっぱい当たってて嬉しかった?』

オレ『はい…とっても…』

とも子『じゃ見せてあげようか?』

オレ『見たいです…』

とも子『◯◯くんのおちんちんも見せてほしいな』

オレ『とも子さんから…見せてほしい』

とも子『しょうがないな…』

そう言いとも子さん俺の前で下着姿になってくれた。

オレ『とも子さんおっぱい大きくて形綺麗ですね』

とも子『Fカップかな、◯◯くんカチカチになってるんじゃないの?』

オレ『俺もう大きくなってます』

とも子『見せてごらん気持ちしてあげる』

オレ『はい…』

俺は勃起したチンコをとも子さんに見せつけた。

オレ『恥ずかしいですね…』

とも子『◯◯くんやっぱり若くて旦那よりいい』

オレ『そうですか…笑』

とも子『じゃ舐めてあげる』

とも子さんは咥えてくれた。

オレ『気持ちいいです…あっ…』

とも子『◯◯くんのおちんちんとってもいいわ…』

オレ『とも子さんおっぱいで…』

とも子『挟んであげる』

俺はパイズリをしてもらって、とも子さんに気持ちよくしてもらった。

オレ『とも子さん…俺出そう…』

とも子『このまま出して!』

オレ『あっ…出る…イクイク!』

とも子『出して〜あっ!』

俺はとも子さんのおっぱいに溜めてたザーメンをいっぱい出した。

とも子『すごいいっぱい出たね』

オレ『気持ちよかったです…』

とも子『◯◯くんお風呂行こっか』

オレ『はい…』

その後お風呂に入りとも子さんと洗いあったり俺はとも子さんのおっぱいを揉んだり乳首を舐めたりした。

お風呂を上がりベッドに行き、俺はとも子さんとまたいちゃいちゃを始めた。

とも子『◯◯くんもう私欲しいな』

オレ『でもさすがに…旦那さんに…』

とも子『いいの、最近レスなの…』

セックスレスらしく、とも子さんは1ヶ月はしていないみたい。

とも子『◯◯くんのおちんちん中に入ってくる…』

オレ『あっ…とも子さんのオマンコの中とっても気持ちいいです』

とも子『好きに動いていいよ』

オレ『あっ…気持ちいい』

とも子『◯◯くんのおちんちんとっても大きくて気持ちいい…あん…あっ…』

オレ『とも子さん騎乗位したい』

俺はとも子さんに跨ってもらい騎乗位をしてもらった。

とも子『イキたい時好きなところに出していいよ』

オレ『中でも?』

とも子『中?今日だけだよ』

オレ『とも子さんのオマンコに出して子どもできたらどうしよう』

とも子『今日安全日だから大丈夫だよ』

オレ『気持ちいい…』

とも子『わ、わたし、イク!イク!』

とも子さんは騎乗位でイッてしまった。

オレ『バックで入れてあげる』

とも子『◯◯くん気持ちいい…あん…あん…』

オレ『とも子さん俺もそろそろ出そう』

とも子『そのまま中にちょうだい』

オレ『出る…あっ…』

とも子『あん…あっ…すごい中でドクドクいってる…』

オレ『とっても気持ちよかったです』

とも子『◯◯くん…私も旦那のおちんちんより気持ちよくて嬉しかったよ』

その後俺はとも子さんの手料理を食べ、その日は泊まることにしてとも子さんとエッチを3回した。

その後パークゴルフ大会がある時とも子さんが参加した時でその日旦那さんがいない時はたまにエッチをしていた。

とも子さんは旦那さんと別居状態だったらしく数日後に離婚をしたらしい。

とも子さんと俺は一回り年が離れているが俺は気にしない。

とも子さんと結婚をすることに決め、今は同棲をして年内に結婚を予定している。

あの日の俺の初体験はとも子さんとのいい思い出になっている。