もう17年前のことになりますが初夏になると必ず思い出してしまう出来事があります。

今でも目を閉じると恥ずかしくも官能的な体験が色鮮やかに蘇る感覚があるのです。

そして不覚にも当然、私は勃起してしまうのです。

当時、私は地方の公立進学校に通う普通の高3でした。

有名大学受験のため高3進級と同時にバレーボール部を引退し朝から夜まで自習に授業に予備校にと勉強に勤しんでいる時期でした。

一方で性欲に関しては17歳、18歳男子と言えばサルのようなもの。

例外なく私も毎晩のように、気になる同級生の女子の裸を想像したり、部室にあった共用のエロ雑誌で想像したり、自分でしごいては青い性を吐き出していました。

当然同級生の女子に興味がないわけではありませんでしたが、 それよりも俄然興味がある人がいました。

その人は、英語の桂子先生でした。

先生は私の高1と高3の時の担任でもあり、当時30代後半だったと思います。

旦那さんも他校で教師をしており10歳になる息子さんが一人いる先生でした。

後に気付いたのですが、AV女優の筒美かえでを少し崩してさらに生活感を加えるとそっくりな先生でした。

彼女の作品を見るとどうしても先生を思い出してしまいます。

桂子先生は低いトーンでしゃべる穏やかで優しい先生でした。

授業も上手で皆から人気も高かったのを覚えています。

私はそのような桂子先生の人柄も好きでしたが、特に 大きく柔らかそうな胸に大人の女性を感じていました。

今思うとFカップは優にあったと思います。他の男子も同様の思いを抱いていたに違いありません。

教壇を行き来する度に上下左右にユサユサと弾む胸、横からのアングルで大きく突き出た胸、もちろん授業には集中しようしているのですが、当時の男子達にとって十分すぎるほど刺激的な時間でした。

毎晩のおかずにする男子が多くいたのは言うまでもありません。

私は桂子先生が高1の時も担任であったこともあり、他の誰よりも親しいと個人的に一種の優越感を感じていました。

私が

「先生おっぱいでかっ!触らしてよ~」

と言うと、桂子先生は

「もぉ、何言ってるの!ダメに決まってるでしょ。」

とむっとした中にも親しみのある表情で私に言います。

「ケチだなぁ」

こんな冗談交じりの他愛も無い話も日常茶飯事でした。

高3の6月には、毎年恒例のクラス対抗球技大会が行われました。

私は当然バレーボールの主将としてクラスのチームをまとめていました。

高1では先輩方に惨敗、高2で3位とういう好成績で、今年こそは優勝して高校最後の思い出を作ろうと皆で練習に励んでいました。

そして大会まで残り一週間弱となった日曜日、最後の全体練習として体育館で練習をしていました。

この日は珍しく桂子先生も差し入れを持って練習に参加してくれました。

いつもは白のブラウスに紺や黒のパンツスーツが定番でしたが、その日はクリーム色のVネックTシャツに上下の黒ジャージ姿であったため、桂子先生はどこか新鮮に感じました。

当然皆気合が入り、私の指示に従い練習は進んでいたのですが、私がスパイク練習のブロックに飛んだ着地の際、隣の友人の足を踏み右足を捻ってそのまま倒れこんでしまいました。

