オーストラリアの東海岸にある旅行会社に勤めた時、可愛い日本人にいっぱい店に来ていた。

単身赴任の私が接客している間、この女性とデートをすればいいなと思っても、奥さんの為に我慢していた。

しかし、ある日にとっても綺麗な北海道出身な子が店に来た。

肌は自然に茶色だった。

目も色っぽいし、髪も長かった。。。

つまり、私のタイプだった。

”彼氏はいるでしょう?羨ましい”

って言った

”いや、居ないよ”

彼女が返事した

”そうなんですか?じゃ〜昼ごはんでもいいですか?”

と招待した。

彼女は暇いっぱいみたいだから

”いいよ”

って決まった。

昼ごはんで自宅の電話番号を彼女(恵子)に教えて、次の土曜日にデートしに行った。

キスくらいは許せる事じゃないと思ったけど、真剣に何も期待していなかった。

でも、恵子が待ち合わせ場に来た時に、ビックリした。

化粧をちゃんと付けてくれて、物凄く綺麗だった。

まあ〜後悔するなら、しない事よりする事の方がいいという哲学を思い出した。

レストランへ行って、ラムを食べて、話が順調に流れていた。

共通話題がたくさんあって、視線を合わせて、話が段段”この後、どこへ行く”って感じになった。

”私のアパートへ行こうか?”

って聞いた。

”近いならいいよ”

恵子の積極的な答えでレストランを出て、家までタクシーで行った。

アパートに入ったら、赤ワインを飲んでいる間に恵子が大胆に近寄って私に乗って足を広げて、オッパイを私の顔に軽く押してきた。

当然私は彼女を抱いて、胸にキスをした。服まま体をお互いにゆっくり擦り始めた。

そして、私が立って恵子をベッドまで運んで行った。

下着まで脱いで、恵子はヒョウの毛皮のような下着を着ていた。

私が

”準備してくれたね。感動している”

恵子も

”ケン君もでしょう”

実は私は絹のボクサーパンツを穿いていた。

恵子は私のパンツを脱がしてくれて、フェラしてくれた。

そして自分の下着を脱いで、私に乗ってチンポに座り込んだ。

チンポが入ったら腰を張っていた。

確かに、Hに堪能である。

私も腰を張って、リズムがドンドン合って激しくなってきた。

私の指が恵子の肛門に軽く焦らしても、

”そういう許可を与えてないでしょう”

っと笑い叱られた。

Dキスしながら、私は恵子のオッパイを揉んでいて、

”自分でやってみ”

って提案して、それから恵子は自分の胸を揉み始めた。

私が少し座って恵子を抱いて、彼女の綺麗な長い髪を撫でていた。

頂上に近づいていた。

チンポを精一杯激しく突っ込んだ。

奥まで奥まで。

恵子も反応してきて、胸を固く揉んでいて自分をチンポに突き刺してみていたようだ。

私の指が彼女の髪にもつれて、Dキスしながら、一緒にいってしまった。

久しぶりのセックスで結構疲れたのに、そんな綺麗な女を朝まで抱いていた。

彼女が翌日西海岸へ旅行しに行ったが、一ヶ月後私の店に戻った。

また一晩中の抱き合いした。

今家族と一緒に東京に住んでいるけど、恵子を忘れたことない。