私は渚というものです。29歳で子供はいませんが3つ年上の夫がいます。通販雑誌のファッションモデルをしていたこともあるのですが、正直なところ自分に自信はありません。雑誌を見た方にはかわいいとか言われることもあるのですが、自分のどこがかわいいかがわからないのです。

そんな私が昨年の夏に体験した出来事です。ファッションモデルをしていた時には撮影でよくワンピースを着ることが多く、その日も花柄のワンピースを着てショッピングに出かけていました。この日は夫は北海道のほうへ出張だったので、ご飯の用意などをする必要がなくて自由な時間でした。好きなお店で雑貨や洋服をお買い物して、夕方になったので自宅へ帰りました。

最寄りのバス停で降りると自宅は歩いて5分もかからないところですので、歩いていると、後ろに気配を感じました。近所での変質者情報はなかったはずなのにと思いながらも気配を気にしつつ歩いていました。すぐに自宅につきホッとして買い物したものをしまってりしていると、インターホンが鳴りました。出てみると宅配便のようでしたので鍵を開けて対応しようとしました。しかし、これが宅配便ではなかったのです。

玄関のドアを開けると宅配便を持った男性がいました。全く疑うような感じではなかったので荷物を受け取ると急にその男性が体調不良を訴えてきました。突然だったので戸惑いながらも水がほしいということだったので持っていきました。外で対応するのも変だと思ったので玄関に入ってもらい座って休んでもらいました。少しずつ楽になっていたようで私は安心しました。

男性の様子が変わってきたのはこの時くらいからでした。急に立ち上がり、私に何かを飲ませようとしてきました。私は抵抗して何とか逃れましたが、男性はやめてくれません。だいたい180センチくらいの男性に対して、私は155センチ程度しかないので上から押さえつけられて最終的には飲まされてしまいました。今考えると強めの睡眠薬だったと思います。

それを飲まされた私は次第に意識が遠のいていってしまいました。

私が目が覚めた時は自宅ではなく記憶にない家にいました。窓からは外も見えるのですが、見たこともない景色でどこにいるのか全く分かりませんでした。ベットに寝かされていた私ですが隣の部屋からはにぎやかな声がします。どこかもわからない場所に連れてこられただけでも恐怖なのに何人もの男性の声が隣から聞こえてくるのは地獄のようでした。部屋には時計があり、20時過ぎくらいでした。

突然部屋のドアが開き10人くらいの男性たちがぞろぞろと入ってきました。見る限りおじさんばかりでした。最初に来た男性は20代半ばくらいの今どきのって感じでしたがその男性はいませんでした。

おじさんたちは私に卑猥な言葉をかけてきました。その中にはかわいいというのもありましたが、その言葉すら私の心を傷つけていきました。大体の予想は私の中でありましたが、それを信じたくないという気持ちでいっぱいでした。しかし、現実は予想通りでした。

ベットに上がってきたおじさんたちに私は何をするんですかと不安げに聞くとおじさんたちは、あなたを落札したと答えました。意味が分からなくてその意味を聞くと一人10万円ずつだしてあなたを100万円で買ったと答えました。つまり、若い男が私を拉致しておじさんたちに100万円で売ったということのようです。もちろん私には1銭もはいりません。

おじさんたちは10万円の元を取ろうといきり立っていました。間髪入れずにエッチが始まっていきました。おそらくこのように被害にあっている女性がたくさんいるのだと思いました。なぜならおじさんたちはとても慣れているように感じたからです。役割的なものも決まっているようで、私の足を大きく開かせる役や持ち上げる役などでした。

ワンピースを捲し上げられパンツの上からクリをつままれたり、ワンピースとブラの肩ひもを外されおっぱいを揉まれたり乳首を吸われたりされました。絶対に嫌だとすごく思っていたはずなのに、次第に気持ちよくなっていく私に気づきました。ただ、それを認めたくない気持ちもありました。

そんな気持ちは一気に吹き飛ばされました。おじさんの一人が私のあそこに指を1本2本3本と次々と入れてしまい、3本入ったところから思いっきり動かしてきました。あそこの上の部分に指が当たるたびにビクッ・ビクッと反応してしまい弱点がばれてしまいました。するとその弱点を集中的に責められてしまい、ダラダラとあそこから液体が流れ出てしまいました。しかし、そのおじさんは全くやめてくれる様子はありませんでした。なので、私は何度もイキしまいには吹き上げるように液体を出すようになってしまいました。

吹き上げた液体をおじさんたちは浴びるように顔を近づけていました。ワンピースはその液体のせいでびしょびしょになってしまいました。来ていたワンピースはウエストのところに取り外せるベルトがあるのですが、それにおじさんが気づき、ベルトを取り、私の手首をそのベルトで縛り上からつるされるようにされました。足は地面についているので身体は浮いていないのですが身動きは取れなくなってしまいました。ファッションのためにつけていたベルトをそんな使い方をされてショックのはずなのに私の躰はそれを受け入れていました。

これもおじさんたちの作戦なのかとも思いました。もしそうなら、私はその作戦に簡単に引っかかったことになります。

手を縛られた状態でさらおじさんたちの攻めは続きキスをしてくる人や耳や脇などをなめてくる人もいたりで1度にいくつもの場所を同時に触られる感覚というのは初めてでした。

私はそんなおじさんたちを受け入れていることに気づきました。更にはアイマスクをされて、電マやバイブを当てられまたもやイッてしまいました。途中足が攣りそうになるハプニングもありましたが、おじさんたちは気づくことはありませんでした。

おじさんたちはなかなか私の服を脱がそうとしませんでした。そこには理由があったのです。フェチというもので服を着させたままであったり下着をつけたままでのエッチが好きなおじさんたちなのでした。

ワンピースはもとに戻されて一見は普通に見えるのですが、パンツの中でローターが暴れています。そのままお風呂に行くといわれ始めてここが温泉旅館だと気づきました。

貸し切りのようで他のお客さんはいませんでした。逆に何でもし放題ということなのです。

おじさんたちの体を私の躰で洗い私の躰はおじさんたちに責められるような感じでした。痛いことや苦しいことはされませんでした。

部屋に戻ってからの出来事は近日中に投稿します。