「いてて、やっちまった、ごめん」

自分の不注意とやるせなさに皆の顔を見ることができませんでした。

「大丈夫か?」

クラスメイト達は皆心配してくれました。

「治療が必要だから」

桂子先生はすぐに僕の右腕を肩にかけ立ち上がるのを助けてくれました。

「みんな練習しててくれ、ごめん、申し訳ない」

「保健室行きましょ、このぐらいなら大丈夫、テーピングなら任して」

桂子先生は終始明るい表情で私に言葉をかけてくれました。

「ありがとうございます。さすが新体操顧問ですね」

私は桂子先生の肩に預けながら、ゆっくり一歩一歩前進していきました。

すると何かひんやりと柔らかいものが右脇腹に触れる感触がありました。

ふと見ると桂子先生の胸が当たっており、しかもよれた胸元から谷間がチラチラ見え隠れしていたのです。

私は一瞬にして鼓動が早くなるのを感じ、焦りから目を逸らしてしまいました。

見てはいけないものを見てしまったような罪悪感と好奇心、今まで想像でしかなかった桂子先生の胸が自分の腹に触れている、そう考えるだけで鼓動が早くなるのを感じました。

意識はすでに右脇腹にしかありませんでした。私はゆっくり前進しながら、何度も何度も視線を胸元に向けてしまいました。

桂子先生は私を一生懸命支えていたので、私の視線には全く気づいていなかったと思います。

保健室に到着しベッドに腰掛けました。少し落ち着きを取り戻した私は、ジャージのズボンに何となく違和感を感じ、ふと見ると、自分のペニスがズボンを押し上げてテントを張るように膨らんでいたのです。

