僕は高1です。

高校では将棋部に入っています。

部内リーグ戦のノルマを終了した後、3年の美由紀先輩から

「1局指さない?」

と誘われ、暇だったので指すことにしました。

他の部員はノルマを終えた順に帰っていきました。

美由紀先輩は僕より年上でしたが、童顔で、背が低く、可愛らしい感じで、他の男子部員からも人気がありました。

先輩と2局指し終えると、昼の12時になっていてました。

先輩が

「お腹すいちゃったね〜。一緒に帰ろ!」

と言ったので、僕は憧れの先輩と帰れるなんてラッキーだと思いました。

帰る途中、先輩といろいろな話をしているうちに、恋愛の話になり、先輩がちょっと恥ずかしそうに

「ひろ君エッチしたことある?」

と聞いてきました。

僕が

「いえ、まだです。先輩はしたことありますか?」

と聞くと、先輩は

「私もまだなんだー。うちの部の和美とけん君はエッチしたらしいよー」

と言いました。

そうこうするうちに、先輩の前まで来ました。

すると先輩がちょっと照れながら

「うち、昼間はだれも居ないし、ご飯食べてかない?」

と言ってきました。

僕はドキドキしながら先輩の部屋に上がりました。

先輩が作ってくれた手料理がたべれて超ラッキーでした。

食べた後、紅茶を飲みながら話をしていましたが、だんだんエッチな空気になってきて、先輩が

「私、ひろ君にならバージンあげてもいいな」

と言って、キスしてきました。

僕にとってのファーストキス。

もう我慢できなくなって、キスしながら制服の上からオッパイをもみました。

制服のボタンを外し、ブラを上に引き上げると、ふっくら形のいいオッパイが出てきました。

もみながら乳首をしごいたり、舌で転がしたりすると、乳首が立ってきました。

先輩は

「はぁ・・・・ん・・・はぁ・・・」

と色っぽい吐息を漏らしています。

僕は、オッパイをしゃぶりながらスカートをまくり上げ、パンティの中に手を入れました。

先輩のオマンコはヌルヌルしていました。

指でオマンコの周りをさすったり、割れ目をなぞったりすると、先輩は

「はぁ・・・んはぁ・・・」

とものすごく色っぽい表情であえいでいます。

先輩はあえぎながら、僕のズボンのファスナーを下ろし、かちんこちんに勃起したちんぽをしごいてきました。

もうそれだけで出そうでした。

僕は先輩のオマンコをなめました。

先輩のオマンコは綺麗なピンクで、もうぐしょぐしょにぬれています。

僕がオマンコに舌を入れるたび、

「はぁ・・ん」

と吐息が漏れます。

先輩が

「ひろ君、入れて」

といってきました。

僕は

「でも、コンドーム持ってない」

と言うと、先輩は机の引出しからコンドームを出して、僕の勃起したちんぽにつけてくれました。

先輩も処女だし、僕も初めてだったので、なかなか入りませんでしたが、二人で悪戦苦闘して、やっと正常位でチンポが先輩のオマンコに入りました。

今まで感じたことの無い快感でした。

先輩が

「はぁ・・・いた・・・」

といったので、

「大丈夫?」

と聞くと、

「う。。。ん、動いていいよ」

といってきたので、ピストン運動しました。

先輩はまだ痛そうでした。

先輩のオマンコがちんぽを締め付けて、ものすごい快感が走り、あっという間に射精してしまいました。

先輩は

「はぁ・・はぁ」

とあえいでいましたが、しばらくして

「ひろくん、ちょっと早くない?ふふふ」

とわらわれてしまいました。

くやしいので、

「先輩こそ初めてのくせに、こんなにびしょびしょにして、エッチじゃないですか」

と言ったら、

「やー、言わないで」

と言いました。

それから先輩と付き合うようになり、お互いエッチも上達してきて、幸せな高校生活を送っています。