私は最低の人間かもしれません、お金の力を使って、若い男を性欲処理の道具にしています。

私(43歳)は8年前から小さなクラブを経営しています。

今まで必死に頑張ってきましたが、3年前位から経営も軌道に乗り始めています。

若い頃からクラブで働き、35歳で独立。

店の経営一筋でここまでやってきましたが、恋愛もできず、婚期も逃し、深夜、熟れた身体を一人淋しく慰める日が続きました。

私は淋しさからとんでもない行動に走ってしまったのです。

去年の暮れ、私の店に勤め始めた、マネージャーの優一(28歳)に身の回りの世話を全てする様に命じました。

給金とは別に月50万の契約で。

私のマンションへの送迎、食事の用意、部屋の掃除、洗濯、そして私とのセックス。

優一は機用に何でもこなし、また、学生時代、野球で鍛えた身体は逞しく、何度でも私の要求に応じ、絶対服従です。

店は19時から。

優一は17時半に私を迎えに来ます。

段取りがあるので18時に入店。

店が終わるのが深夜0時、帰宅すると1時。

優一はそれから夜食の準備、私は着物を脱ぎシャワーへ。

私はベビードール着てワインを飲みながら居間で寛ぐ。

優一の食事が並べられ、優一も隣に座り、一緒に食事を取る。

食事が終ると後片付けは、私がしてあげ、優一にシャワーを浴びる様に命じる。

後片付けが終ると私はベットルームに行き、優一を待つ。

優一はバスローブを脱ぎ、私の隣に横になる。

私のベビードールを優しく脱がし、30分以上も唇と舌と指で体中を愛撫し何度も私を絶頂に導く。

年上の女性をかなり相手にしてきたらしく、女性の感じる壺を心得ているし、焦らしかたも上手い。

何時も愛撫だけで、シーツをやらしく濡らしてしまう。

おちんちんはとにかく固く、腰使いは時には優しく、時には激しく、15分以上持続し攻め立てられる。

私は数十回もアクメを迎え、激しく乱れてしまいます。

射精しても萎える事を知らず、また、激しく攻め立てられます。

彼とのセックスは仕事以上に疲れ、そのまま乱れた姿で優一に抱きしめられたまま、眠りにつきます。

3時か3時半頃だと思います。

優一は7時に起床し朝食の用意し、出来上がると私を起こしに来ますが、全裸で眠っている私に興奮し、セックスする事も度々あります。

食事、掃除、洗濯を終え、優一は9時頃、自分のマンションに帰っていきます。

私はその後、昼間で一眠り、昼食は自分で食べ、午後から買い物、店への準備をします。

これが私の一日です。

優一には私が求める時には必ず応じるよう命じてありますが、それ以外は誰とセックスしようが問いません。

それに日曜日は優一を休ませています。