その次の瞬間、包帯などの準備を終えて戻って来た桂子先生のその表情が一転しました。

桂子先生の視線をたどると、そこは私のテントを張ったジャージでした。

それから数秒間の沈黙がありました。

「な、何、それ?どうしちゃったの?」

と心配そうな顔で尋ねてきました。

私はどうして良いかわからなくなり、

「いや、その、先生の胸が当たっててさ、ははは・・・」

すると、桂子先生は目を丸くして、

「えっ!?」

さらに沈黙がその場を襲いました。

しばらくすると、多少なりとも状況を飲み込めたのか、桂子先生は言いました。

「 私の胸が当たってこうなっちゃったの?」

私は目を合わせて頷きました。

すると、

「先生の胸なんかでそんなんなっちゃうの?若いのね」

と、先生は笑みを含んだ大人の余裕を感じる表情で言いました。

「先生、お願い、これ何とかして」

私は焦りからか思い切って言ってしまいました。

そして反射のように先生の手を取りとっさに自分の股間にあてがいました。

「ちょっ、何してるの」

先生は驚き、手を引こうとしました。

私はもう後には引けず、片方の手でズボンを一気に下げてしまいました。

そして痛いくらいにいきり立った陰茎が反動で下っ腹にパチンとあたりました。

「先生、お願い、何とかして」

私は心臓が飛び出そうなくらいドキドキしていました。

桂子先生の手をギュッと握ったまま、私はこの数秒の沈黙が永遠のように長く感じました。

もう怒られる、それだけだ、人生破滅、もう終わり、そう思っていました。

「今回だけだよ・・・」

一瞬耳を疑いました。 まさか桂子先生がこの私のお願いを受け入れてくれるなんて。

呆然としている私をよそ目に桂子先生はゆっくりと保健室の戸を閉めに行き、ベッドのカーテンを閉めました。

ティッシュの箱を持ってくると、ベッドの上に置き、ベッドにそっと腰掛けました。

私が自分のいきり立った部分を隠していると、

「貸して」

桂子先生はそう言うと、右手で優しく握りました。

邪魔なぐらい大きくなってしまった私のペニスは少しひんやりとした柔らかい感触に包まれました。

「出そうになったら、このティッシュ使ってね。」

すると桂子先生の手が上下に動き始めました。

既に先端から透明の液がこぼれそうになっており、恥かしい匂いが漂っていました。

シコシコと素早く動く桂子先生の手淫に性欲は爆発寸前で、すぐにでも気を失いそうなほどでした。

「自分でこうしたりするんでしょ?若いし・・・」

桂子先生は独り言のようにつぶやいていましたが、僕にはあまり聞こえていませんでした。

私は桂子先生の胸を凝視していました。次の瞬間、ほぼ無意識に右手で先生の胸を掴んでいました。

桂子先生は一瞬驚き、私の手を払いのけようとしましたが、私の目を見て

「エッチ。」

と妖艶な笑みを含みそう言って視線を下に向け、さらに膨らむ私のペニスを見逃しませんでした。

私は遠慮なく目の前の豊満な胸を撫でるように揉み始めました。

服の上からでも、その大きさと柔らかさははっきりとわかりました。

鼻血が吹き出るほど興奮し、皆の憧れている桂子先生の体に、しかも念願の胸に、自分が触れられたことに喜びや達成感、優越感を感じました。

そして欲望は大きくなり、私は揉んでいるその大きな胸を、今度は生で触りたくなってしまいました。

「先生良いでしょ・・・」

先生は無言でした。

Tシャツを少しずつたくし上げ、胸の頂を捲くる時にはポロンっと音が出たかのように、ベージュのブラに包まれた豊満な乳房がこぼれました。

桂子先生は全く拒みませんでした。

私はブラの上から指先でこねるように揉みました。

Tシャツが1枚ないだけでこんなにも感触が柔らかく、桂子先生の温もりを感じられるのかと感動しました。

そして流れるようにブラジャーの中へ指を滑らせ、コリコリとした突起物を人差し指の腹で転がしました。

「んっ・・・」少し上半身がびくっとなり、桂子先生は小さな声を漏らしました。

しかし桂子先生の右手は上下に激しく動き続けていました。

今思うと私の愛撫は少し乱暴でしたが、桂子先生の表情は恥じらいを超えた大人の余裕のようなものでした。

桂子先生の生乳は、まるでマシュマロの様でした。

本当に夢中でした。桂子先生に、

「もっとやさしく」

と言われても、既に止めることはできませんでした。

私は興奮の絶頂で、本能のままに行動していました。最終的には片方ずつ、ブラカップを内折りにしながら両方のおっぱいを剥き出しにしてしまいました。

大きい茶褐色の乳輪につんっと硬く立った大きめな乳首が目の前に現れました。

今まで想像でしかなかった桂子先生の大きいおっぱいがここにある。

そう思うだけで私は気の遠くなるような、、、理性を失いました。

「先生我慢できない!」

私は咄嗟に先生を抱き寄せ、両手で大きな胸を握る様に揉みしだきながら乳首に吸い付きました。

「ああっ・・・ダメっんっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、・・・」

桂子先生は必死に声を殺し、若干の抵抗を見せましたが私の稚拙な舌の動きを受容しました。

相手がいないオナニーとは全く別の性感でした。

私はすぐに絶頂に達する感覚を得ました。

そして次の瞬間、真っ白な精を天井へ向けて大量に、発射してしまいました。

桂子先生の背中や自分の腹、顔にまでかかってしまいました。

頭の中は真っ白でした。それから数十秒はドキドキが止まらずにいました。桂子先生も息が上がっており、かなり興奮していた様子でした。

「たっくさん出たわね、、、おっぱい、好きなんだ」

桂子先生はにやっと笑いました。

私は桂子先生の背中などに飛び散った精液をティッシュで拭きながら、

「ありがとう、先生。俺、先生のおっぱい、ずっとこうしたかった」

と告白してしまいました。

そして今度は、桂子先生が萎えかかった私のペニスを手に取り丁寧に拭いてくれました。

ところが恥ずかしい事に、拭かれていることが刺激となり、再び勃起してしまったのです。

ペニスが徐々に膨らみ、起き上がるまでの一部始終を見た桂子先生は、

「すごい、若いってすごい」

と笑いながら言い、ポンッと硬くなったペニスを指先で軽く弾きました。

そんな桂子先生を尻目に、再び奮い立った体は燃え上がり、堪らなくって桂子先生を抱き寄せ反転し、そのままベッドの上に押し倒してしまいました。

「先生、ごめん!!!もう一回!」

私は大きな声を上げると、 先生のおっぱいにむしゃぶりつきました。

「ちょっ、○○君、、、」

チュルチュル、、チュパッ、チュパッチュルチュル、、、

私は無我夢中で桂子先生の巨乳を揉みしだき、指先や舌で乳首を弄りました。

「ああっ・・・んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、・・・」

桂子先生から黄色い声が漏れ始めていました。

大きくて柔らかくて良い匂いがして、桂子先生のコリコリとした乳首を吸うだけで自分のペニスはさらにギンギンになる感覚でした。

そして桂子先生のジャージとパンティを一気に下ろし、両膝を左右に広げました。

すかさず両膝を閉じようと抵抗する桂子先生ですが、私は力ずくで押さえ込みました。

そこにはパックリと割れた桂子先生のマンコがはっきりと見えました。黒ずんだ大陰唇、真ん中にぽつんと赤く光るグミのようなものがクリトリス、そのすぐ下の小陰唇の内からキラッと光る粘っこい愛液がひたたっていました。

私はそのシロップに漬け込まれたようなグミを指先でこね、その度に桂子先生のマンコはヒクヒクと敏感に震えました。

「あっ、あっ、あんっ・・・」

あまりにも艶っぽくて、私が知っている桂子先生だとは思えませんでした。

そして私は一層大きく、硬くギンギンになったペニスを、桂子先生のマンコにあてがい、一気に挿入しました。

ズブブブブっ

「あっ、もう、だっ、ダメだったら~・はあぁ、あっ・・・」

桂子先生は自分の口に手を当てて塞ぎ、私は桂子先生の大きな胸の頂にある硬く立った乳首を口に含み互いに声を殺しました。

溢れ出す桂子先生のシロップはより粘度を増し、擦れる度に快感が伝わってきました。

桂子先生は、

「ぁあっ・・・も、もう、外に出すのよ・・・」

と、私のこの、理性の無い行為を受け入れてくれたのだと理解しました。

そして桂子先生私の肩へ腕をまわし、体を抱き寄せました。

パンッ、パンッ、パンッ、パンッ、パンッ、パンッ・・・

ベッドの軋む音、下半身がぶつかり合う卑猥な音が保健室に響きました。

私が突き上げるたびに桂子先生のおっきな乳房は大きく円を描くように揺れました。

私はそれを眺めているだけでも、絶頂に達しそうでした。

時間にしてほんの数分でした、再び最後まで上り詰める感覚を得ました。

「先生!・・・出ちゃう、・・うあっ・・・」

私は桂子先生の腕を交差して両手で握り、腰のストロークを早めました。

パンッパンッパンッパンッパンッパンッ・・・

眼下では桂子先生の巨乳が上下にゆらゆらと波を打っていました。

パンッパンッパンッパンッパンッパンッ・・・

「あっ!!!」

絶頂に達し咄嗟に桂子先生のマンコからペニスを抜きとりました。

ドピュッ、ドピュッ、ドピュピュピュピュッ

桂子先生のお腹から胸、首筋にかけて大量の精液を放出してしまいました。

ドクッドクドク

留まるところを知らず、こんなに射精したのは初めてだったしこれが最後でした。

「はぁ~、はぁ~、はぁ~。。。」

お互いの息は上がり、しばらく2人重なっていました。

しばらくして落ち着き、桂子先生の顔を見ると先生は顔を赤らめていました。

私は立ち上がり、黙ってティッシュの箱を桂子先生に渡しました。

桂子先生も立ち上がり、恥ずかしそうに自分の腹や陰部を掃除していました。

私はなぜか、清清しいすっきりとした感覚を得ていました。

誰かに見られてしまうとかいけないことをしているといった緊張感はほとんど消失していました。

激しくし過ぎたせいか、ペニスの先端は赤くなっており、桂子先生の愛液で陰毛までびしょ濡れでしたが、拭かないでそのまま下着とズボンを履きました。

桂子先生は、

「あっ、足首の処置しちゃわないと」

と言いました。

「絶対に内緒なんだからね。。。わかったわね」

私は先生の目を見て頷きました。

処置を終え、先生と一緒に体育館へ戻りました。

その後、卒業するまで、そして卒業してからも何もありませんでした。

私が在学中に迫ることもありましたが、結局受け入れられず仕舞いでした。

ちなみに最後の球技大会は案の定優勝を逃しました。

でも一生忘れられない思い出ができてしまいました。

夏が近づくといつも、この日のことを思い出します。

桂子先生は現在50代だと思います。

どこかで元気にされているのでしょうか。

とても懐かしい思い出です。

それからと言うもの、熟女好きになってしまい、現在は10歳年上の姉さん女房と幸せに暮らしています。

–END–

『takeshi(年齢34歳・♂)』さんからの投稿です。

ありがとうございます。